講座申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

青山ブックスクール受講規約

お申込について

  • お電話によるご予約の際は、確実に連絡が可能なお名前・ご住所・お電話番号・メールアドレスのご登録をお願いしております。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • 銀行振込みの手数料につきましては、お客様ご負担となりますことをご了承ください。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいた受講費用は原則払い戻しいたしません。
    但し、お客様ご自身の転居・ご病気などやむをえない事情に限り証明書などのご提示があれば、銀行振込みにて払い戻しいたします。

受講上の注意

  • 講座を欠席された場合、いかなる理由であっても受講費用の払い戻しは致しかねます。
  • 受講時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • 教室内での食事はお控えください。
  • 教室内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • 教室内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • 教室内での講座目的以外の物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当スクールは責を負いません。
  • 教室内にて、講座に支障をきたす行為、他の受講生に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、受講を断りすることがございます。

講座について

  • 開講日、講師、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

休講について

  • 講師の都合またはやむを得ぬ事由により、代理による講義・レッスン、または講座を休講・中止する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で休講する場合がございます。
  • 休講の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 講師の急病や交通機関の遅れ等により休講となった場合は、当スクールより緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合はお申し出ください。

中止について

  • 万が一、定員に満たなかった場合、講座開始日程の10日前までにご登録の連絡先に講座中止をお知らせしたうえで、後日受講費用を銀行振込、現金書留、現金(店頭でのお受け取りのみ)、クレジット会社を通しのご返金、のいずれかの方法にて払い戻しいたします。
  • 店頭での払戻金のお受け取りをご希望のお客様は、お手数ですが青山ブックスクールまでご一報のうえ、ご来店ください。その際の交通費はお客様ご負担となりますことをあらかじめご了承ください。
上記の規約に同意する。

店頭受付

青山ブックスクールにて承ります。

お支払い方法

ご予約の際に現金支払いで受講料をお支払い頂きます。

電話受付

青山ブックスクールにてお電話で受付けいたします。参加される方のお名前、人数、連絡先をお伝えください。

03-5485-5513 (平日13時~20時)

お支払い方法

ご予約完了後2週間以内に、銀行振込もしくは店頭での現金支払いをお選び頂き受講料をお支払いください。期日までにご入金のない方は自動的にご予約をキャンセルいたします。

① 銀行振込の場合
三菱東京UFJ銀行 ( 金融機関コード:0005 )
表参道支店 ( 支店番号:133 )
普通預金 0146072
口座名義 ブックオフコーポレーション(株)

② 店頭での現金支払いの場合
青山ブックセンター本店内・青山ブックスクール受付にて承ります。
受付時間:平日13時~20時、土日祝休

メール受付

メールに下記の内容をご記入の上、青山ブックスクールまでお送りください。

件名 「鳥居をくぐり抜けて風」
内容 「お名前(よみがな)、お電話番号、メールアドレス、申込者数」の4点
宛先 culture@boc.bookoff.co.jp

メールのご返信は営業時間(平日13時~20時)にて行います。営業時間外のメールへのご返信は翌営業日以降になる場合がございます。予めご了承ください。

お支払い方法

ご予約完了後2週間以内に、銀行振込もしくは店頭での現金支払いをお選び頂き受講料をお支払いください。期日までにご入金のない方は自動的にご予約をキャンセルいたします。

① 銀行振込の場合
三菱東京UFJ銀行 ( 金融機関コード:0005 )
表参道支店 ( 支店番号:133 )
普通預金 0146072
口座名義 ブックオフコーポレーション(株)

② 店頭での現金支払いの場合
青山ブックセンター本店内・青山ブックスクール受付にて承ります。
受付時間:平日13時~20時、土日祝休

メールに下記の内容をご記入の上、青山ブックスクールまでお送りください。

件名 「鳥居をくぐり抜けて風」
内容 「お名前(よみがな)、お電話番号、メールアドレス、申込者数」の4点
宛先 culture@boc.bookoff.co.jp

メールのご返信は営業時間(平日13時~20時)にて行います。営業時間外のメールへのご返信は翌営業日以降になる場合がございます。予めご了承ください。

お支払い方法

ご予約完了後2週間以内に、銀行振込もしくは店頭での現金支払いをお選び頂き受講料をお支払いください。期日までにご入金のない方は自動的にご予約をキャンセルいたします。

① 銀行振込の場合
三菱東京UFJ銀行 ( 金融機関コード:0005 )
表参道支店 ( 支店番号:133 )
普通預金 0146072
口座名義 ブックオフコーポレーション(株)

② 店頭での現金支払いの場合
青山ブックセンター本店内・青山ブックスクール受付にて承ります。
受付時間:平日13時~20時、土日祝休

概要

日程
2017年2月25日 (土)
時間
18:30開演~160分(予定)
開場18:00 
料金
2,160円(税込) 
定員
110名様 
会場
本店 大教室  

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~20時
土・日・祝休み
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2017年2月25日 (土)

芸術を学ぶ

南方熊楠いよいよ生誕150年

「映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風」上映 +
いとうせいこう × 田村義也トーク「南方熊楠の森の風」

2016年2月にスタートしたシリーズ企画「南方熊楠もうすぐ生誕150年」。
2017年を迎え、いよいよ生誕150年の年に突入です。ということで、タイトルも「もうすぐ」から、「南方熊楠いよいよ生誕150年」に刷新です。

「鎮守の杜の風を撮りたい。
鳥居をくぐり抜けると、空気が変わることに気づきます。
鎮守の杜の植物たちの吐息の匂いです。」

小笠原高志さんのそんな想いから映画『映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風』が生まれました。ニューヨーク育ちの少女が、日本人のおじいちゃんと神社を旅するものがたりです。そんな本作の「キーワード」の1つが南方熊楠です。熊楠は鎮守の杜で、たくさんの粘菌、隠花植物を発見しました。きっと、熊楠も、鎮守の杜にそよぐ風に身を委ね、植物の吐息の匂いに心奪われたに違いありません。

映画の冒頭で、おじいちゃんが語ります。
「目に見えない大切なはたらきをするのが神さまの仕事なら、動物と植物をつなぐはたらきをしている粘菌は、神さまなんじゃないか。熊楠は、鎮守の杜の中にたくさん存在している粘菌という神さまをみつけに森の中に入って行ったんだよ。」

生涯、無我夢中で粘菌を研究した熊楠。
神社合祀令が発令された際には、敬神の念を減殺してしまうことなどを理由にあげ、神社合祀令に対する反対運動を起こしました。熊楠が魅せられて、守ろうとしたものは何だったのでしょうか。鎮守の杜から見えてくる、日本人の思想や精神とはどのようなものでしょうか。きっと、この映画を見ていただくことで、熊楠にそよいだ風を、守りたかった森を感じていただけると思います。


そこで、今回の「南方熊楠 いよいよ生誕150年」では、『映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風』を上映し、熊楠が感じた風をみなさんにも感じていただきたいと思います。上映後には、熊楠のように森を愛するいとうせいこうさんをゲストにお招きし、南方熊楠顕彰会の田村義也さんとともに、本映画を通じて南方熊楠の魅力と、熊楠が愛した鎮守の杜を通じて、言葉や宗教、文化を貫く日本人の根源に迫ります。

さらに、『映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風』のように、南方熊楠から粘菌のように広がりゆく、さまざまな表現や創造力を感じていただける機会になれば幸いです。


タイムスケジュール

はじめに
「映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風」監督、プロデューサーより挨拶

第1部:映画上映  65分
「映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風」

-休憩5分~10分-

第2部:トーク 60分
「南方熊楠の森の風」
いとうせいこうさん、田村義也さん

『映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風』

3月4日よりユジク阿佐ヶ谷にてアンコール上映
その後、日本全国、世界各国で上映予定!
公式サイト:https://saijikifilm.com/

映画『映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風』

あらすじ:ニューヨーク育ちの少女が、日本人の祖父と神社を旅するものがたり。日本の自然や祭りに心奪われていく少女が、四季が変化する中でたくさんの鳥居をくぐり抜けた実感を、英語で語りかけます。

出演:松浦 祐也/堂免 沙樹子/天野 祐貴(闘鶏神社)/水野 晴夫/高原熊野神社氏子のみなさん/尾鷲市のみなさん/お燈祭/新宮市のみなさん/ヤーヤ祭実行委員会/お燈祭実行委員会/八百万の神

ナレーション:エイミー スコット

翻訳:エリック セランド

楽曲制作:馬喰町バンド/青葉市子

制作スタッフ“風組”:脚本・プロデューサー:小笠原 高志/音楽監督&録音:武 徹太郎/撮影補助:平吹 正名/月撮影:柏田洋平/衣装:藤原美有/編集補助:小谷野 五王/宣伝美術:原田光丞/サウンドエンジニア:山本尚弘/撮影・編集・監督:池田将

いとうせいこう

いとうせいこう

1961年東京都生まれ。音楽や舞台、映画などの分野でも活躍。小説に『ノーライフキング』『ワールズ・エンド・ガーデン』『波の上の甲虫』『想像ラジオ』、エッセーに『ボタニカル・ライフ』(講談社エッセイ賞)など。奥泉光らとの共著に『文芸漫談』、みうらじゅんとの共著に『見仏記』もある。

公式WEBサイト:http://www.cubeinc.co.jp/ito/

田村義也

田村義也

たむら・よしや

1966年生まれ。比較文学比較文化専攻。平成6年頃より、和歌山県田辺市の南方熊楠邸蔵書・資料調査に参加、『南方熊楠邸蔵書目録』『同 資料目録』を編纂。現在、南方熊楠顕彰会学術部長として同館所蔵資料の調査および翻刻事業に協力。成城大学非常勤講師。 編訳著書に全訳『南方熊楠英文論考([ネイチャー]誌篇・[ノーツ・アンド・クエリーズ]誌編)』『南方熊楠とアジア』『南方熊楠大事典』等。

南方熊楠顕彰館公式webサイト:http://www.minakata.org/

小笠原高志

小笠原高志

おがさわら・たかし

プロデューサー
1959年、釧路生まれ。早稲田大学卒業後、予備校で小論文を教える傍ら、映画を製作する。近作に「滝を見に行く」(沖田修一監督)。本作の企画・製作・脚本を担当する。「清水哲男の増殖する俳句歳時記」に、四年半執筆した。

池田将

池田将

いけだ・しょう

映画監督
1983年東京生まれ。東京造形大学デザイン学科映画専攻領域卒業後、2008年『亀』で劇場監督デビュー。2013年制作の『Voyage』は山形国際ドキュメンタリー映画祭2013年ラフカット部門、同映画祭2015年日本プログラム部門選出。2016年ユジク阿佐ヶ谷にて『映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風』公開。監督作品『えび』(2005)/『くらげ』(2006)/『亀』(2008、劇場公開作)/『ツチノコに合掌』(2010)/『Voyage』(2013)/『映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風』(2016、劇場公開作)