青山ブックセンターTwitter アカウント

101jav.com

講座申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年7月21日(月)

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 10時~20時
土・日・祝休み
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2014年7月21日(月)

ABCでabcを語ろう! TypeTalks 第23回

石に彫られた文字から書体デザインを学ぼうー本場イギリスのレターカッティング事情2

typetalks23-1

typetalks23-2


出演:ゴードン恵美
モデレーター:髙岡昌生
主催:小林章 × 髙岡昌生 × TypeTalks事務局
協力:『TYPOGRAPHY』編集部
開催:2014年7月21日(月) 18:00-20:00

*第24回は2014年9月を予定。ほぼ隔月開催を予定しています。

石に手彫りで字を彫るレターカッティングは、墓石や番地表示など、現在でもヨーロッパ各地で見られる伝統工芸。なかでもイギリスでは、エドワード・ジョンストン、エリック・ギル、デビッド・キンダースレーらによってその技術が代々受け継がれてきました。

今回のTypeTalksでは、キンダースレーの石彫工房で修行をしたのち独立し、イギリスでレターカッティングの仕事を続けているゴードン恵美さんをお迎えし、先頃イギリスで開催されたレターカッティングの展覧会「MASTERS & APPRENTICES ― THE TRANSFER OF PASSION」の様子をお話いただきます。イギリスのアーツ&クラフト運動の流れをくむエリック・ギルが始めたレターカッティングのワークショップ徒弟制に焦点を合わせ、ギルの著名な弟子たち(デビッド・キンダースレー、ラルフ・バイヤーなど)、そしてそれに続く次世代の主要作品を年代別に展示した展覧会のスライドをもとに、作品の見所を解説。師匠から伝えられたレターカッティングの思想と技術をもとに、弟子たちがそれぞれ個性ある作品を制作している様子や、ギルに多大な影響を与えたエドワード・ジョンストンの文字を学ぶ姿勢にもふれる予定です。
ゴードン恵美さんのお話を聞きながら歴史的な文字を見ることで、デザイナーに役立つ書体デザインの知識や考え方を学ぶことを目的としています。

トーク後半には、ゴードン恵美さんが石板に文字を彫る実演を行います。本場のストーンカッティングを間近で見学できる貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。

トーク中のスライドの撮影、音声の録音、TwitterなどのSNSやブログなどで内容について詳細に掲載されることはご遠慮ください。

懇親会のお知らせ

TypeTalks終了後、懇親会を開催いたします。参加は自由です。イベント終了後に近くのお店に移動します。飲食代は各自実費負担となります。
参加人数を把握するため、懇親会ご参加ご希望の方は下記まで事前お申し込みをお願いいたします。

宛先:culture@boc.bookoff.co.jp
件名:TypeTalks23 懇親会参加希望
   お名前と参加人数をご記入ください。

講師紹介

gordonemi-portraito

ゴードン恵美

1995年から日本でカリグラフィーを習い始める。1997年の秋に渡英。翌年University of Surry Roehampton (現、Roehampton University)でBA Calligraphyのコースに入学する。2001年、BA Calligraphy卒業。翌年ケンブリッジにあるCardozo Kindersley Workshop に弟子入りする。3年間の徒弟制を終了後、2006年長女を出産のため退職。現在はフリーランスでレターカッティングの仕事を続けている。

詳細・申込方法
日時 2014年7月21日(月) 18:00-20:00
会場 本店・小教室
定員 45名様
参加費 2,592円