イベント申込方法

受付は終了いたしました。

当日券の発売およびキャンセル待ちは行っておりません。

概要

日程
2020年2月1日 (土)
時間
18:00〜19:30
開場 17:30〜
料金
1,540円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2020年2月1日 (土)

刊行記念

『2010s』(新潮社) 刊行記念

「2010年代のポップ・カルチャーに何が起きていたのか?」
宇野維正 × 田中宗一郎 トークイベント

Lady Gaga, Rap Music, Spotify, Netflix, Marvel, Game of Thrones…世界を一変させた、2010年代のポップ・カルチャー。音楽から映像作品、メディアまで、その進化と変容を見続けてきた2人が「黄金の10年」について語り尽くした書籍『2010s』。
誰がインディロックを殺したのか? ラップミュージックはいかに世界を制覇した? ストリーミング・サービスがもたらした革命とは? マーベル映画が映した現代社会の姿とは? そして日本は、なぜ――。
「2010年代のポップ・カルチャー」を中心に、キーとなる作品や時代精神、そして、いよいよ幕が開く2020年代の展望までを縦横無尽に語ります。

終了後、両氏によるサイン会も開催いたします。

プロフィール

準備中

宇野維正

うの・これまさ

1970年、東京都生まれ。映画・音楽ジャーナリスト。音楽誌、映画誌、サッカー誌の編集部を経て、2008年に独立。著書に『1998年の宇多田ヒカル』(新潮新書)、『くるりのこと』(くるりとの共著、新潮文庫)、『小沢健二の帰還』(岩波書店)、『日本代表とMr.Children』(レジ―との共著、ソル・メディア)がある。

準備中

田中宗一郎

たなか・そういちろう

1963年、大阪市生まれ。編集者、DJ、音楽評論家。広告代理店勤務、音楽誌編集を経て、96年から雑誌「スヌーザー」を創刊準備、15年間編集長を務める。現在は、合同会社ザ・サイン・ファクトリーのクリエイティブ・ディレクターとして、記事コンテンツ、音声コンテンツをいくつものメディアで制作。

書籍情報

『2010s』

『2010s』

宇野維正・田中宗一郎/著
1,700円+税

世界を制覇したRap Music、社会を映す鏡としてのMarvel映画、Spotify & Netflixの革命……政治や社会情勢とも呼応しながら、遥かな高みへと到達した2010年代のポップ・カルチャー。その進化と変容、時代精神について徹底討論。日本の文化受容に警鐘を鳴らし、来る2020年代を展望する、過激で濃厚なポップ・カルチャー論。