講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2015年10月6日 (火)
時間
19:00~21:00+サイン会
開場18:30~ 
料金
1,080円(税込) 
定員
110名様 
会場
本店 大教室  

トーク終了後、岡田裕子さん、会田誠さんのサイン会を開催いたします。 サイン対象本は『現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿 第一弾 〜銀髪の賢者と油之牝狗』です。

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~18時
土・日・祝休み
営業時間短縮中
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2015年10月6日 (火)

芸術を学ぶ

『現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿 第一弾
銀髪 ぎんぱつ 賢者 けんじゃ 油之 あぶらの 牝狗 びっち 』 刊行記念企画

トーク!上映!パフォーマンス!
オルタナティブ人形劇団 劇団★死期
主宰 岡田裕子と顧問 会田誠が誘う
現代美術への入口

gendaichi-cover
このたび、オルタナティブ人形劇団「劇団★死期」のはじめての小説『現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿 第一弾〜銀髪の賢者と油之牝狗(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのびっち)〜』(アートダイバー)が刊行されます。
 劇団★死期とは、美術家の岡田裕子さんが主宰、美術家の会田誠さんが顧問を務める、超実験的特殊人形劇団です。メンバーは必ずしも、美術関係者ばかりではなく、子どもや学生、ビジネスマンなど老若男女、職業もさまざまです。最近では、2013年に森美術館で開催された会田誠さんの個展「天才でごめんなさい」における公演が好評を博し、この際に上演されたのが、今回、小説化されたアート系サスペンス劇場「ゲンダイチコースケ」シリーズでした。

show02
アート系サスペンス劇場?ちょっと想像がつかないかもしれません。美術オタク探偵 ゲンダイチコースケが地獄の学芸員なる怪人に現代美術の知恵比べで挑むというストーリーです。現代美術の知恵比べとあって、劇中には、美術用語やうんちくが満載。
 美術用語やうんちくと聞くと、自分は美術に詳しくないから理解できないし楽しめないだろうと壁を作ってしまう人もいるかもしれません。確かに、現代美術ってなんだか難しい、美術館は敷居が高いなど、まだまだ美術に対してはネガティブなイメージや言葉がついてまわり、興味はあるけれどなかなかその扉を開けることができない人も多いでしょう。

gendaichi-papet
そんな中、本書は、個性豊かな人形たちの魅力はそのままに、舞台設定やセリフ回しなどが巧妙に練られた、歴としたサスペンス小説です。また、劇同様に、美術用語やうんちくがちりばめられ、その背景には、美術教育など、現在の日本の美術界への問題意識を読み取ることもできますが、登場人物(人形!?)のユニークさや、舞台設定のおもしろさも相まって、文学として、劇団★死期のアートブックとして、さまざまな角度から楽しむことができます。さらに、難しい用語には、解説もついているので、小説を味わいながら、美術を学ぶことができる優れもの。まさに、美術ファンのみならず幅広い方に開かれた、美術への入り口となる一冊です。

show01

今回は、そんな本書の刊行を記念して、劇団★死期主宰の岡田裕子さん、そして顧問の会田誠さんをお招きし、劇団★死期の結成の経緯やコンセプト、本書に込められたメッセージをお話しいただきながら、現代美術の楽しみ方を考えていきます。
 また、トークに加え、ゲンダイチコースケのハイライト上映、さらにはハイライトパフォーマンスを行うので、お楽しみに!

岡田裕子さんからのメッセージ
幻のような一度きりの公演を重ねてきた、アート探偵ゲンダイチコースケシリーズが遂に小説として書籍化しました。
児童書の形をとっていますが、実はアートのうんちく満載、読めば読むほどに内容深く、現代美術への想いがこもっている一冊です。
まあこの本自体がアート作品と言って過言ではないのではないでしょうか。
多くの美術関係者が力を合わせ、真心こめて作りました。子どもも大人も、楽しみながら学び考えるこの本、ぜひお手に取ってみて下さい。

劇団★死期公式サイト:http://gekishiki.daa.jp/


サイン会情報

トーク終了後、岡田裕子さん、会田誠さんのサイン会を開催いたします。
サイン対象本は『現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿 第一弾 〜銀髪の賢者と油之牝狗』です。

関連展覧会情報

おとなもこどもも考える ここはだれの場所?

2015年7月18日(土)―10月12日(月・祝)
東京都現代美術館
展覧会サイト

会田家(会田誠さん、岡田裕子さん、会田寅次郎さん)が参加しています!

会田 誠

会田 誠

あいだ まこと

美術家
1965年新潟県生まれ。1991年東京藝術大学大学院美術研究科修了。
絵画、写真、映像、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画など表現領域は国内外多岐にわたる。
小説「青春と変態」(ABC出版、1996年 / 筑摩書房、2013年)、漫画「ミュータント花子」(ABC出版、1999年 / ミヅマアートギャラリー、2012年)、エッセイ集「カリコリせんとや生まれけむ」(幻冬舎、2010年)、「美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか」(幻冬舎、2012年)など著作多数。
近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館、東京、2012-13年)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、ナント、フランス、14年)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(霧島アートの森、鹿児島、14年)など。
9月12日から11月3日まで新潟県立近代美術館で個展「ま、Still Aliveってこーゆーこと」が開催される。

岡田 裕子

岡田 裕子

おかだ ひろこ

美術家
ビデオアート、写真、絵画、インスタレーション、パフォーマンスなど多岐に渡る表現を用いて、現代社会へのメッセージ性の高い美術作品を制作。2007「Global Feminisms」Brooklyn Museum、2009「NO MAN.FN" S LAND」旧フランス大使館跡など、国内外の展覧会多数。2015 年は、 東京都現代美術館「ここはだれの場所?」(7~10月)に” 会田家” として参加予定、韓国国立現代美術館での国際アーティストフェローシッ ププログラムにてソウルでの滞在制作(7〜9月)などの活動を予定。また10月には横浜BankARTNYK で上演する演劇「黄金町パフィー通り」(http://o-ji-no.link/event/213/)のパーフォーマンスビジュアルも手がける。11月には新たな「劇団★死期」パフォーマンスを予定。現・多摩美術大学非常勤講師。

準備中

&パフォーマーのみなさま

上岡和磨(音楽提供者)
北川裕介
米川俊亮

書籍情報

準備中

『現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿〜銀髪の賢者と油之牝狗(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのびっち)〜』

岡田裕子・松下学・阿部謙一(劇団★死期)著
価格:本体1,600円+税
出版社:アートダイバー

手作り感あふれる独特な人形たちが活躍する、オルタナティブ人形劇団「劇団★死期」が、児童文学として生まれ変わりました。物語は、都内の美術大学に通う美大生が謎の死を遂げたところから始まります。この難事件を解決に導くのは、金田一耕助……ではなく、現代アート探偵ゲンダイチコースケ。現代アートや現代思想を武器に様々な事件を解決して来た名(迷)探偵は、今回の難事件を解決することができるのでしょうか。
 物語には現代アート、サブカルチャー、現代思想のキーワードが無数に散りばめられ、注釈、挿絵も多数収録。児童文学でありながら、ハイコンテクストなアートブックとして、子どもと大人が一緒に楽しめる、お得な1冊です。