イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2020年2月23日 (日)
時間
18:00~19:30
開場 17:30~
料金
1650円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2020年2月23日 (日)

刊行記念

2010年代のSFを語る

飛浩隆 × 小川一水 × 大森望 × 日下三蔵
トークイベント 司会:塩澤快浩 (早川書房)


2010年代、SFはまさに飛躍の時代を迎えました。国内ではベテラン作家がジャンルを牽引し、ハヤカワSFコンテストや創元SF短編賞出身者らに代表される新鋭たちの活躍が目立ちました。海外では〈新☆ハヤカワ・SF・シリーズ〉が海外の傑作群を紹介し、ケン・リュウと、彼が紹介する中国SFの世界、そして劉慈欣の存在が一層光を放っています。2010年代という時代に、SFは何を描いたのか。そして、2020年代のSFはどこへ向かうのか。

2010年代という時代をそれぞれの超大作に捧げた『零號琴』の飛浩隆氏、《天冥の標》の小川一水氏、そして長きにわたり《年刊日本SF傑作選》を編集してきた大森望氏と日下三蔵氏をお招きして、2010年代のSFについて語っていただきます。

トークイベント終了後、サイン会を予定しております。サイン対象本は以下のとおりです。

・飛浩隆『零號琴』(早川書房)
・小川一水『天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれPART1~3』(ハヤカワ文庫JA)
・大森望『21世紀SF1000 PART2』(ハヤカワ文庫JA)
・大森望・日下三蔵編『おうむの夢と操り人形 年刊日本SF傑作選』(創元SF文庫)
・大森望・伴名練編『2010年代SF傑作選1・2』(ハヤカワ文庫JA)
・日下三蔵編『日本SF傑作選1~6』(ハヤカワ文庫JA)
※サインは作家1人につき1冊までとさせていただきます。

2月20日追記「2010年代のSFを語る」トーク&サイン会に関する重要なお知らせ

登壇予定でした飛浩隆さんですが、この度ご都合により、残念ながら当日会場にいらっしゃることが難しくなってしまいました。
楽しみにされていたお客様には、ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
飛さんは当日スカイプでの参加を予定しております。

また、そんな飛さんから素敵なプレゼントのお知らせです。
当日イベントに参加されるお客様限定で、飛さんの直筆サイン入り「書下ろしショートショート」をプレゼントいたします。

【ご来場の皆様へお願いとご注意】
新型ウィルスの発生に伴い、イベントにご来場のみなさまへ、感染拡大予防の趣旨をご理解いただき、下記ご協力のほどお願い致します。

●万が一、発熱・咳・全身痛などの症状がある場合は、ご来場の前に必ず医療機関にご連絡の上、指定された医療機関を受診されますようお願い致します。
●咳エチケットをお守りください。
●咳・くしゃみなどの症状がある方は必ずマスクを着用ください。
●当日体調にご不安のある方はくれぐれもご無理なさらぬようお願い致します。

 

プロフィール

飛浩隆

飛浩隆

とび・ひろたか

1960年、島根県生まれ。島根大学卒。作家。1981年、「ポリフォニック・イリュージョン」で第1回三省堂SFストーリーコンテストにて入選、「SFマガジン」に掲載されてデビュー。以後、「象られた力」ほかの中短篇を同誌に発表するが、1992年の「デュオ」を最後に沈黙。2002年、10年ぶりの著書にして初の長篇である『グラン・ヴァカンス 廃園の天使Ⅰ』で、見事な復活を飾った。2005年、初期作品集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。2007年、連作集『ラギッド・ガール 廃園の天使Ⅱ』(以上、ハヤカワ文庫JA)で第6回Sense of Gender賞大賞を受賞。2017年、作品集『自生の夢』で第38回日本SF大賞を受賞。ほかの著作に、最新長篇『零號琴』(早川書房)、初期短篇と批評を集成した『ポリフォニック・イリュージョン』がある。

小川一水

小川一水

おがわ・いっすい

1975年、岐阜県生まれ。作家。1996年、『まずは一報ポプラパレスより』で長篇デビュー(河出智紀名義)。2003年発表の月面開発SF『第六大陸』が第35回星雲賞日本長編部門を受賞して以降、骨太な本格SFの書き手として活躍を続けている。また、2005年の短篇集『老ヴォールの惑星』で「ベストSF2005」国内篇第1位を獲得、収録作の「漂った男」で第37回星雲賞日本短編部門を受賞した。他の作品に、『群青神殿』『ハイウイング・ストロール』『復活の地』『時砂の王』『アリスマ王の愛した魔物』など。2019年、執筆に10年を費やした大作《天冥の標》(以上、ハヤカワ文庫JA)が全10巻17冊で完結し、大きな話題を呼んだ。ホームページは小川遊水地。

大森望

大森望

おおもり・のぞみ

1961年、高知県生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家・書評家、SFアンソロジスト。訳書に、ウィリス『クロストーク』、劉慈欣『三体』(共訳)、チャン『息吹』(以上、早川書房)、ベイリー『時間衝突』他。著書に、『21世紀SF1000』『同 PART2』(ハヤカワ文庫JA)、『特盛!SF翻訳講座』、『狂乱西葛西日記20世紀remix』、《文学賞メッタ斬り!》(豊﨑由美と共著)、『ライトノベル☆めった斬り!』(三村美衣と共著)他。編著に、《NOVA》、《不思議の扉》、『ゼロ年代日本SFベスト集成』、『時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ』(ハヤカワ文庫SF)、『2010年代SF傑作選』1・2(伴名練と共編/ハヤカワ文庫JA)。

日下三蔵

日下三蔵

くさか・さんぞう

1968年、神奈川県生まれ。専修大学文学部卒業後、出版芸術社勤務を経て、フリー編集者、アンソロジスト、書評家、ミステリ・SF研究家へ。《日本SF傑作選》(ハヤカワ文庫JA)など、SF、ミステリ作品の「復刻」を軸とした編集に定評がある。2005年、『天城一の密室犯罪学教程』で第5回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を受賞。著書『日本SF全集・総解説』(早川書房)『ミステリ交差点』のほか、編著『筒井康隆、自作を語る』(早川書房)、《年刊日本SF傑作選》(大森望との共編)、《日本SF全集》、《山田風太郎奇想コレクション》、《江戸川乱歩全短編》、『皆川博子作品精華 伝奇時代小説編』、《怪奇探偵小説名作選》、《日影丈吉全集》、《仁木悦子少年小説コレクション》、《都筑道夫少年小説コレクション》など多数。