講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2016年12月10日 (土)
時間
16:30~19:45+サイン会
開場 16:00 
料金
2,700円(税込) 
定員
110名様 
会場
本店 大教室  

料金に懇親会費、書籍代は含まれておりません。
途中、何度か休憩を挟みます。
会終了後、出演者を囲んでの懇親会を開催いたします(22:15頃終了予定)。
本会の講演と討議は配信、実況可能です。記録動画を後日、AI美芸研webサイトにて公開予定です。

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~20時
土・日・祝休み
営業時間短縮中
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2016年12月10日 (土)

芸術を学ぶ

人工知能美学芸術研究会@青山ブックセンター

第4回AI美芸研
石黒浩、布施英利、中ザワヒデキ
「アンドロイド芸術解剖学」

ai-main1

 

このたび、青山ブックセンターは美術家の中ザワヒデキさんが発足した「人工知能美学芸術研究会(以下、AI美芸研)」との共催で、第4回 AI美芸研を開催いたします。

人間が人工知能を使って造る芸術のことではない。
人工知能が自ら行う美学と芸術のことである。
―中略―

われわれは、将来の人工知能が自ら行う可能性のある美学と芸術に正面から向き合うことを宣する
(人工知能美学芸術宣言 中ザワヒデキ起草 より抜粋)

2016年5月1日、美術家の中ザワさんを代表としたAI美芸研が発足、
「人工知能美学芸術宣言」を発表しました。

本宣言のもと、AI美芸研は、人工知能を通じて、美学/芸術を正面から検証するべく、これまでにさまざまなゲストを向かえ研究会を開催してきました。

第4回目となる今回は、ゲストにロボット工学者でアンドロイド研究者の石黒浩さん、そして批評家で解剖学者の布施英利さんをお迎えして「アンドロイド」を「解剖」することで、「人工知能」と「美学/芸術」について考えます。出演者のみなさまの立場から、アンドロイド、芸術、人間の形態と知能などについてご講演いただくとともに(講演内容に関しては、以下をご参照ください)、会の最後には、出演者全員と会場のみなさんとの全体討論の時間を設けます。また、会終了後には、青山ブックセンター近くの飲食店で、出演者陣を囲んでの懇親会も開催予定ですので、あわせてお楽しみください。

 

ai-main2

各出演者の講演内容

・中ザワさん挨拶+ミニ講演「ミケランジェロ、ロダン、人工知能」
・石黒浩さん講演「ロボットと芸術」
・布施英利さん講演「アンドロイドはウンチをするか?」

最後に出演者全員でのディスカッションを行います。
会場からの意見や質問など大歓迎です。

*講演内容全文はAI美芸研公式webページにてお読みいただけます。ぜひ、ご覧ください。



中ザワヒデキさんからのメッセージ

「囲碁は芸術だ」と語っていた世界トップ棋士がついにAIに敗退したとの報に触発され、専門外ながら標記の研究会を立ち上げてから半年以上が経ちました。前3回の研究会は神田神保町の美学校で開催しましたが、今回はかつて私が日本現代美術史の講座を受け持たせて頂いた青山ブックセンター本店にて、同店との共催という形式で行います。美術史と人工知能は一見遠そうですが、共に美や知能という人間の尊厳に関わる問題を広範囲にアーカイブするプラットフォームと捉えることもできます。加えて今回は、石黒浩さんと布施英利さんをお招きすることによってアンドロイドと解剖学という視点も導入し、講座御参加の皆様と有意義かつ親密な時間を御一緒できれば嬉しいです。



サイン会

会の最後に石黒さん、布施さん、中ザワさんのサイン会を開催いたします。
サイン対象はそれぞれのご著書に限り、お1人2冊までとさせていただきます。

懇親会

会終了後、出演者陣を囲んでの懇親会を開催いたします。
会終了後、青山ブックセンター近くの飲食店で、出演者を囲んでの懇親会を開催予定です。本会にご参加された方はどなたでもご参加いただけます。ご飲食代は各自のご負担で、3,000円~4,000円を予定しております。

懇親会参加方法

イベントをお申し込みいただいた方に、懇親会参加申し込みフォームをお送りします。 ご参加ご希望の方はフォームにご記入いただき、参加の旨をお知らせください。

石黒浩

石黒浩

いしぐろ・ひろし

人間酷似型アンドロイドの第一人者である石黒浩は、学生時代に絵にのめり込み、次に人工知能研究に進み、体が必要とわかりロボット学者となった。大阪大学基礎工学研究科教授、ATR石黒浩特別研究室室長(ATRフェロー)。著書『アンドロイドは人間になれるか』他。(※文責・中ザワ)

知能ロボット学研究室(石黒研究室)

布施英利

布施英利

ふせ・ひでと

批評家、解剖学者の布施英利は、『脳の中の美術館』『電脳美学』『死体を探せ!』等の初期作から、来春(2017年1月)刊行予定の『解剖学者・三木成夫』まで、約50冊の著作を数える。東京藝大美術学部芸術学科卒、同大学院美術研究科(美術解剖学)博士課程修了後、東大医学部助手(解剖学)などを経て、芸術と科学の交差する美術の理論を研究している。(※文責・中ザワ)

布施英利Twitter

中ザワヒデキ

中ザワヒデキ

なかざわ・ひでき

美術家。「中」だけ漢字、「ザワヒデキ」が片仮名の芸名は医学部在籍時より使用。「バカCG」を経て「方法主義宣言」「新・方法主義宣言」「人工知能美学芸術宣言」。3Dプリンタ関連特許、著書『現代美術史日本篇』他。文化庁メディア芸術祭審査委員。代表作は《盤上布石絵画》《金額》《脳波ドローイング》。

中ザワヒデキWEBサイト

AI美芸研について

人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)は、「人工知能美学芸術宣言」(中ザワヒデキ起草)を布石のひとつとして、29名の発起人により2016年5月1日に発足しました。SNS上での場の開設と、数ヶ月に一回程度の公開の研究会開催を主な活動内容とします。会員制とはしておりませんのでどなたでもご参加できます。

AI美芸研公式サイト