イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

当日券情報

当日券を販売しております。

参加ご希望の方は開場時間になりましたら直接会場にお越しください。
お問い合わせはお電話で承ります。
ご来場お待ちしております。

オンライン受付

終了

店頭受付

イベント開催店舗の店頭レジにて受付いたします。申込時に代金をお支払い頂きます。

概要

日程
2018年4月23日 (月)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,620円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年4月23日 (月)

刊行記念

『一緒に冒険をする』(弘文堂) 刊行記念

「この世界をゆく船に乗って」
西村佳哲 × 内野加奈子 トークイベント

著書として5年ぶり、『自分の仕事をつくる』から10冊目にあたる西村佳哲さんの新刊『一緒に冒険をする』が出版される。料理家の野村友里さんや、楽天創業副社長で新しい学校を準備中の本城慎之介さん、安曇野のリトリート・穂高養生園の福田俊作さんらと交されたインタビュー集。
その登場人物の一人・内野加奈子さんを高知から招いて、「仕事」と「働き方」の違い、自然の中での人間の役割、この世界をどう生きてゆくか、といった事々をめぐって二人のプレゼンテーションを起点に考えをめぐらせる約一時間半。
内野さんは、コンパスがない時代の伝統的な航海術でハワイから日本へ5ヶ月の旅をした「ホクレア号」のクルーの一人。西村さんは、デザインワークのかたわら働き方研究に先鞭をつけ、いまは徳島県神山町で二拠点居住をおくりながら、これからの暮らしと仕事づくりの実践に取り組んでいる。
二人の話は、わたしたち一人ひとりの人生とどう交差するか。ご期待ください。

終了後、お二人のサイン会や、一般書店で入手しにくい書籍等の販売も行います。

プロフィール

西村佳哲

西村佳哲

にしむら・よしあき

1964年 東京生まれ。プランニング・ディレクター。リビングワールド代表。働き方研究家。武蔵野美術大学卒。大手建設会社を経て、つくる・書く・教える、大きく3つの領域で働く。開発的な仕事の相談を受けることが多い。2014年からは東京と徳島県神山町で二拠点居住を始め、同町の「まちを将来世代につなぐプロジェクト」に参画。『自分の仕事をつくる』(晶文社/ちくま文庫)、『わたしのはたらき』(弘文堂)、『いま、地方で生きるということ』(ミシマ社)、『ひとの居場所をつくる』(筑摩書房)などの著書がある。

内野加奈子

内野加奈子

うちの・かなこ

東京生まれ。海の学校 代表。星や波、風などの動きを手がかりに外洋を渡る伝統的な航海術で、ハワイから日本を目指す5ヶ月の旅(2007年)を実現した「ホクレア号」のクルーの一人。慶應義塾大学総合政策学部卒。ハワイ大学大学院で海洋学と写真を学び、2011年からは高知市の土佐山アカデミーで、学びの場づくりのディレクターをつとめる(現在は理事)。著書に『ホクレア 星が教えてくれる道』(小学館)、絵本『星と海と旅するカヌー』『サンゴの海のひみつ』、紙芝居『雨つぶくんの大冒険』など。

書籍情報

『一緒に冒険をする』

『一緒に冒険をする』

西村佳哲/著
1,800円+税

2015年1月、奈良の図書館に全国から約300人が集まったフォーラム「ひとの居場所をつくるひと」。開催から3年を経て、ついに書籍化。お金を使うか、働くかしないと居場所を得にくいこの世界で、人間の居場所をどうつくり出してゆくか。与えられた枠組みの中で上手に生きるのではなく、それをまわりの人々と一緒につくり直していく。そんな力をもつ約10名と交わされたインタビュー集。

弘文堂