イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2020年2月23日 (日)
時間
18:00~19:30
開場 17:30~
料金
1650円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2020年2月23日 (日)

刊行記念

2010年代のSFを語る

飛浩隆 × 小川一水 × 大森望 × 日下三蔵
トークイベント 司会:塩澤快浩 (早川書房)


2010年代、SFはまさに飛躍の時代を迎えました。国内ではベテラン作家がジャンルを牽引し、ハヤカワSFコンテストや創元SF短編賞出身者らに代表される新鋭たちの活躍が目立ちました。海外では〈新☆ハヤカワ・SF・シリーズ〉が海外の傑作群を紹介し、ケン・リュウと、彼が紹介する中国SFの世界、そして劉慈欣の存在が一層光を放っています。2010年代という時代に、SFは何を描いたのか。そして、2020年代のSFはどこへ向かうのか。

2010年代という時代をそれぞれの超大作に捧げた『零號琴』の飛浩隆氏、《天冥の標》の小川一水氏、そして長きにわたり《年刊日本SF傑作選》を編集してきた大森望氏と日下三蔵氏をお招きして、2010年代のSFについて語っていただきます。

トークイベント終了後、サイン会を予定しております。サイン対象本は以下のとおりです。

・飛浩隆『零號琴』(早川書房)
・小川一水『天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれPART1~3』(ハヤカワ文庫JA)
・大森望『21世紀SF1000 PART2』(ハヤカワ文庫JA)
・大森望・日下三蔵編『おうむの夢と操り人形 年刊日本SF傑作選』(創元SF文庫)
・大森望・伴名練編『2010年代SF傑作選1・2』(ハヤカワ文庫JA)
・日下三蔵編『日本SF傑作選1~6』(ハヤカワ文庫JA)
※サインは作家1人につき1冊までとさせていただきます。

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の30分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
*「手洗い」や「マスクの着用」などの感染症対策にご協力をお願いいたします。

プロフィール

飛浩隆

飛浩隆

とび・ひろたか

1960年、島根県生まれ。島根大学卒。作家。1981年、「ポリフォニック・イリュージョン」で第1回三省堂SFストーリーコンテストにて入選、「SFマガジン」に掲載されてデビュー。以後、「象られた力」ほかの中短篇を同誌に発表するが、1992年の「デュオ」を最後に沈黙。2002年、10年ぶりの著書にして初の長篇である『グラン・ヴァカンス 廃園の天使Ⅰ』で、見事な復活を飾った。2005年、初期作品集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。2007年、連作集『ラギッド・ガール 廃園の天使Ⅱ』(以上、ハヤカワ文庫JA)で第6回Sense of Gender賞大賞を受賞。2017年、作品集『自生の夢』で第38回日本SF大賞を受賞。ほかの著作に、最新長篇『零號琴』(早川書房)、初期短篇と批評を集成した『ポリフォニック・イリュージョン』がある。

小川一水

小川一水

おがわ・いっすい

1975年、岐阜県生まれ。作家。1996年、『まずは一報ポプラパレスより』で長篇デビュー(河出智紀名義)。2003年発表の月面開発SF『第六大陸』が第35回星雲賞日本長編部門を受賞して以降、骨太な本格SFの書き手として活躍を続けている。また、2005年の短篇集『老ヴォールの惑星』で「ベストSF2005」国内篇第1位を獲得、収録作の「漂った男」で第37回星雲賞日本短編部門を受賞した。他の作品に、『群青神殿』『ハイウイング・ストロール』『復活の地』『時砂の王』『アリスマ王の愛した魔物』など。2019年、執筆に10年を費やした大作《天冥の標》(以上、ハヤカワ文庫JA)が全10巻17冊で完結し、大きな話題を呼んだ。ホームページは小川遊水地。

大森望

大森望

おおもり・のぞみ

1961年、高知県生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家・書評家、SFアンソロジスト。訳書に、ウィリス『クロストーク』、劉慈欣『三体』(共訳)、チャン『息吹』(以上、早川書房)、ベイリー『時間衝突』他。著書に、『21世紀SF1000』『同 PART2』(ハヤカワ文庫JA)、『特盛!SF翻訳講座』、『狂乱西葛西日記20世紀remix』、《文学賞メッタ斬り!》(豊﨑由美と共著)、『ライトノベル☆めった斬り!』(三村美衣と共著)他。編著に、《NOVA》、《不思議の扉》、『ゼロ年代日本SFベスト集成』、『時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ』(ハヤカワ文庫SF)、『2010年代SF傑作選』1・2(伴名練と共編/ハヤカワ文庫JA)。

日下三蔵

日下三蔵

くさか・さんぞう

1968年、神奈川県生まれ。専修大学文学部卒業後、出版芸術社勤務を経て、フリー編集者、アンソロジスト、書評家、ミステリ・SF研究家へ。《日本SF傑作選》(ハヤカワ文庫JA)など、SF、ミステリ作品の「復刻」を軸とした編集に定評がある。2005年、『天城一の密室犯罪学教程』で第5回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を受賞。著書『日本SF全集・総解説』(早川書房)『ミステリ交差点』のほか、編著『筒井康隆、自作を語る』(早川書房)、《年刊日本SF傑作選》(大森望との共編)、《日本SF全集》、《山田風太郎奇想コレクション》、《江戸川乱歩全短編》、『皆川博子作品精華 伝奇時代小説編』、《怪奇探偵小説名作選》、《日影丈吉全集》、《仁木悦子少年小説コレクション》、《都筑道夫少年小説コレクション》など多数。