講座申込方法

講座は終了いたしました。

概要

日程
2017年10月15日 (日)
料金
1,000円(税込)
当日ご精算
定員
50名
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~20時
土・日・祝休み
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2017年10月15日 (日)

仕事を学ぶ

【地産地食の学校_07】 SCHOOL OF BREAD 「地元のパンをつくる」

【イベント内容】

2016年に農業の会社として設立された株式会社フードハブ・プロジェクト(所在地:徳島県神山町、代表:林隆宏)は、2017年10月14日・15日に東京・表参道の国連大学前で開かれる青山パン祭りへの「かまパン&ストア」の出店に合わせて「地産地食の学校 第7回 地元のパンをつくる」を青山ブックセンター本店で開催します。

「地産地食の学校」は、徳島県神山町の農業を次の世代につなぐフードハブ・プロジェクトが農業や食にまつわるつくり手を「案内人」として招き、学びを深める大人の食育学校です。

今回は2017年3月に徳島県神山町に開店した「かまパン&ストア」のベーカリー商品全般の開発に携わり、現在、神奈川県小田原市栢山で「パン屋 塩見」をオープン予定のパン職人 塩見聡史さん(左)と、東京から徳島県神山町に家族で移住し「かまパン&ストア」でパンの製造責任者を務める笹川大輔(右)を案内人に招きます。二人は、「かまパン&ストア」の開店に向けて、「神山」にとっての「地元のパン」とは何かを試行錯誤、切磋琢磨しながらとても短期間で開発してきました。

【地元の食パン 超やわソフト】

その中で、香川のうどん粉と北海道の小麦粉をブレンドし、湯種製法と自家培養発酵種を使った「地元の食パン」を開発。「ちょっとすっぱいけど、クセになる」と親しまれています。また、神山のおじいちゃん、おばあちゃんの要望に答え「柔らかすぎて飲める食パン」を開発コンセプトに牛乳を100%使用した「超やわソフト」を開発。「高いけど、うまい。」と好評を得ています。

【在来小麦の活】

更には、その土地に受け継がれてきた在来の小麦を復活させ、その小麦を20%使用したカミヤマ・カンパーニュや米粉を使ったバゲットなど、地元に根ざした様々なパンを開発し続けています。

開店から約半年たった今、97歳のおばあちゃんから1歳の子供までが日常的に彼らのパンに親しんでいます。そこで「地元のパンをつくる」ことをテーマに、彼らと「かまパン&ストア」の常連のリビングワールドの西村佳哲さんと、フードハブ・プロジェクト支配人の真鍋太一が聞き役となり話を進めます。

「売れるパン」や「自分がつくりたいパン」ではなく、「地元のパン」ってなんだ?と思われる方と、案内人・聞き手が共に話し合いながら学ぶ機会をつくります。

 

案内人:

塩見聡史(「パン屋 塩見」オーナーパン職人・元ルヴァン製造責任者)

笹川大輔(「かまパン&ストア」パン製造責任者・元ブールブールブランジェリー製造責任者)

聞き手:西村佳哲(リビングワールド)真鍋太一(㈱フードハブ・プロジェクト支配人)

 

【概要】

・2017年10月15日(日)17時~19時

・場 所 青山ブックセンター本店 小教室

・日時 2017年10月15日(日)17:00~19:00

・参加費 1,000円(当日お支払い・税込|神山の在来小麦を使ったカミヤマカンパーニュの試食付き!)

・定員 50名

※学校は、申し込みが必要です。詳細は、下記をご確認ください。

【お申込みはこちらから】

 

 

【案内人プロフィール】

 

塩見聡史/「パン屋 塩見」パン職人・元ルヴァン製造責任者、沖縄「宗像堂」、東京富ヶ谷のルヴァンで勤務後、独立準備期間中にフードハブ・プロジェクトへ参加。かまパンのメニュー開発を担当。神山在来の小麦を使った “カミヤマ・カンパーニュ”などを開発。魚と川が好きで、どこへ行っても水面が気になってしまう。特に好きな魚はウナギ

笹川大輔/「かまパン&ストア」パン製造責任者・元ブールブールブランジェリー製造責任者。東京都出身。2017年2月 妻子と神山に移住。18歳から東京のパン屋で修行し独立を考えてる時期にフードハブ・プロジェクトのことを知り参加を決意。食生活とトレーニング、休養が生活の基本だと考える。

 

【お申込みはこちらから】

 

 

【地産地食の学校】

神山の農業を次の世代につなぐ会社 Food Hub Projectが農業や食にまつわる、つくり手を不定期でお招きし、彼らが学びの「案内人」となる大人の食育学校です。

ゲストが教えるのではなく、つくり手としての現在の景色をみなさんと共有し、参加者も自らの専門性を携えながらお互いの見識を広げる。みんなで学び合う場にすることで、地産地食を様々な地域で、一緒に推し進めていけたらと考えています。