イベント申込方法

受付は終了いたしました。

当日券の発売およびキャンセル待ちは行っておりません。

概要

日程
2017年11月18日 (土)
時間
18:00~19:30
開場 17:00~
料金
書籍代1,0800円(税込) 入場料のみ2,160円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2017年11月18日 (土)

刊行記念

『Advertising is Takuya Onuki Advertising Works 1980-2010』(グラフィック社) 刊行記念

大貫卓也トークイベント

多くのグラフィックデザイナーに影響を与えた『大貫卓也全仕事』(マドラ出版)から25年。今秋いよいよ、その後の仕事までを完全網羅した“大貫卓也全仕事2”『Advertising is』が発売されます。
日清カップヌードル「hungry?」、ペプシマン、Jリーグロゴ、ラフォーレ原宿、愛知万博シンボルマーク、新潮文庫Yonda?、ソフトバンク、資生堂TSUBAKIなど誰もが知る仕事の数々が如何にして生まれたか。その発想と定着までの詳細が「カラー1,504ページ(束幅8センチ)」「5,000点を超える図版」「原稿用紙500枚にも及ぶ本人書き下ろし解説」というボリュームで解き明かされる一冊となっています。
本イベントでは、書籍に収録された主な仕事を辿りつつ、常に時代の3歩先を提示してきた大貫卓也が考える「広告デザインができること」を、同時代そして次世代のデザイナーに向けて語ります。

進行:大城 譲司

*トーク終了後、大貫さんのサイン会を予定しています。
*イベント会場限定! 通常版とは異なるデザインの特別表紙版も販売致します。

※参加方法が複数ございます。お申込みの際、ご注意ください。

プロフィール

準備中

大貫卓也

アートディレクター。1958年東京生まれ。1980年、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。同年、博報堂入社。1993年、博報堂を退社、独立。大貫デザインを設立し、現在に至る。2015年より多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科教授、翌16年より同学科長を務める。
主な仕事に角川書店、豊島園、日清食品、西武百貨店、三楽、ラフォーレ原宿、トヨタ自動車、キリン、キリンビバレッジ、ビクターエンタテインメント、日本ペプシコーラ社、サントリー、新潮社、FMヨコハマ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、日本スポーツ振興(toto)、2005年日本国際博覧会(愛知万博)、都市基盤整備公団、資生堂、ソフトバンク、ソフトバンクモバイル、映画「FLOWERS」ほか。ADCグランプリ、カンヌ国際広告祭グランプリ、ニューヨークADC賞金賞、毎日デザイン賞、日本宣伝山名賞など受賞多数。著書に『大貫卓也全仕事』(マドラ出版/1992)、『大貫卓也(世界のグラフィックデザインシリーズ43)』(ギンザグラフィックギャラリー/2001)、『マイブック』(新潮社/2000年~/企画・デザイン)がある。

準備中

大城譲司

ライター。1968年沖縄県生まれ。『デザインのひきだし』「美術手帖」「月刊MdN」「+DESIGNING」などデザイン関連の媒体を中心に取材・執筆を行う。

書籍情報

『Advertising is  Takuya Onuki Advertising Works 1980-2010』

『Advertising is Takuya Onuki Advertising Works 1980-2010』

著者:大貫卓也
発行元:グラフィック社
定価:本体10,000円+税
仕様:A4並製、オールカラー1,504ページ、函入り

アートディレクター大貫卓也、25年ぶりの作品集。
広告・デザイン業界のみならず、社会に広く影響を与えてきた多くの仕事を5,000点を超える図版と本人による書き下ろしテキストで、その発想から定着まで詳細に解説。
必見のボツ案含む貴重なアイデアスケッチも多数収録しています。
デザイナーのみならず、マーケティング職、商品企画職、企業宣伝部など、課題を解決したいすべてのクリエイターに必携の一冊です。