イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2019年11月24日 (日)
時間
14:30~16:30
開場 14:00~
料金
1,550円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年11月24日 (日)

刊行記念

「BOOKMARK」15号刊行記念

古屋美登里 × 岸本佐知子 × 金原瑞人 × 三辺律子 トークイベント

刊行5年目を迎えるフリーペーパーBOOKMARK。
「もっと海外文学を!」「翻訳物はおもしろいんだ!」と伝えたくて、さまざまなテーマの特集を組んできました。最新の15号は「be short!」―――短編集の特集です。
今回は、まだまだ日本で紹介される機会の少ないタイ文学『観光』(ラッタウット・ラープチャルーンサップ ハヤカワepi文庫)を訳された古屋美登里さん、そして、発売から一週間で重版になった話題書『掃除婦のための手引き書』(ルシアン・ベルリン 講談社)の訳者岸本佐知子さんをお迎えして、短編の魅力を中心に、海外文学の面白さや翻訳にまつわる秘話などを語っていただこうと思います。司会は金原瑞人、三辺律子がつとめます。どうぞよろしくお願いいたします。

BOOKMARK 紹介ページ
BOOKMARK twitter

プロフィール

古屋美登里

古屋美登里

ふるやみどり

翻訳家、書評家。著書に『雑な読書』『楽な読書』(以上シンコーミュージック )。
フィクションの翻訳に、エドワード・ケアリー「アイアマンガー3部作」(『堆塵館』『穢れの町』『肺都』東京創元社)、L・M・ステッドマン『海を照らす光』(ハヤカワepi文庫)、イーディス・パールマン『双眼鏡からの眺め』(早川書房)など。
ノンフィクションの翻訳に、デイヴィッド・マイケリス『スヌーピーの父 チャールズ・シュルツ伝』、カール・ホフマン『人喰い ロックフェラー失踪事件』、デイヴィッド・フィンケル『帰還兵はなぜ自殺するのか』『兵士は戦場で何を見たのか』、ジャニーン・ディ・ジョヴァンニ『シリアからの叫び』(以上亜紀書房)、ダニエル・タメット『ぼくには数字が風景に見える』(講談社文庫)など多数。

岸本佐知子

Ⓒ講談社

岸本佐知子

きしもとさちこ

翻訳家。主な訳書にリディア・デイヴィス『話の終わり』(作品社)、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』(新潮クレストブックス)、ショーン・タン『セミ』(河出書房新社)。編訳書に『変愛小説集』(講談社)、『居心地の悪い部屋』(河出書房新社)など。著書に『なんらかの事情』(筑摩書房)など。最新訳書にルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』(講談社)がある。

金原瑞人

「写真 根津千尋」

金原瑞人

かねはらみずひと

1954年岡山市生まれ。法政大学教授・翻訳家。訳書は児童書、ヤングアダルト小説、一般書、ノンフィクションなど550点以上。訳書に『不思議を売る男』『青空のむこう』『さよならを待つふたりのために』『国のない男』『月と六ペンス』『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』、『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる ハプワース16、1924年』など。エッセイ集に『サリンジャーにマティーニを教わった』、日本の古典の翻案に『雨月物語』『仮名手本忠臣蔵』など。HPはhttp://www.kanehara.jp/

三辺律子

「写真 鈴木俊介」

三辺律子

さんべりつこ

翻訳家。主な訳書に、『サイモンvs人類平等化計画』(ベッキー・アルバータリ 岩波書店)、『エヴリデイ』(ディヴィッド・レヴィサン 小峰書店)、『オリシャ戦記 血と骨の子』(トミ・アデイェミ 静山社)、『最後のドラゴン』(ガレット・ワイヤー あすなろ書房)、『ロビン・フッドの愉快な冒険』(ハワード・パイル 光文社古典新訳文庫)、『隠された悲鳴』(ユニティ・ダウ 英治出版)。共編著に『翻訳者による海外文学ガイドブック BOOKMARK』。白百合女子大学、フェリス女学院大学講師。