講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年3月29日(土)

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~18時
土・日・祝休み
営業時間短縮中
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2014年3月29日(土)

本・現場・美術 番外編5

いかに都市のモニュメントをアートにしたのか。
―マーライオンをホテルにした美術家 西野達に作品制作の裏側を聞く。

The Merlion Hotel

これまで、奈良美智さん、杉本博司さん、山口晃さんなど様々なアーティストの仕事を紹介してきた「本・現場・美術」。第5回目となる今回の番外編では、実際に現代アーティスト 西野達さんをゲストにお招きして、作品制作の現場に迫ります。

西野達さんは、
世界中の有名な彫像や建造物、時計台、時には公衆トイレを囲み、そのモニュメントや設備がもともとそこにあったかのような、実際にくつろげるリビングルームにしたり、実際に宿泊することができるホテルにしたりしてしまう大がかりなインスタレーション作品を制作しています。

代表作に
シンガポールのマーライオンをホテルにした《The Merlion Hotel》(写真上)や
ニューヨークのコロンブス像をリビングルームにした《Discovering Columbus》(写真下)
などがあります。

西野さんのように大型の作品制作やプロジェクトを実現させるためには、まず何よりも西野さんの作品への理解、さらには現代美術そのものへの理解を得ることが必要かつ重要になってきます。
日本では、さまざまな規制の多さに加え、西野さんの作品、そして現代美術への理解が十分に浸透をしていないことが壁となり、海外に比べて大がかりな作品制作の場が少ないのが現状です。

そんな中、集英社が運営をするアート情報サイト「HAPPY PLUS ART」において、西野さんの活動をサポートし、作品制作を応援するためのクラウドファンディングプロジェクト「《西野達プロジェクト》日本全国津々浦々に西野達をプレゼンするためのツールを制作し、作品制作につなげる」が立ち上げられました。これは、プロジェクトに賛同した人からネット上で資金を集め、さまざまな形で西野さんの作品の周知と理解を深める環境を整えることで、日本での作品制作を1つでも多く実現させる試みです。

今回は、代表作である《The Merlion Hotel》や《Discovering Columbus》をはじめ、これまで実現してきた作品を実際に振り返りながら、西野さんはこれまで作品の理解を得るためにどのようなアクションを起こし、どのような壁を乗り越えてきたのか、西野さんの作品にはどのような想いが込められているのかなど、その裏側をお話いただき、西野作品の理解を深めるとともに、現代アートの魅力を考えていきます。

さらに、
「作品制作をするのにいいところがある」
「わたしの地元のあのモニュメントをホテルにしてほしい」
など参加者の皆さんからもアイディアを募り、西野さんの日本での作品制作の可能性を一緒に考えていきます。

西野達さん最新情報!!

この度、西野達さんがヨーロッパ現代美術ビエンナーレ「Manifesta10」へ参加するが決定しました!
「Manifesta」とは2年に1度ヨーロッパの都市で開催される国際展で、毎回会場となる都市が異なります。
10回目を迎える今年の「Manifesta」の舞台はロシアのサンクトペテルスブルクで、6月8日から10月31日までの開催です。
西野さんは本ビエンナーレで一体どのような作品を制作するのか!?
今回のトークで「Manifesta10」への参加から出展作品の構想についてもお話いただきます。

Manifesta10公式サイト:http://manifesta10.org/en/artists/tatzu-nishi/

西野達さんの作品制作場所のアイディアを募ります!

「あのモニュメントをホテルにしたらおもしろいのではないか」
「地元に良い場所がある」
などなど、日本における西野さんの作品制作場所のアイディアを大募集します。
アイディアのある方は、以下要領で事務局にメールをお送りください。

件名:「【西野達作品制作場所 アイディア】」
内容:「お名前、アイディア」
宛先:culture@boc.bookoff.co.jp
募集期日:3月26日(水)

・アイディア募集は本トークにお申し込みをいただいた方に限ります。
・いただいたアイディアは、トーク中にご紹介をさせていただく場合があります。
 その際は、お名前は伏せさせていただきます。
・いただいたアイデアの実現が保証されるわけではありません。

HAPPY PLUS ART 西野達プロジェクト

Discovering Columbus

プロフィール

西野達 ポートレイト
撮影:洞澤佐智子

西野 達 にしの たつ

1960年愛知県生まれ。武蔵野美術大学​修了後、1987年にドイツに渡る。ミュンスター芸術アカデミーで彫刻を学んだ後、1997年より、大聖堂の風向計を取り込んでリビングルームのようなプライベート空間を創ったり、コンテナをクレーン車でつり上げた部屋をカフェとして営業したりと、街の公共物を取込んで大掛かりなインスタレーションを手がける。ベルリンを拠点に、2005年ロサンゼルス現代美術館、2009年「カルダープロジェクト」(シドニー/オーストラリア)、「ナント・ビエンナーレ」(フランス)、2011年「シンガポールビエンナーレ」、2012年「ディスカバリング・コロンバス」(ニューヨーク)「ホテルゲント」(ベルギー)など世界中で数多くの作品を発表している。近年は、2005年「横浜トリエンナーレ」、2006年メゾンエルメス(銀座)での「天上のシェリー」、2007年森美術館での「MAMプロジェクト006」、2010年「あいちトリエンナーレ」、2011年「おおさかカンヴァス」など、国内での発表も増えている。

西野達公式サイト
ARATANIURANO公式サイト

鈴木 芳雄

鈴木 芳雄 すずき よしお

・フリーランス編集者 / 美術ジャーナリスト
・合同会社美術通信社代表
・愛知県立芸術大学客員教授
・2001年〜2010年3月 雑誌BRUTUS副編集長
・主な仕事「西洋美術を100%楽しむ方法」「国宝って何?」「仏像」「杉本博司を知っていますか?」「すいすい理解(わか)る現代アート」「緊急特集 井上雄彦」『チームラボって、何者?』

フクヘン。元 雑誌ブルータス副編集長、鈴木芳雄のブログ
フクヘン。ゼミ!(facebook)
フクヘン。Twitter

詳細・申込方法
開催日時 2014年3月29日(土) 13:00~15:00(開場12:30)
会場 青山ブックセンター本店・大教室
受講料 本体1,800円(税込1,890円)
定員 110名様
*当日、ご参加者様の皆様に、西野達さんからのプレゼント、西野さんのタブロイド(16p、30×39.5㎝)をさしあげます。