講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年7月12日(土)

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~18時
土・日・祝休み
営業時間短縮中
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2014年7月12日(土)

絵画保存修復家 岩井希久子に学ぶ絵画保存修復の現場―名画はいかにして現代を生きているのか。

iwai-main-01

損保ジャパン東郷青児美術館の
ゴッホの作品を修復している
損保ジャパン東郷青児美術館HP

iwai-main-02

地中美術館のモネの作品を修復している
地中美術館HP

クロード・モネの《ラ・ジャポネーズ》が約1年の修復を経て、 「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」(世田谷美術館)において、世界で初めて披露されます。

本作を修復したのは所蔵先であるボストン美術館の修復室です。欧米諸国の美術館ではボストン美術館のように、ほぼ必ず館内に修復部門があり、修復家が常駐しています。しかし、残念ながら日本の美術館で修復室が備えられているところは数えるほどしかありませんし、修復家も少ないのが現状です。
そんな中、絵画保存修復家の岩井希久子さんは日本でも絵画の保存修復をもっと浸透させようと精力的に活動をしています。岩井さんはモネの《睡蓮》やゴッホの《ひまわり》、他にもピカソや山下清など数々の名画の修復を手掛けてきました。その傍ら、修復理念や技術の継承、次世代の修復家を養成する場として「修復センター」を日本に設立しようと奮闘されています。

今回は、岩井希久子さんがこれまで手がけられてきたお仕事についてお話いただき、絵画の修復と保存の現場に迫りながら、これからの絵画保存修復のあり方、文化遺産とのつきあい方を考えていきます。聞き手には美術ジャーナリストの藤原えりみさんをお迎えします。

プロフィール

岩井 希久子撮影:清水奈緒

『モネ、ゴッホ,ピカソも治療した絵のお医者さん修復家・岩井 希久子の仕事』

『ソリストの思考術 修復家・岩井希久子の生きる力』

岩井 希久子 いわい きくこ

絵画保存修復家 (コンサヴェター)
(有)IWAI ART保存修復研究所(イワイアートホゾンシュウフクケンキュウショ)代表取締役
現在IIC(The International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works)、
IPC(Institute of Paper Conservation)、文化財保存修復学会(The Japan Society for the Conservationof CulturalProperty)、並びにIIC Japan の会員。

1955年8月15日(S30年)熊本市生まれ。
父親が熊本県立美術館建設準備室長をしていた関係で、絵画修復の仕事と出会う。80年に渡英し、ロンドン、ナショナル・マリタイム・ミュージアムで修復技術を学び.84年に帰国。
以後、フリーランスとして、モネ、ゴッホ、ピカソといった名画の修復を手けるほか、現代アートやセル画など多様な表現の修復にも挑む。また、国際巡回展などで出品作のコンディションチェックの仕事も数
多く担当。89年有限会社岩井絵画修復(現・有限会社IWAI ART 保存修復研究所)を設立。
93 年小山敬三美術振興財団海外研修を受賞し渡米。

「絵にやさしい修復」を理念に、98年からロンドン、テート・ギャラリー(現テート)に研究を持ち込み、絵画をエイジングさせない「脱酸素密閉」という作品保存方法を開発。このほか日本の職人の技術を生かした修復を行うなど、独自の修復技術をつねに探求し続けている。

おもなテレビ出演として1980年にNHK教育テレビ『若い広場』「美術の職人たち」、
2010 年にNHK プロフェッショナル『仕事の流儀 母の覚悟で、ピカソに挑む』、
2011 年にNHKBS プレミアム『旅のチカラ』「幻の絹絵よ!よみがえれ 絵画修復家 岩井希久子 ベトナム・ハノイ」。
2012 年 にNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』「言葉のチカラスペシャル」
2013 年にNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』「道を極める心得スペシャル」、
2013 年テレビ朝日『徹子の部屋』、テレビ朝日モーニングバード「G ウーマン」、
NHK『視点・論点』『私は絵のお医者さん』
2014 年に日本テレビ『未来シアター』。
2012 年度佐倉市民栄誉賞。

おもな著書として、2013年美術出版社『モネ、ゴッホ,ピカソも治療した絵のお医者さん修復家・岩井 希久子の仕事』 2014年 六耀社『ソリストの思考術 修復家・岩井希久子の生きる力』

現在、修復センター設立を計画中。
「日本に修復センターをつくる会」公式facebook

藤原 えりみ

藤原 えりみ ふじはら えりみ

美術ジャーナリスト
東京芸術大学大学院美術研究科修了(専攻/美学)。女子美術大学・國學院大学非常勤講師。

著書『西洋絵画のひみつ』(朝日出版社)。共著に『西洋美術館』『週刊美術館』(小学館)、『現代アート事典』『ヌードの美術史』(美術出版社)、『現代アートがわかる本』(洋泉社)、『チームラボって、何者?』(マガジンハウス)。訳書に、C・グルー『都市空間の芸術』(鹿島出版会)、M・ケンプ『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(大月書店)、C・フリーランド『でも、これがアートなの?』(ブリュッケ)など。

詳細・申込方法
開催日時 2014年7月12日(土) 18:00~20:00(開場17:30)
定員 110名様
受講料 1,944円 (本体1,800円+税)

展覧会情報

la laponaise

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展
-印象派を魅了した日本の美

会場:世田谷美術館
会期:2014年6月28日(土)~2014年9月15日(月・祝)

http://www.boston-japonisme.jp/