イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年8月31日 (日)
時間
18:00~19:30
開場17:30
料金
1,080円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

2014年8月31日 (日)

刊行記念

『還暦からの電脳事始(デジタルことはじめ)』(毎日新聞社)刊行記念

高橋源一郎 × しりあがり寿 トークイベント「ぼくたち、デジタルとアナログを行ったり来たり、だよね」

gallery images

※オンライン予約は締め切りました。ご参加希望のお客様は、当日店頭までお越しください。

小学生の我が子らが、いともやすやすとiPadを使いこなしている姿にたまげ、ワープロ出身・親指シフターの小説家は驚くほどあっさり、その軍門に降った―。遂にパンドラの箱を開けてしまった―ガラ携で充分だったはずの「アラ還」作家が思わずハマるデジタル探訪記。

『還暦からの電脳事始(デジタルことはじめ)』の刊行を記念して、著者である高橋源一郎さんと、本書をはじめ高橋さんの書籍のイラストを数多く手掛けている、イラストレーターのしりあがり寿さんをお招きし、トークイベントを開催します。

iPad、電子書籍、twitter、LINE、ネット選挙・・・・ネットを通して見える日本の未来の姿とは?

お二人がハマっているアイテムとともに、電脳ライフの過ごし方を語っていただきます。

高橋 源一郎

高橋 源一郎

たかはし げんいちろう

作家、文芸評論家、明治学院大学教授。1951年生まれ。 NHKラジオ第一『すっぴん!』金曜パーソナリティ。 著書に『さよならクリストファー・ロビン』(新潮社、谷崎潤一郎賞受賞)、『ぼくらの文章教室』(朝日新聞出版)、『非常時のことば 震災の後で』(朝日新聞出版)、『国民のコトバ』(毎日新聞社)、『銀河鉄道の彼方に』(集英社)など多数。最新刊に『101年目の孤独』(岩波書店)がある。

しりあがり寿

しりあがり寿

しりあがり ことぶき

1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。2014年、春の叙勲で紫綬褒章を受章。
http://www.saruhage.com/