イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2016年6月17日 (金)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~18:00)
受付時間短縮中

2016年6月17日 (金)

刊行記念

『脳がわかれば心がわかるか』(太田出版)刊行記念

「脳と心、科学と哲学」の関わりをめぐる、
超入門から最先端の問いまで。
山本貴光+吉川浩満 トークイベント

cover-brain

しばらく前から、脳科学の成果が広く紹介されるようになり、脳の働きに感嘆することが多くなりました。1,000億ともいわれるニューロン(神経細胞)の集まりである脳が、私たちの心理や行動──知覚、判断、感情、意志、欲望、行動、等々──とどのように関わっているか、だんだんわかってきたからです。

そして、感嘆するだけでなく、自分の一部である脳に自分自身が支配されていると感じられ、不安にかられることもあるのではないでしょうか。「無意識」が広く深く私たちの生を左右しているし、「意識」すらも「私」の思うままにならず、ぴったり重ならないようであるからです。

そんなときときです。こんな言葉に出会うのは。

1 脳の働きが○○なの「だから」、あなたの行動や感情や思考は××になる
2 あなたの××という行動や感情や思考は、「じつは」脳の○○という働きにすぎない

こうした言葉がもつマジックのような誘いに、ついうかうかとついて行きそうになります。でも、ここで立ち止まって考えてみなければなりません。

それが『脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座』のテーマです。
「脳と心、科学と哲学」の関わりをじっくり考える著作。旧版『心脳問題──「脳の世紀」を生き抜く』から12年を経た増補改訂版です。

今回は、著者のお二人に、脳科学と心脳問題(哲学)の関わりをときほぐし、脳科学の魅力や魔術と冷静につきあうための処方箋を語っていただきます。哲学や脳科学の専門知識は不要、超入門から最先端のテーマ(人工知能、シンギュラリティ等々)までをカバーします。

山本貴光

山本貴光

やまもと・たかみつ

1971年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。
コーエーでのゲーム制作を経て、文筆家・ゲーム作家。関心領域は書物、映画、ゲーム、原節子など。著書に『文体の科学』(新潮社)、『コンピュータのひみつ』(朝日出版社)、『問題がモンダイなのだ』(吉川との共著、ちくまプリマー新書)ほか。訳書に『MiND──心の哲学』(吉川との共訳、J・サール著、朝日出版社)ほか。「哲学の劇場」主宰。

吉川浩満

吉川浩満

よしかわ・ひろみつ

1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。
国書刊行会、ヤフーを経て、文筆業。関心領域は哲学、卓球、犬猫鳥、単車など。著書に『理不尽な進化──遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)、『問題がモンダイなのだ』(山本との共著、ちくまプリマー新書)ほか。訳書に『MiND』(山本との共訳、J・サール著、朝日出版社)ほか。「哲学の劇場」主宰。

「哲学の劇場」
1997年開設。哲学 / 科学 / 芸術関連の書評、作家情報などを発信。
www.logico-philosophicus.net

書籍情報

『脳がわかれば心がわかるか』書影

『脳がわかれば心がわかるか』

著者:山本貴光+吉川浩満
2,400円+税
太田出版:www.ohtabooks.com

著書から|増補改訂版に寄せて

「旧版刊行から約10年、じつにたくさんのことがありました。本書のテーマである心脳問題をめぐる状況も大きく動いています。
 たとえば、脳科学における知見の蓄積、神経美学や神経経済学といった新分野の興隆、あるいは脳波によってコンピュータを操作するブレイン゠マシン・インターフェイスのような技術の発展は、旧版で論じた問題をさらに先鋭化させています。これまで技術的な限界もあってウヤムヤのままにしてきた諸問題に、私たちはいよいよ直面しつつあるのです。
 それだけではありません。私たちの無意識のバイアス(認知の偏り)を暴きだす行動経済学の知見や、数度目のブレイクスルーを果たしつつある人工知能研究は、脳科学とは別の角度で、私たちの自己認識と社会のあり方を根底から変えつつあります。いまや心脳問題自体が些細な問題となりつつあるのではないかとすら思えるほどです。
 しかし、それは心脳問題の解決を意味しません。本文で確認するとおり、心脳問題は私たちの心と身体をめぐるもっとも根本的な哲学問題であり、これからも何度でも回帰してくるでしょう。見ぬふりを決め込むのでもなければ、このような厄介な問題に対処する方法は多くありません。ひとついつでも有効な手は、問題そのものの性質や条件を、一度は真正面から考え抜いてみることです。たとえ解決はできなくても、理解することが力になります。諸科学の知識と技術によって人間の定義そのものが揺らぎつつある現在、あらためて何が問題であるかを示す里程標として、この増補改訂版を提示する次第です。」

「増補改訂版へのまえがき」より