講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年9月21日 (日)
時間
18:00~19:30
開場・受付17:30~ 
料金
1,944円(税込) 
定員
110名様 
会場
本店 大教室  

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~18時
土・日・祝休み
営業時間短縮中
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2014年9月21日 (日)

芸術を学ぶ

Dance New Air – ダンスの明日 関連企画

黒田育世 × 中沢新一 対談

gallery images

9月に新作振付作品『落ち合っている』を発表するダンサー・振付家の黒田育世さん。
そして 『アースダイバー』『野生の科学』『惑星の風景』をはじめ、著書がロングセラーを続けている思想家・人類学者の中沢新一さん。

このたび青山円形劇場とスパイラルホールを中心に開催されるダンスのフェスティバル「Dance New Air」の開催に連動して、黒田さんと中沢さんの対談を行います。2012年の作品『おたる鳥をよぶ準備』で「踊ることと死」から「生きること」を浮かび上がらせた黒田さんと、土地の神々と芸能のつながりに造詣が深く、舞踏家と共に踊りと農業を結びつけるワークショップも行っている中沢さん。初の顔合わせとなります。

Dance New Air – ダンスの明日
2014年秋、東京・青山を舞台に2002年から開催してきた「ダンストリエンナーレトーキョー」を引き継ぎ、新たなダンスフェスティバル「Dance New Air – ダンスの明日」が誕生します。

青山円形劇場とスパイラルホールでは、協働クリエーションにフォーカスをあてた8作品を上演。また、24日間の会期中には、こどもの城ピロティでの屋外パフォーマンス、シアター・イメージフォーラムでのダンスフィルム、青山ブックセンター本店でのブックフェア、ダンスワークショップ、アーティスト・イン・レジデンスとワーク・イン・プログレスなど、ダンスに関する多彩なプログラムを開催します。
ダンスの今、そして未来を、アートと日常がとけあう街・青山で体感してください。

会期:2014年9月12日(金)〜 10月5日(日) 24日間
会場:青山円形劇場、スパイラルホール、シアター・イメージフォーラム、青山ブックセンター本店 他
www.dancenewair.jp

黒田 育世

MIURA DAISUKE

黒田 育世

くろだ いくよ

BATIK 主宰、振付家・ダンサー。
6歳よりクラシックバレエをはじめる。
谷桃子バレエ団に所属しながら97 年渡英、コンテンポラリーダンスを学ぶ。 00 年より伊藤キム+輝く未来で活動。02 年にBATIK を設立。
カンパニーでの活動に加え、飴屋法水、古川日出男、笠井叡、野田秀樹などさまざまなアーティストとのクリエーションも多い。映画『告白』(中島哲也監督)への出演も話題となった。

BATIK公式サイト

中沢新一

中沢新一

なかざわ しんいち

思想家、人類学者。明治大学野生の科学研究所所長。
1950年山梨県生まれ。
著書に『チベットのモーツァルト』『森のバロック』『アースダイバー』『芸術人類学』『芸術人類学』『日本の大転換』『大阪アースダイバー』『野生の科学』ほか多数。『吉本隆明の経済学』(筑摩書房近刊)。 哲学、科学、経済、歴史、地理、生物から芸術まで、そして3.11以降あらわになってしまった綻びや、不透明な未来に対して示される長期的かつ俯瞰的な視点は、後続の研究者や多様なジャンルの芸術家・クリエイター達に大きな影響を与えている。

明治大学 野生の科学研究所