講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年8月2日(土)

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 10時~20時
土・日・祝休み
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2014年8月2日(土)

『奇想の発見:ある美術史家の回想』刊行記念トーク&レクチャー

雪舟・伊藤若冲・曽我蕭白 ―ある美術史家に発見された奇想の画家たち

discovery-kiso

※トーク終了後に辻惟雄さんのサイン会を開催いたします。
対象書籍は『奇想の発見』となります。

美術史家 辻惟雄さんの初の自伝『奇想の発見:ある美術史家の回想』(新潮社)が刊行されました。辻さんと言えば、言わずもがな数々の「奇想の画家」を発見し、日本美術史をゆるがした立役者で伊藤若冲ブームの火付け役。辻さんが著書『奇想の系譜』や『奇想の図譜』などで紹介している、奇奇怪怪な日本美術に度肝を抜かれた人は少なくないでしょう。

今回は、本書の刊行を記念して
古典にして奇想の要素が見てとれる
雪舟(1402-1506?)
奇屈さとユーモアを持ちあわせた
伊藤若冲(1716-1800)
草画から細密画まで変化自在な
曽我蕭白(1730-1781)
の3人の画家の奇想ぶりに改めて迫ります。

出演は辻惟雄さんを筆頭に、美術史家の山下裕二さん、そして美術ライターの橋本麻里さんです。

いかにしてキワモノな彼らを発見したのか、その裏側から、
奇想の画家たちから見えてくる日本美術の魅力までとことんお話いただきます。

世代を超えた奇想の美術トークをお見逃しなく!

プロフィール

辻 惟雄

撮影=筒口直弘 / 芸術新潮

辻 惟雄 つじ のぶお

1932年愛知県生まれ。1961年東京大学大学院博士課程中退(美術史専攻)。東京国立文
化財研究所美術部技官、東北大学文学部教授、東京大学文学部教授、国立国際日本文
化研究センター教授、千葉市美術館館長、多摩美術大学学長などを歴任。東京大学・
多摩美術大学名誉教授、MIHO MUSEUM館長。

岩佐又兵衛、伊藤若冲、曾我蕭白などを
「奇想の画家」としていち早く再評価し、「かざり」「あそび」「アニミズム」を日本美術の特質に挙げて、装飾工芸から幽霊画、漫画まで幅広く論じている。著書に『奇想の系譜』(美術出版社)、『奇想の図譜』(平凡社)、『日本美術の歴史』(東京大学出版会)、『ギョッとする江戸の絵画』(羽鳥書店)など。現在、『辻惟雄集』全6巻(岩波書店)を刊行中。

tsuji-books2

山下裕二

山下裕二 やました ゆうじ

美術史家。1958年、広島県生まれ。東京大学大学院卒業。明治学院大学文学部芸術学科教授。室町時代の水墨画の研究を起点に、縄文から現代美術まで、日本美術史全般にわたる幅広い研究を手がける。

著書に『室町絵画の残像』、『岡本太郎宣言』『日本美術の二〇世紀』『狩野一信・五百羅漢図』『一夜漬け日本美術史』など、企画監修した展覧会に『ZENGA展』『雪村展』『五百羅漢展』『白隠展』『超絶技巧!明治工芸の粋』などがある。

関連展示情報:『超絶技巧!明治工芸の粋』
会期:2014年04月19日 ~ 2014年07月13日
会場:三井記念美術館
美術館ホームページ:http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

橋本麻里

橋本麻里 はしもと まり

日本美術を主な領域とするライター、エディター。明治学院大学非常勤講師、高校美術教科書(日本文教出版)の編集・執筆。

近著に新潮社とんぼの本『変り兜 戦国のCOOL DESIGN』、幻冬舎新書『日本の国宝100』、「Casa BRUTUS」ムック『ニッポンの老舗デザイン』。共著に新潮社『恋する春画』『運慶 リアルを超えた天才仏師』『チェーザレ・ボルジアを知っていますか?』など。

橋本麻里twitter @hashimoto_tokyo

詳細・申込方法
開催日時 2014年8月2日(土) 18:00~19:30/開場17:30
*終了時刻は予定になります。若干の延長をする場合もございます。
会場 青山ブックセンター本店・大教室
定員 110名様
受講料 1,944円 (本体1,800円+税)