イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

イベント開催店舗の店頭レジにて受付いたします。申込時に代金をお支払い頂きます。

概要

日程
2018年11月7日 (水)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年11月7日 (水)

刊行記念

『洞窟壁画を旅して ヒトの絵画の四万年』(論創社) 刊行記念

「洞窟壁画 ヒトはなぜ絵を描くのか?」
布施英利 × 港千尋 トーク&サイン会

美術解剖学の第一人者、美術批評家として活躍し、多くの著作がある布施英利さんは、以前から、ラスコーなどの洞窟壁画に強い関心を持っていました。それは、「人はなぜ絵を描くのか?」の根源だからです。また壁画の中には古代に描かれたとは思えない精緻で美しいものが数多くあり、日本でも近年、奈良などの古墳の壁画が注目を集めてきました。
昨年夏、布施さんは、欧州の洞窟壁画群を訪ねる旅に出ました。そして美術を学ぶ息子を伴い、その対話や感想をツィッター上で公開しました。
本書は、この旅行記と、訪れた日本の壁画なども含めた、これに関する思索が交互に章として登場するという特別な手法をとり、さらにツィッターの投稿もカラー写真とともに掲載しました。
これによって読者は布施さんの旅を追体験しつつ、数多くの洞窟壁画に触れて、現物を見に行きたいと思ったり、また、絵画とは何かを感じ、考えたりするかもしれません。ブックデザインは気鋭のデザイナー、イラストレータの益子悠紀さんで、絵を見る子どもの脳の部分がのぞけるようになっています。
今回は、『洞窟へ――心とイメージのアルケオロジー』(せりか書房)という著作もある写真家、著述家、多摩美術大学教授の港千尋さんに、布施英利さんとの対談をお願いしました。
港さんは写真家としての活動とともに多くの批評、著作を発表し、文明論的視点から、現代に切り込む活動をされています。さらに、国際的な美術展でコミッショナーや芸術監督としても活躍されています。
今回、お二人にはこの「洞窟壁画」を通して、絵画、美術、そしてヒトはなぜ絵を描くのか?という問題に切り込んで、絵画の本質について語っていただきたいと思います。

プロフィール

布施英利

布施英利

ふせ・ひでと

美術批評家・解剖学者。1960年生まれ。東京藝術大学・美術学部卒業。同大学院博士課程修了(美術解剖学専攻)。学術博士。その後、養老孟司教授の下での東京大学医学部助手(解剖学)などを経て、現在に至る。解剖学と美術が交差する美の理論を探究している。著書には、28歳の大学院生のときに出した『脳の中の美術館』を皮切りに、『構図がわかれば絵画がわかる』『遠近法がわかれば絵画がわかる』『色彩がわかれば絵画がわかる』の三部作、『人体 五億年の記憶: 解剖学者・三木成夫の世界』など約50冊、養老孟司との共著『解剖の時間』、TYM344とのコラボ『わかりたい!現代アート』などがある。
本書と同時期に、『藤田嗣治がわかれば絵画がわかる』 (NHK出版新書)、『ヌードがわかれば美術がわかる』(集英社インターナショナル新書)も刊行された。

港千尋

港千尋

みなと・ちひろ

1960年神奈川県生まれ。写真家、著述家。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授。早稲田大学政治経済学部卒業。パリを拠点に写真家として活躍。文明論的テーマを持ち、イメージと政治などをテーマにラディカルな知と創造のスタイルを提示。
2006年〈市民の色〉で伊奈信男賞受賞。2007年、第52回ヴェネチア・ビエンナーレ美術展日本館展示企画コミッショナー。2016年、あいちトリエンナーレ芸術監督。著書『記憶――創造と想起の力』(サントリー学芸賞)、『第三の眼』、『遠心力』、『自然 まだ見ぬ記憶へ』、『洞窟へ――心とイメージのアルケオロジー』、『影絵の戦い』、写真集『瞬間の山』、『文字の母たちLe Voyage Typographique』、『書物の変 グーグルベルグの時代』、『芸術回帰論』、『ヴォイドへの旅 空虚の力の想像力について』など多数。
最新刊『風景論-変貌する地球と日本の記憶』(中央公論新社)。

書籍情報

『洞窟壁画を旅して ヒトの絵画の四万年』

『洞窟壁画を旅して ヒトの絵画の四万年』

布施英利/著
体裁:四六版上製、256頁
本体:2,400円+税
ISBN978-4-8460-1747-7 C0071(美術)
装幀:益子悠紀

【概 要】
東京芸大で美術を専攻し、さらに養老孟司の元で解剖学を学んだ美術解剖学のスペシャリスト、数多くの著作もある布施英利は、以前からラスコーなどの壁画群を見て、絵画の根源を探ろうと考えていた。そして2017年夏、美術を専攻する息子を伴い、洞窟絵画を探る旅に出た。日本の古墳壁画や星野道夫のアラスカの写真などと比較しながら、絵画の本質は何かを考察する。旅の記録とその考察が文体を変えて交互に現れ、人はなぜ絵を描くのか?という問題に迫ろうとする。

【目 次】
第一日 最も古い絵画 ……明日香村・キトラ古墳壁画へ
第1章、夜の語り……旅の準備として「先史時代の洞窟壁画」についての、
第二日 ショーヴェ洞窟壁画への旅 ……人類最古の絵画
第2章、夜の語り……ネアンデルタール人と絵画の起源をめぐる、
第三日 旅の途中 ……中世ロマネスクの村へ
第3章、夜の語り……西洋美術の歴史をめぐる、
第四日 レゼジー村の洞窟壁画への旅 ……本物の洞窟壁画を見る
第4章、夜の語り……写真家・星野道夫のアラスカをめぐる、
第五日 ラスコー洞窟壁画への旅 ……ラスコー二とラスコー四
第5章、夜の語り……狩猟と解体の世界をめぐる、
第六日 パリへ……そして旅の回想
最終章、ヒトの絵画の四万年