講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2016年6月18日 (土)
時間
18:00~20:00
開場17:30~ 
料金
1,944円(税込) 
定員
110名様 
会場
本店 大教室  

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~18時
土・日・祝休み
営業時間短縮中
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2016年6月18日 (土)

芸術を学ぶ

シリーズ「美術館とコレクション」番外編
『美術館の舞台裏―魅せる展覧会を作るには』(ちくま新書)刊行記念企画

高橋明也と藤原えりみから学ぶ
美術館の歴史
~ギリシアから現代、そして未来へ~

cover-museumbg

※当日券あります※
当日券ご希望の方は、お時間(開場17:30~、開演18:00~)になりましたら直接会場にお越しください。
当日券は先着順でなくなり次第終了です。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
お問い合わせ:青山ブックスクール 03-5485-5513

シリーズ「美術館とコレクション」では、これまでに太田記念美術館、原美術館、東京国立近代美術館、根津美術館、神奈川県立美術館、青森県立美術館とともに美術館にとってのコレクションの役割をさまざまな角度から考えてきました。今回は三菱一号館美術館館長 高橋明也さんの『美術館の舞台裏』(ちくま新書)の刊行を記念して、「美術館とコレクション」そして「美術品」の歴史を学びます。

いつも何気なく足を運ぶ美術館。展示されている作品の時代背景や、作家の人生が気になる方は多いはず。作品の舞裏台を知ると、鑑賞の幅が広がり、より楽しめますよね。では、美術館そのものの歴史についてはどうでしょうか。もちろん、はじめから美術館という概念があったわけではありません。人々が美しいものを集めたいという想いや、国家の権威を手にしたいという欲望など、さまざまな感情や思惑が積み重なって美術館という形を作ってきました。

では、美術館の原点はどこにあるのでしょう。
そして、美術品の「コレクション」はいつ、誰が、何のためにはじめたのでしょう。
そもそも「美術品」、そして「美術」って何でしょう。

どうやら、美術館の起源をどんどん掘り下げていくと、美術の本質までもが見えてきそうです。

今回は、高橋明也さん、聞き手に美術ライターの藤原えりみさんをお迎えし、時代をギリシアまでさかのぼって、美術館とコレクションの歴史を学びながら、高橋さんが美術館に携わられてきた35年の間に実際に経験された美術館の変化、そして今どのような状況にあるのかをお話いただきます。
さらに美術館の原点に今一度帰ることで、現在の美術館の状況を歴史的視点から整理し、先人たちの歩みを辿り、現代、そして未来を担うタフな美術館のあり方を考える機会につなげたいと思います。

※サイン会のお知らせ※
トーク終了後に、ご希望のお客さまに、高橋明也さんよりサインをいただけることが決まりました。
サイン対象は『美術館の舞台裏』(ちくま新書)です。
トークと合わせて、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

シリーズ「美術館とコレクション」について

毎回、日本全国の美術館の所蔵品・コレクションから、さまざまな作品やテーマをピックアップし、それぞれの美術館の学芸員さんにレクチャーいただきます。美術館のコレクションについてお話しいただくことで、美術鑑賞&美術館をさらに楽しむための講座シリーズです。講座の概要、これまでのアーカイブなどは下記のリンクからご確認いただけます。

シリーズ「美術館とコレクション」とは

本シリーズ第6回も募集中!

2006年の開館以来、年間の動員者数は東北で首位を走り続ける青森県立美術館。同館開館準備より携わられている学芸員の工藤健志さんを講師にお迎えし、10年の中で見えてきた地方美術館のあり方を伺います。

青森県立美術館 10周年記念
青森県美のこれまでとこれから:地方と美術館、その個性の顕在化のために

日時:2016年6月4日(土)18:00~20:00
講師:工藤健志

高橋明也

高橋明也

たかはし・あきや

1953年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。国立西洋美術館学芸課長等を経て、現在、三菱一号館美術館館長。専門はフランス近代美術。2010年にフランス芸術文化勲章シュヴァリエを受賞。主な企画展に「オルセー美術館展」(1996年、1999年、2006~07年)、「ジョルジュ・ド・ラトゥール―光と追憶の変奏曲」(2008年)、「マネとモダン・パリ展」(2010年)など多数。主な著書に『ゴーガン―野生の幻影を追い求めた画家の魂』(六耀社)、『もっと知りたいマネ』(東京美術)、『かわいい印象派』(東京美術)他多数。

藤原えりみ

藤原えりみ

ふじわら・えりみ

美術ジャーナリスト
東京芸術大学大学院美術研究科修了(専攻/美学)。女子美術大学・國學院大学非常勤講師。 著書『西洋絵画のひみつ』(朝日出版社)。共著に『西洋美術館』『週刊美術館』(小学館)、『現代アート事典』『ヌードの美術史』(美術出版社)、『現代アートがわかる本』(洋泉社)、『チームラボって、何者?』(マガジンハウス)。訳書に、C・グルー『都市空間の芸術』(鹿島出版会)、M・ケンプ『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(大月書店)、C・フリーランド『でも、これがアートなの?』(ブリュッケ)など。

書籍情報

『美術館の舞台裏  ── 魅せる展覧会を作るには』書影

『美術館の舞台裏  ── 魅せる展覧会を作るには』

ちくま新書
780円+税