講座申込方法

申込みの前に必ず参加規約をお読み下さい。

申込は終了いたしました。

当日券の発売およびキャンセル待ちは行っておりません。

お支払について

メール、電話でご予約頂き入金が完了していない方は、ご予約後2週間以内に銀行振込もしくは店頭での現金支払いをお選び頂き受講料をお支払いください。期日までにご入金のない方は自動的にキャンセルとなります。

① 銀行振込の場合
三菱東京UFJ銀行 ( 金融機関コード:0005 )
表参道支店 ( 支店番号:133 )
普通預金 0146072
口座名義 ブックオフコーポレーション(株)

② 店頭での現金支払いの場合
青山ブックセンター本店内・青山ブックスクール受付にて承ります。
受付時間:平日13時~20時、土日祝休

概要

日程
2020年3月1日 (日)
時間
① KOD(研究社オンライン辞書)を使った翻訳演習~公開教室2020 PART2(14:00~16:00)
②柴田元幸の翻訳作法(16:15~17:30)
料金
3,300円(税込)OR 550円(税込)(②のみ参加者)
定員
24名様+20名様(②のみ参加の方)
会場
本店内 小教室
①にご参加の方は、追加料金をいただかなくても②にご参加いただけます。
②のみにご参加の方は、事前にメールでお申込みの上、当日受付にて550円(税込)をお支払いいただきます。

2020年3月1日 (日)

言葉を学ぶ

※開催順延 KOD(研究社オンライン辞書)を使った翻訳演習~公開教室2020 PART2 講師 金子靖(研究社編集部)

※講師である金子先生と協議いたしました結果、新型コロナウイルスの影響を考慮いたしまして、このたびの公開教室は「順延」させていただきます。代替日が決まり次第、あらためてご案内いたします。

①KOD(研究社オンライン辞書)を使った翻訳演習~公開教室2020 PART2(14:00~16:00)
②柴田元幸の翻訳作法(16:15~17:30)

講師 金子靖(研究社編集部)

2009年4月にリアル書店支援を主な目的として開講以来、多くの受講生を集めている青山ブックスクール「KOD(研究社オンライン辞書)を使った翻訳演習」。

どの講座も告知から数時間で満席の超人気講座、大変お待たせしました、すでにレギュラー期を受講された方もされていない方も誰でもご参加いただける2020年第2回目の「公開教室」を開講します。

今回は地方の方もご参加いただけるように、休日に開講いたします。

そして今回は特別企画として、通常の講義に加えて、名翻訳者柴田元幸の翻訳術を解説する「柴田元幸の翻訳作法」もお話しいただきます。

即満席必至の超人気講座、お早めにお申し込みください。

※柴田元幸さんは当日ご登壇されません。

以下、金子先生より

*******************************************************************************

KOD(研究社オンライン辞書)を使って、英語で書かれた小説あるいはエッセイを訳してもらいます。英文の読み方、訳文の練り方、辞書の使い方、インターネットの調査方法など、翻訳に必要なことを、一緒に考えたいと思います。講義では、事前に課題を提出してもらいます。提出してもらった課題は、添削して、講義を始める前に返却します。提出された訳文のいずれかを(あるいはこちらで用意したものを)書画カメラで添削しながら、講師訳も示しつつ、講義を進めます。提出課題は添削してお戻しします。課題提出者には詳細な講義録もお付けします。講義の中では、翻訳に必要なことを自然とお話しすることになるでしょう。課題を提出することも大事ですが、講師の解説をしっかり聞いて、疑問があれば積極的に質問してください。

なお、今回は通常の講義に加えて、名翻訳者の柴田元幸さんの翻訳術についてもお話ししたいと思います。柴田先生のすぐれた訳例を対訳でできるかぎりご紹介いたします。

********************************************************************************

翻訳はとにかく「実際にやってみる」しかありません。「実践」以外に「上達」の道はありません。

~英語から日本語への翻訳の実践。それを通して、英語の正確な読み方や訳文の練り方を考えます。辞書の使い方やインターネットの調査方法などもあわせてアドバイスします。(KOD(研究社オンライン辞書)の使い方もくわしく説明します。)~

※講義中には、KOD(研究社オンライン辞書)を使用します。受講後数ヶ月間は、受講生全員に専用IDとパスワードを発行し、無料で使っていただけるようにいたします。

KOD(研究社オンライン辞書)について

会員登録をすることで、研究社の『リーダーズ英和辞典』『リーダーズ・プラス』『新英和大辞典』『新和英大辞典』『英和中辞典』『和英中辞典』『ルミナス英和辞典』『ルミナス和英辞典』のほか、『新編英和活用大辞典』『医学英和辞典』『理化学英和辞典』『英和コンピューター用語辞典』『研究社ビジネス英和辞典』『カタカナで引くスペリング辞典』『羅和辞典』『英米法律語辞典』『新カトリック大事典』、そして『露和辞典』『和露辞典』、さらには『スーパー大辞林(三省堂) 』、Oxford Advanced Learner’s Dictionary (Oxford University Press)などがすべて同時に使える。そして新語も続々追加されている([EV]KOD 追加語彙)。強力な英語辞書ツールとして、幅広いニーズに応えつづけている。

詳しくは研究社のサイトをご覧ください。

プロフィール

準備中

金子靖

かねこ・やすし

研究社(英語関連の辞書・書籍の出版社)編集部。英語関係の書籍や大学テキスト、専門書、翻訳書、問題集の編集などを手がける。
マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒けん』(柴田元幸訳)、柴田元幸編著『「ハックルベリー・フィンの冒けん」をめぐる冒けん』、レアード・ハント『英文創作教室』(柴田元幸編訳)、柴田元幸監訳『サロン・ドット・コム 現代英語作家ガイド』『英語クリーシェ辞典』、藤井光『21世紀×アメリカ小説×翻訳演習』、中村保男『新装版 英和翻訳表現辞典』、越前敏弥『文芸翻訳教室』、渡辺利雄『講義 アメリカ文学史[全3巻]』『補遺版』『アメリカ文学に触発された日本の小説』、宮脇孝雄『英和翻訳基本辞典』、飛田茂雄『英米法律情報辞典』、若島正『乱視読者の英米短篇講義』、佐藤良明『これが東大の授業ですか。』、小川高義著『翻訳の秘密――翻訳小説を「書く」ために』、上岡伸雄『名演説で学ぶアメリカの文化と社会』、大森望『特盛! SF翻訳講座――翻訳のウラ技、業界のウラ話』などの文学、翻訳関係の書籍に加えて、デイビッド・セイン『ネイティブが教えるほんとうの英語の時制の使い分け』、ロバート・ヒルキ/デイビッド・セイン『TOEIC® SPEAKINGテスト問題集』、ロバート・ヒルキ/英語便『TOEIC® WRITINGテスト問題集』、ポール・ワーデンほか『TOEFL iBT®テスト 完全教本』、ジェームス・バーダマン/安藤文人『アウトプットに必要な基本英文法』など英語習書も多数手がけている。

 20094月に開講した青山ブックスクールの「KOD(研究社オンライン辞書)を使った翻訳演習」は大好評で、毎回多くの受講生を集めている。

 青山ブックセンター翻訳演習 課題一覧2012年から