講座申込方法

申込みの前に必ず参加規約をお読み下さい。

申込は終了いたしました。

当日券の発売およびキャンセル待ちは行っておりません。

概要

日程
全12回
2020年2月5日 (水) 〜 
2020年7月15日 (水)
時間
19時から21時
料金
99,000円(税込)
定員
30名
会場
本店内 小教室
※お申し込みおよびお支払いは受付開始時に本ページ右上に表示されます「オンライン受付」からのクレジット決済のみで、先着順となります。また、法人カードは利用機会制限が設定されている場合がございますので、受付開始前にご確認ください。

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~20時
土・日・祝休み
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2020年2月5日 (水) 〜 2020年7月15日 (水)

仕事を学ぶ

若手限定!
超実践的プロフェッショナルPRパーソン養成
嶋浩一郎ゼミ 第9期

このゼミは2011年に始まり、今回で9期目を迎えます。毎年満席。卒業生は240名に上り、PR・広告・メディアの最前線で活躍するPRパーソンを多数輩出してきました。

メイン講師は、日本のPR界を牽引する博報堂ケトルの嶋浩一郎さんです。全プログラムを通し、明日から使える実践的なPRの技術や考え方、ノウハウを学んでいきます。そして、メディア界の最前線で活躍するゲスト講師を多数招聘します。ゲスト講師のレクチャーを通してメディアの文脈や構造を深く理解することができます。さらに、授業後には懇親会が開かれ、ゲスト講師とゼミ生同士の関係づくりもできます。授業では課題も出されます。時に大変さを感じることもあるかもしれませんが、嶋さんがPRパーソンのトレーニングに必要な課題として考え抜いたものばかりです。ぜひチャレンジしてください。

PRを本気で学びたい方のご参加をお待ちしています。

講師からのメッセージ】

PRのプロフェッショナルになるゼミを今年も開講します。

PRパーソンは、メディアをはじめとする様々なステークホルダーを巻き込み世の中に新しい合意形成をつくるコミュニケーションのプロフェッショナルです。このゼミでは現場ですぐに役立つPRの実践的なナレッジと考え方を伝えます。

フィーがとれるPRパーソンになるためにかなりハードルの高い課題も出します。毎回、メディア業界で活躍される方々と実践的な議論する時間もつくります。

あたらしいコミュニケーションをつくろうという気概のある方の参加をお待ちしております。

嶋浩一郎

9期について】

これまでの第1期から第8期は、全6回×各回3時間を公式プログラムとして、土曜日の夜に開催しました。さらに、その年のPRやメディアに関して知っておくべき重要なテーマや最新トレンドをピックアップした、特別授業も2回程度追加し、PRパーソンに必要な知識や考え方、身につけておくべき技術、そして人脈形成ができるようにゼミを運営してきました。第9期では、形式を変更し、平日の夜7時から9時までの2時間制、全12回のプログラムで開催します。半年間の長期プログラムを通し、嶋浩一郎さん・ゲスト講師のみなさん・ゼミ生同士で、PRについて学び、PRパーソンとして重要な関係づくりを経験しながら、仕事で実践していくコミュニティを育てていきます。

【参加資格】

・やる気のあるPRパーソンに限ります。広告業界のプランナーでも統合キャンペーンにおいて本当に効くPR施策を実施したい方の参加は認めます。

【概要】

・日程:2020年2月5日(水)〜2020年7月15日(水) 全12回

・時間:19時-21時
・参加費:99,000円(税込)
・お申し込みおよびお支払方法

受付開始日時 2020年1月13日 (月・祝)13時より受付を開始いたします。

受付開始時に本ページ右上に表示されます「オンライン受付」からのクレジット決済のみで、先着順となります。また、法人カードは利用機会制限が設定されている場合がございますので、受付開始前にご確認ください。
・定員 : 30名(先着順)
・会場:青山ブックセンター本店 小教室

【特記事項】

・授業後は、ゼミ生同士・ゲスト講師陣との関係性を作ることを目的に、懇親会を予定しています。ぜひご参加ください。
・ゼミ期間中の事務局からの連絡は、Facebookグループで行います。
・欠席時のビデオ補講や資料の配布の対応はございません。予めご了承ください。ゼミ生同士でフォローや協力しあってください。
・プログラム終了後は、第1期から第8期までの修了生のコミュニティに参加することができます。
・実施会場に机はありません。椅子のみのシアター形式です。
・回によっては、実施会場の変更の可能性もございます。詳細は講義及びFacebookグループでご連絡します。
・授業は延長する場合がございます。予めご了承ください。

【シラバスとゲストの予定】

開催 テーマ 講師
1 2/5(水) PRとは合意形成
社会記号と戦略PR
嶋浩一郎
2 2/26(水) インサイトとメディア [ゲスト]
田端信太郎
インサイトは見えない欲望 嶋浩一郎
3 3/18(水) ネットニュースとネットの
情報戦略
[ゲスト]
中川淳一郎(ネット編集者)ほか
ネットニュースの構造 嶋浩一郎
4 3/25(水) インフルエンサー活用法 [ゲスト]
三浦崇宏
(The Breakthrough Company GO 代表)
5 4/8(水) リスクマネージメント [ゲスト]
遠藤祐(博報堂PR戦略局)
6 4/22(水) コンテンツの作り方

[ゲスト]
桜川和樹(NAVERまとめ編集長。
LINE MOOKの立ち上げ担当)
コンテンツと文脈 嶋浩一郎
7 5/13(水) 動画の作り方 [ゲスト]
明石ガクト(ワンメディア代表)ほか
8 5/20(水) 雑誌というメディア
文化のつくりかた
[ゲスト]
西田善太(ブルータス編集長)
9 6/3(水) ネットメディアの将来 [ゲスト]
金泉俊輔(NewsPicks執行役員)
秋吉健太(ヤフーライフマガジン編集長)
10 6/17(水) 報道はどうなる? [ゲスト]
古田大輔(ジャーナリスト / メディアコンサルタント)ほか
11 7/1(水) マーケティング思考、広告、
コピー
[ゲスト]
小西利行(POOL 代表)ほか
12 7/15(水) 統合キャンペーンの作り方 [ゲスト]
木村健太郎(博報堂・博報堂ケトル)

 

シラバスPDF版のダウンロードはこちら

プロフィール

嶋浩一郎

嶋浩一郎

しまこういちろう

1968年東京都生まれ。1993年博報堂入社。コーポレート・コミュニケーション局で企業のPR活動に携わる。01年朝日新聞社に出向。スターバックスコーヒーなどで販売された若者向け新聞「SEVEN」編集ディレクター。02年から04年に博報堂刊『広告』編集長を務める。2004年「本屋大賞」立ち上げに参画。現在NPO本屋大賞実行委員会理事。06年既存の手法にとらわれないコミュニケーションを実施する「博報堂ケトル」を設立。カルチャー誌『ケトル』の編集長、エリアニュースサイト「赤坂経済新聞」編集長などメディアコンテンツ制作にも積極的に関わる。2012年東京下北沢に内沼晋太郎との共同事業として本屋B&Bを開業。編著書に『CHILDLENS』(リトルモア)、『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』(ディスカヴァー21)、『企画力』(翔泳社)、『このツイートは覚えておかなくちゃ。』(講談社)、『人が動く ものが売れる編集術 ブランド「メディア」のつくり方』(誠文堂新光社)がある。