イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

概要

日程
2020年12月4日 (金)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,540円(税込)
定員
60名様
会場
本店 大教室

2020年12月4日 (金)

刊行記念

イラスト詩集『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』(ビーナイス) 刊行記念

安達茉莉子 × 小張隆(ひるねこBOOKS)
トーク&朗読イベント

これまでに、セルフパブリッシングレーベル”MARIOBOOKS”でリトルプレスやZINEなどを自主制作し活躍してきた安達茉莉子さんの、商業出版による初のイラスト詩集『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』(ビーナイス)が2020年11月に刊行になります。小さな光が生まれる愛おしさ、その確かな温もり、オールカラーの絵とともに、心に静かに寄り添ってくれるような作品です。
今回は、2017年には本作と同名の個展を開催している、谷中ひるねこBOOKSの店主・小張隆さんをお招きし、安達さんの言葉や絵が、それに触れた方の心に響く、深く届く、その魅力を語っていただきます。小張さんは2016年夏に安達さんと出会って以来、詩集や作品を届け続けられています。
また、イベントの中で、安達さんご自身による、本作の朗読も行われます。安達さんの言葉と絵の魅力に触れることができる、またとない機会です。
どうぞご期待ください。

終了後、安達茉莉子さんのサイン会も開催いたします。

安達さんへ聞きたいことや話してほしいことがございましたらこちらよりお願いいたします。

※大事なお知らせ:手洗い・うがい、自宅を出る前に体温測定のご協力を必ずお願いいたします。熱がある場合、体調に異変を感じる場合は参加をお控えください。返金いたしますので、その旨をお伝えください。またマスクの着用を必須といたします。マスクを着用されていない場合、会場に入れませんので、ご注意ください。

プロフィール

安達茉莉子

安達茉莉子

あだち・まりこ

大分県日田市出身。大自然に囲まれながら、本と空想の世界にトリップするインドアな幼少時代を過ごす。政府機関での勤務、篠山の限界集落での生活、イギリスの大学院留学など様々な組織や場所での経験をする中で、人間が人間であるための「言葉」を拠り所として制作を続けてきている。
2015年からは、セルフパブリッシングレーベル”MARIOBOOKS”を開始。
2019年に『何か大切なものをなくして そして立ち上がった頃の人へ』『The Feeling When… 日常の中に生まれてくるある瞬間について』リソグラフ特装版を刊行(制作協力ビーナイス)。書籍の仕事に、『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(タバブックス)挿画、『エトセトラ vol.1』(エトセトラブックス)イラストエッセイなど。

https://mariobooks.com

小張隆

小張隆

こばり・たかし

1984年、東京都生まれ。大学時代に書店、取次会社などでアルバイト。卒業後、児童書出版社に就職し、営業職として8年間勤務。2015年3月に退職後、雑貨店、取次会社勤務を経て、2016年1月、台東区谷中にて本屋「ひるねこBOOKS」をオープン。古書をメインに、新刊書や北欧雑貨も扱う。ギャラリースペースでは作家による展示も積極的に行なわれている。
2018年1月からは「ひるねこBOOKS」レーベルを立ち上げ、出版活動にも乗り出し、やまぐちまりこ『ねこくんとねずみくん』シリーズ、西藤燦『まどろみのにわ』など、これまでに5冊の絵本を刊行している。

ひるねこBOOKS 

書籍情報

イラスト詩集『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』

イラスト詩集『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』

 

著者 安達茉莉子 装幀 竹歳明弘(スタジオビート)
1600円+税

リトルプレスや挿画、イラストエッセイなどで活躍を続ける安達茉莉子の、2017年に谷中ひるねこBOOKSで開催された同名の個展をベースに、新たに描き下ろすイラスト詩集。言葉と絵に祈りを込めて思いを託す、珠玉の一冊が誕生します。

ビーナイス