日本画で味わう恐怖3冊

背中をひんやりとしたものが流れていく。首筋に汗がふつふつと湧いて出てくる。綺麗で美しい女の顔に亀裂が走り、次の瞬間、鬼が姿を現す。じっとりとした日本の気候に愛され、現代までさびることなく、語り継がれている幽霊。そしてこれら3冊に共通して出てくるのは、女。白い肌、切れ長の目、長く永い黒髪、それは妖しくも美しい。日本画で描かれた美しいものが持つ情念、哀れ。我々日本人だけが捉えることのできる恐怖を味わう3冊。(とけし)

Honya Club ロゴマーク

掲載している書籍の画像をクリックすると、本の卸会社「日本出版販売株式会社」の運営するインターネット書店「Honya Club」でお求めいただけます。ご注文いただいた書籍は、青山ブックセンター本店、六本木店の店頭にて、 お支払い・お受け取りを行うこともできます。ぜひご利用ください。

*購入いただけない書籍も一部ございます。また、購入される際にはお手数をおかけしますが会員登録が必要となります。