イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2018年6月19日 (火)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年6月19日 (火)

刊行記念

『デザイン知』『日本のグラフィック100年』刊行記念

松岡正剛 × 山形季央 トークイベント

古今東西のあらゆる情報を編集する松岡正剛氏は、デザインを「しるし」と「か
たち」と「しくみ」で読み解く。元資生堂宣伝部クリエイティブディレクターの
山形季央氏は、グラフィックデザインの歴史に刻まれた日本人の知性と感性を鋭
く指摘する。当日は、デザインの本質やデザイナーの思想など、さまざまな角度
から日本のデザイン力を見つめる。

プロフィール

松岡正剛

松岡正剛

まつおか・せいごう

1944年、京都生まれ。オブジェマガジン「遊」編集長、東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授などを経て、現在、編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。情報文化と情報技術をつなぐ研究開発に多数かかわるとともに、編集的世界観にもとづく日本文化研究に従事。おもな著書に『空海の夢』『知の編集工学』『ルナティックス』『フラジャイル』『遊学』『17歳のための世界と日本の見方』『連塾方法日本』『国家と「私」の行方』『にほんとニッポン』ほか多数。2000年に開始したブックナビゲーションサイト「千夜千冊」は2018月5月現在1670夜を突破(https://1000ya.isis.ne.jp)。5月には千夜千冊をあらたに特別に構成・編集した『本から本へ』『デザイン知』刊行。

山形季央

山形季央

やまがた・としお

1953年大阪市生まれ。1976年大阪芸術大学卒。同年資生堂宣伝部入社。グラフィックデザイナー、アートディレクターを経てクリエイティブディレクター。1982~86年パリに駐在。国内外の広告およびグラフィックデザイン、ウインドウディスプレイ、企業文化展のディレクションを行い、同時に、写真集などのブックデザイン、舞踏演劇のグラフィックデザインを手がけた。2011年資生堂退社。現在は、ブランディングデザイン、グラフィックデザインを中心に活動している。東京ADC賞、ADC会員賞、ニューヨークADC金賞ほか受賞。多摩美術大学グラフィックデザイン学科教授。大阪芸術大学デザイン学科客員教授。

書籍情報

『デザイン知』

『デザイン知』

松岡正剛 (著) KADOKAWA
文庫版/400ページ/本体1,280円+税

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。

意匠、建築、デザイン。人間の存在証明そのものともいえる知覚のしくみから有名デザイナーまでを俯瞰する。
1.「かたち」が「いのち」
ヴィレム・フルッサー『デザインの小さな哲学』
ランスロット・ロウ・ホワイト『形の冒険』
ジョージ・ドーチ『デザインの自然』
ルネ・ユイグ『かたちと力』
吉田光邦『文様の博物誌』
ルドルフ・ウィトカウアー『アレゴリーとシンボル』
エルヴィン・パノフスキー『イコノロジー研究』

2.知覚とデザイン
ヤーコプ・フォン・ユクスキュル『生物から見た世界』
パウル・クレー『造形思考』
メルロ=ポンティ『知覚の現象学』
クルト・コフカ『ゲシュタルト心理学』
ヴィクトール・V・ヴァイツゼッカー『ゲシュタルトクライス』
佐々木正人 『アフォーダンス』
ドナルド・A・ノーマン『エモーショナル・デザイン』

3. 技能から表象へ
立岩二郎『てりむくり』
ベルナール・パリシー『ルネサンス博物問答』
貴田庄『レンブラントと和紙』
水尾比呂志『デザイナー誕生』
榧野八束『近代日本のデザイン文化史』』
伊東忠太・藤森照信ほか『伊東忠太動物園』
村松貞次郎『大工道具の歴史』
平田雅哉『大工一代』
原 弘『デザインの世紀』
モホリ=ナギ『絵画・写真・映画』
柏木博『モダンデザイン批判』

4.デザイナーの意表
ブルーノ・ムナーリ『モノからモノが生まれる』
ジャン・バーニー『エットーレ・ソットサス』
杉浦康平『かたち誕生』
堀内誠一『父の時代・私の時代』
石岡瑛子『I DESIGN(私デザイン)』
内田繁『インテリアと日本人』
川崎和男『デザイナーは喧嘩師であれ』
山中俊治『デザインの骨格』
PDの思想委員会・三原昌平編『プロダクトデザインの思想』
鈴木一誌『ページと力』

『日本のグラフィック100年』

『日本のグラフィック100年』

山形季央 (編集・著) パイインターナショナル
B5版/400ページ/本体3,900円+税

グラフィックデザインの名作が詰まった決定版

日本のデザインの黎明期といえる明治・大正時代から、日本人に希望を与えた戦後のグラフィック、高度経済成長期に企業と共に作り上げた日本独自の広告表現。そしてグラフィックの枠を越えて、空間やプロダクトまで総合的にデザインする現代まで、100年の間に起こったグラフィックデザインにおける様々なエポックとその作品を紹介します。

掲載作家:青木克憲/青葉益輝/秋山 晶/秋山 孝/浅井慎平/浅葉克己/天野幾雄/粟津 潔/五十嵐威暢/伊坂芳太良/石岡瑛子/石岡怜子/井上嗣也/居山浩二/植原亮輔/宇野亜喜良/江島 任/榎本了壱/遠藤 享/及川正道/太田和彦/太田徹也/太田雅雄/大貫卓也/大橋 正/大道康夫/岡本滋夫/奥村靫正/小田桐昭/小野田隆雄/葛西 薫/片岡敏郎/勝井三雄/金森周一/上條喬久/亀倉雄策/河北秀也/川口清勝/川原司郎/菊地敦己/菊地信義/鬼澤 邦/北園克衛/木下勝弘/木村裕治/工藤強勝/河野鷹思/小島良平/古平正義/小林良弘/小村雪岱/サイトウマコト/佐倉康彦/佐々木 宏/佐藤可士和/佐藤晃一/佐藤 卓/佐藤雅彦/佐野研二郎/澤田泰廣/沢 令花/澁谷克彦/清水正己/白井敬尚/新村則人/杉浦康平/杉浦俊作/杉浦非水/杉山登志/鈴木一誌/鈴木八朗/副田高行/祖父江慎/高岡一弥/高橋善丸/立花文穂/田中寛志/タナカノリユキ/戸田ツトム/戸田正寿/永井一史/永井一正/永井裕明/中尾良宣/中川憲造/仲條正義/中島祥文/中島信也/中嶋貴久/中島英樹/長嶋りかこ/中塚大輔/長友啓典/仲畑貴志/中村勇吾/中村 誠/中森陽三/中山禮吉/新島 実/野田 凪/長谷川好男/服部一成/花森安治/早川良雄/林 静一/林 規章/原 研哉/原 耕一/原 弘/羽良多平吉/東澤雅晴/日比野克彦/平野敬子/平野甲賀/平林奈緒美/廣村正彰/深澤直人/福島 治/福田繁雄/福田 毅/藤井 保/藤田嗣治/細谷 巖/堀井博次/堀内誠一/松井桂三/松岡正剛/松下 計/松永 真/三木 健/水谷孝次/水野卓史/水野 学/宮田 識/ミントデザインズ/向 秀男/森本千絵/箭内道彦/矢萩喜従郎/山形季央/山城隆一/山田英二/山名文夫/山藤章二/湯村輝彦/横尾忠則/米村 浩/寄藤文平/和田 誠/渡邊かをる/渡邉良重 他