講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年6月21日(土)

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 10時~20時
土・日・祝休み
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2014年6月21日(土)

ホンマタカシ ワークショップ

「たのしい写真 よい子のための写真教室」 第7期 座学編 第三回

座学編 第三回テーマ 「映像人類学とは?」

ゲスト講師:分藤大翼(映像人類学者)、山峰潤也(東京都写真美術館 学芸員)

映像人類学という聞きなれない領域があります。
最近映像祭などで耳にする 研究なのでしょうか?それとも表現?
映像人類学を名乗る分藤さんと写真美術館の山峰さんをゲストに
その活動を探ってみたいと思います。

2014年3月から開講している写真家ホンマタカシワークショップ「たのしい写真 よい子のための写真教室」第7期。本ワークショップは、2009年から2012年まで、通常クラス6回、選抜クラス2回が開かれ、総勢178名の受講生のみなさんが参加されました。第7期となる今回はこれまでと異なり、通常クラス(実践編)に加えて、座学編が開かれます。

ホンマさんによると座学編は「毎回写真とは異なる専門家の人を招き、ボクと対談をします。写真とは違う分野の人の話を聞くことで、写真の概念を広げていただきたいと思います。」とのこと。

座学編は先着順にて受付を致します。ホンマさんとゲストのみなさんと写真について考えたい方のご参加をお待ちしております。

ホンマタカシ ワークショップ 第7期詳細
*通常クラスの受付は修了いたしました。

講師プロフィール

bundo-200

分藤大翼 ぶんどう だいすけ

1972年大阪府生まれ。信州大学全学教育機構准教授。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。1996年よりカメルーン共和国の熱帯雨林地域に暮らすBaka(バカ)という狩猟採集民の調査研究を行なう。2002年より調査集落において記録映画の制作を開始。

主な映像作品は『Wo a bele -もりのなか-』(2005)、『Jengi』(2008)、『jo joko』(2012)、『cassette tape』(2013)。作品はいずれも国内外の映画祭で上映されている。 主な共著は『森と人の共存世界』(京都大学学術出版会)、『見る、撮る、魅せるアジア・アフリカ!-映像人類学の新地平-』(新宿書房)、『フィールド映像術』(古今書院、近刊)。CDブック『commmons:schola vol.11 Traditional Music in Africa』(2012)の制作に参加。scholaのウェブサイト上の動画講義、ならびにNHK Eテレの番組『スコラ・坂本龍一 音楽の学校』「アフリカの音楽」編に出演。2012年に個展『アフリカ、森の民の音楽と食事』(http://www.art-eat.com/past/?p=362)を開催している。

山峰潤也

山峰潤也 やまみね じゅんや

キュレイター
1983年、茨城県生まれ。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業。東京芸術大学
映像研究科修了。メディア芸術祭事務局を経て、現職は東京都写真美術館学芸員、明
治学院大学非常勤講師。映像関連の展覧会の企画の他、パブリックアート、スクリー
ニング、ライブイベントなどの企画運営を行う。

主な企画に『映像をめぐる冒険 vol.3 3Dヴィジョンズ』、『映像をめぐる冒険 vol.
4 見えない世界のみつめ方』(キュレーター)、『恵比寿映像祭』(第3回~第6
回、コ・キュレーター、以上東京都写真美術館)。『International Festival for
Computer Art』(ライブイベント企画、スロベニア)、『waterpieces2013』(上
映・展示・ライブイベント企画、ラトビア)などがある。

ホンマタカシ

ホンマタカシ

2011年から2012年にかけて、自身初の美術館での個展「ニュー・ドキュメンタリー」を日本国内三ヶ所の美術館で開催。現在、東京造形大学大学院客員教授を務める。2014年2月23日から、水戸芸術館にて行われる「拡張するファッション展」に参加予定。

http://betweenthebooks.com

詳細・申込方法
開催日時 2014年6月21日(土) 18時~20時
会場 青山ブックセンター本店 大教室
定員 80名
参加費 1,944円
*第7期ワークショップ受講生は、ワークショップの受講料に参加費が含まれています。