講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2016年8月6日 (土)
時間
18:00〜20:00/開場17:30~ 
料金
2,700円(税込) 
定員
45名様 
会場
本店内 小教室  

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~18時
土・日・祝休み
営業時間短縮中
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2016年8月6日 (土)

芸術を学ぶ

シリーズ美術館とコレクション 第7回

「国立西洋美術館のコレクション史
―松方コレクションから国立西洋美術館の誕生、
そして現在にいたるまで」

p1-seiyo-abc

シリーズ「美術館とコレクション」の第7回目は国立西洋美術館について、松方コレクションから同館創立・開館、そして現代にいたるまで、コレクション形成を軸に学びます。講師は同館 主任研究員で、近年では「ラファエロ」展や「グエルチーノ」展「非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品」展などを担当された渡辺晋輔さんです。

日本で唯一、西洋美術を専門とする国立美術館 国立西洋美術館は、川崎造船所の初代社長である松方幸次郎氏(1865‐1950)がヨーロッパで収集した美術品のコレクションを土台に1959年6月に開館しました。これこそが言わずと知れた「松方コレクション」です。

松方氏はいづれ自身で美術館を設立し、「日本の若い画家たちにも本物の西洋美術を見せたい」という夢を抱き、絵画、彫刻、家具、宝石にいたるまで、1万点にも及ぶ作品を収集しました。では、氏の夢の実現が国立西洋美術館なのか?氏のコレクションがそっくりそのまま同館所蔵されているか?というと、どうやら違うようです。松方が生きた時代はまさに第1次世界大戦に経済恐慌、そして第2次世界大戦へと向かう激動期で、彼のコレクションもまた数奇な運命をたどることになったようです。

p2-seiyo-abc

今回は、今もなお多くの謎をはらむ「松方コレクション」に迫るとともに、同館がいかにそれを引き継ぎ、創立・開館にいたったのか、さらに、その後どのようにコレクションを形成し、現在の国立西洋美術館になっていったのか、国立西洋美術館の全貌を学びます。

ラファエロのようなビッグネームの展覧会を担当しながらも、まだまだ日本では周知されていないグエルチーノ、さらには、小説家の平野さんとのコラボ展の開催など、さまざまな視点から西洋美術を楽しむ場を仕掛ける渡辺さん。そんな渡辺さんに企画展や常設展への想いもお話いただくことで、国立で唯一の西洋美術専門の美術館としての役割や使命を考えるきっかけにしたいと思います。

ぜひ、渡辺さんのお話を聞いて、国立西洋美術館をまるごと楽しんでください!

渡辺さんからのメッセージ
世界遺産への登録勧告を受けて最近とみに建物(本館)への注目が高まっている国立西洋美術館ですが、多くの方にとっては単に展覧会を見に来るだけの場だったかもしれません。しかし美術館の活動の核はコレクションです。事実当館は、松方コレクションはもとより、開館以降地道に形成してきたコレクションを誇っており、世界的に見てもまったく遜色のない存在です。それがいかに出来上がったのかを振り返りつつ、現在私たちがどのようなコレクション形成を目指し活動しているのかをご紹介します。また、現実に当館が抱えている問題とからめて、コレクション活用の可能性についてもお話しできたらと思います。

シリーズ「美術館とコレクション」について
毎回、日本全国の美術館の所蔵品・コレクションから、さまざまな作品やテーマをピックアップし、それぞれの美術館の学芸員さんにレクチャーいただきます。美術館のコレクションについてお話しいただくことで、美術鑑賞&美術館をさらに楽しむための講座シリーズです。講座の概要、これまでのアーカイブなどは下記のリンクからご確認いただけます。
シリーズ「美術館とコレクション」とは

国立西洋美術館について

「国立西洋美術館」外観

所在地  東京都台東区上野公園7-7
開館時間 9:30~17:30、冬期~17:00、金曜日は20:00まで
     ※入館は閉館の30分前まで
休館日  月曜日(休日の場合は翌火曜日)年末年始
URL   www.nmwa.go.jp

国立西洋美術館は収集や普及の対象を西洋美術に特化した美術館です。1959(昭和34)年の開館当初からある本館に加え、1979年には新館が、1997年には企画・特別展専用の展示室を持つ企画館が建造されました。本館はつい先ごろ、世界遺産勧告を受けています。行政組織としては、5つの国立美術館からなる独立行政法人国立美術館のひとつです。

館の収蔵品の土台をなしているのは、戦後しばらく経ってフランス政府から寄贈返還された松方コレクションです。開館したときは「松方コレクションの美術館」という位置づけで、ほぼすべてがフランス美術の作品でしたが、その後地道な購入を続けた結果、現在では中世末期から20世紀半ば頃までの西洋美術を概観できる美術館へと成長しました。

コレクションの展示とともに力を注いでいるのが、展覧会の開催です。通常は年3回の大規模な企画展を開催し、西洋美術の紹介に力に努めています。観客動員数の大きなものから、知られていない作家や作品を紹介する学術的な性格の強いものまで、これまで多様な展覧会を企画してきました。収蔵品と展覧会によって、日本における西洋美術の研究・普及の拠点としての活動を続けています。

渡辺 晋輔

渡辺 晋輔

わたなべ しんすけ

国立西洋美術館主任研究員
1972年鎌倉生まれ。東京大学大学院博士後期課程中退。専門はイタリア美術史。これまでに「ウルビーノのヴィーナス展」「カポディモンテ美術館展」「ラファエロ展」「グエルチーノ展」などを担当。 著書に『ジョットとスクロヴェーニ礼拝堂』(小学館)、『西洋版画の見かた』(国立西洋美術館)など。

国立西洋美術館公式サイト:www.nmwa.go.jp