講座申込方法

講座は終了いたしました。

概要

日程
2017年11月23日 (木)
時間
14:00~16:00
料金
1,944円(税込)
定員
110名
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックスクール

電話
03-5485-5513
メール
culture@boc.bookoff.co.jp
営業時間
平日 13時~20時
土・日・祝休み
住所
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
アクセス情報

2017年11月23日 (木)

仕事を学ぶ

ABCでabcを語ろう! TypeTalks 第41回

『Typography12』刊行記念 「藤田重信さんに聞く筑紫書体のこれまでとこれから」

Typography12』の刊行を記念して、同誌特集記事で紹介している筑紫書体についてのトークイベントを開催します。筑紫書体のデザインを担当されている藤田重信さんをお招きして、今までに発表された書体と現在制作中の書体についてお聞きします。 

2004年に筑紫明朝がリリースされてから約50種類ものバリエーションが制作され、現在も拡張し続けている筑紫書体シリーズ。今までに制作された筑紫書体を振り返りながら、今夏に発表され大きな反響のあった筑紫Q明朝や現在制作中の書体なども見せていただく予定です。

 筑紫書体の魅力である、美しい字形と伸びやかな線がどのようにつくられているのか、藤田さんに思う存分語っていただきます。実際にフォントを制作しているところを会場で再現していただき、ひらがなの美しい曲線が生み出される様子をご覧いただけます(フォント作成のデモンストレーションあり)。

 TypeTalksは、会場の皆様から質問をいただきながら進行する双方向のトークイベントですので、素朴な疑問やディープな質問も大歓迎です。この機会にぜひ気になる質問や「こんな書体がほしい」というリクエストをしてみてください。藤田さんと直接交流できる貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。

 

[事前質問募集]

藤田さんに聞いてみたい質問、つくってほしい書体がある方は、

お申し込み時に以下の宛先へメールでお送りください。(11月16日締切)

質問メールの宛先 : typography_magazine@graphicsha.co.jp

件名 :Talks41質問

 

TypeTalksについて

「TypeTalks」はゲストが一方的に教えるセミナーではなく、会場の参加者と交流しながら楽しく進めるトークイベントです。ゲストと参加者の活発な意見交換を目的としているので、時には話が横道にそれることも(そのように回り道に見えるのが、じつはタイポグラフィの近道なんです)。タイポグラフィに関心のある方ならどなたでも参加でき、ゲストと参加者が気軽に話せる会として2010年11月から青山ブックセンター本店で隔月開催されています(企画は、タイプディレクターの小林章、欧文活字組版の髙岡昌生、担当編集者の宮後優子が行い、青山ブックスクールで運営をしています)。

過去のTypeTalksの内容については、『Typography』のページをご覧ください。

 

(プロフィール)

藤田重信

1957年福岡県生まれ。1975年、写真植字機の写研 文字デザイン部門に入社。1998年、フォントワークスに入社し、筑紫書体ほか数多くの書体デザインを手がける。「筑紫オールド明朝」「筑紫丸ゴシック」で2010東京TDC賞を受賞。筑紫書体シリーズが2017年度グッドデザイン賞を受賞。2016年、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。また 「フォントワークスUDフォント」がIAUDアウォード2016銀賞を受賞。著書に『文字のデザイン・書体のフシギ』。