イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2020年7月21日 (火)
時間
20:00〜21:30
料金
1,320円(税込)
定員
100名
会場
※WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します。

2020年7月21日 (火)

刊行記念

『人工知能のための哲学塾 未来社会篇』刊行記念

三宅陽一郎 × 藤井直敬 × 大山匠トークイベント
「XRの世界で人工知能と人は共存し得るか?」

ゲームAI開発の第一人者である三宅陽一郎さんが語る『人工知能のための哲学塾』シリーズ。第三弾『人工知能のための哲学塾 未来社会篇』では、哲学研究者でありAIエンジニアでもある大山匠さんが共著として参戦。社会科学の知見をベースに、社会や他者との関係から、人工知能の本質、あり方を探求していきます。人工知能にとっての社会や他者をどう捉えるのか、それはそのまま、私たち人間にとっての社会、および他者を巡る旅でもあります。

刊行記念トークイベントとして、著者である三宅陽一郎さん、大山匠さん、そしてトークゲストに藤井直敬さん(株式会社ハコスコ代表取締役)を迎え、XR時代の[社会]と他者、自己の関係、その可能性を語っていただきます。[社会] をどう捉えるのか、認識とは何か、という新たな観点も加わり、知能の本質に迫ります。このエキサイティングな議論をお見逃しなく!!

※WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します。passmarket-master@mail.yahoo.co.jp (配信専用アドレス)より前日と当日にウェビナー登録のURLをお送りします。どちらかで登録をお願いいたします。(URLの共有は禁止いたします。)
※インターネットに接続したパソコンや、タブレット端末、スマートフォンが必要になります。
※スマートフォン、タブレット端末の場合、事前に「Zoom」のアプリダウンロードが必要です。

プロフィール

三宅陽一郎

三宅陽一郎

みやけ よういちろう

ゲームAI開発者。京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院理学研究科物理学修士課程、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。立教大学特任教授、九州大学客員教授、東京大学客員研究員。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会チェア、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。主な著書に『人工知能のための哲学塾』『人工知能のための哲学塾東洋哲学篇』(BNN)、『ゲームAI技術入門』『人工知能の作り方』(技術評論社)、『なぜ人工知能は人と会話ができるのか』(マイナビ出版)など。

藤井直敬

藤井直敬

ふじい なおたか

医学博士・脳科学者、株式会社ハコスコ 代表取締役、一般社団法人 XRコンソーシアム代表理事、デジタルハリウッド大学大学院 教授。
東北大学医学部卒業。同大大学院にて博士号取得。1998年よりマサチューセッツ工科大学(MIT)、 McGovern Institute 研究員。2004年より理化学研究所脳科学総合研究センター所属。2014年株式会社ハコスコを起業。主要研究テーマは、適応知性および社会的脳機能解明。主な著書に、『つながる脳』(NTT出版)『ソーシャルブレインズ入門』(講談社現代新書)『拡張する脳』(新潮社)など。

大山匠

大山匠

おおやま たくみ

1990年生まれ。立教大学兼任講師。上智大学大学院哲学研究科博士前期課程卒。哲学(現象学、心の哲学など)を主な専門とし、広くテクノロジーに関する現代的問題を取り上げた授業や講演を担当。また、機械学習エンジニア、コンサルタントとして民間企業を数社経験。

書籍情報

『人工知能のための哲学塾 未来社会篇』

『人工知能のための哲学塾 未来社会篇』

三宅陽一郎、大山匠 著

本体2600円+税

『人工知能のための哲学塾』、『人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇』に続く第三弾! 「(人工)知能とは何か」「人間とは何か」という問いを巡って、西洋哲学から東洋哲学を旅してきた本シリーズ。第三弾となる本書では、よりアクチュアルなテーマ、「これからの社会と人工知能、そして人間の関係」に迫ります。

AI技術を活用したプロダクト/サービスづくりにかかわるエンジニア、デザイナーなど、作り手の方はもちろん、知的好奇心あふれる方におすすめの一冊です(前二作を読んでない方でも楽しめる内容になっています)。