イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年7月30日 (火)
時間
19:00〜20:30
開場 18:30〜
料金
1,500円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年7月30日 (火)

刊行記念

『デザインノートNO.86』 原研哉 特集 刊行記念

「令和時代のデザインって何だ
– Destinationをデザインする」
原研哉 トークイベント

日本経済がかつてのような成長を見込めなくなっている中で、その役割は大きく変わりつつあります。デザインにおける「課題解決」以上に、「問題提起」の重要性が語られるいま、グラフィック領域においても、広告やポスターのデザインとは一線を画す、新たな「問い」や「関係性」を創り出していくような、「視覚化」の能力が求められています。
原研哉氏は、こうした潮流に先駆けて、誰よりも早く、デザインを通じた問題提起を行ってきたデザイナーです。
日本デザインセンターの社是「本質を見極め、可視化する」を体現するように、原氏は従来のグラフィックの枠に捉われず、展覧会のキュレーション、書籍の執筆、後進の育成などを通して、未来の産業の可能性を、デザインが持つ潜在力を、一人ひとりに秘められた才能を、可視化してきました。
今後A I が普及しても、デザインというクリエイションは、最後まで残る仕事だと原氏は言います。(本誌 リード文より)
同イベントでは、原氏のデザインが満載された『デザインノート NO.86』の特集にて伝えきれなかった、令和の時代に求められ、機能するデザインの本質、向かうべき道を語っていただきます。

プロフィール

原 研哉

原 研哉

はら・けんや

1958 年生まれ。グラフィックデザイナー。
日本デザインセンター代表取締役社長。
武蔵野美術大学教授。
世界各地を巡回し、広く影響を与えた「R E – D E S I G N ―日常の21世紀」展をはじめ、「H A P T I C」「S E N S E W A R E」「E x-formation」など既存の価値観を更新するキーワードを擁する展覧会や教育活動を展開。また、長野オリンピックの開・閉会式プログラムや、愛知万博のプロモーションでは、深く日本文化に根ざしたデザインを実践した。
2002 年より無印良品のアートディレクター。活動領域は極めて広いが、透明度を志向する仕事で、松屋銀座、森ビル、蔦屋書店、G I N Z A S I X、M I K I M O T O などのV I を手掛ける。外務省「J A PA N H O U S E」では総合プロデューサーを務めた。2019 年7月にWebサイト「低空飛行」を立ち上げ、個人の視点から、高解像度な日本紹介を始め、観光分野に新たなア
プローチを試みている。
著書『デザインのデザイン』(岩波書店、2003 年)、『D E S I G N I N G D E –
S I G N』(Lars M üller Publishers, 2007)、『白』(中央公論新社、2008
年)、『日本のデザイン』(岩波新書、2011年)、『白百』(中央公論新社、
2018 年)など著書多数。

書籍情報

『デザインノートNO.86』

『デザインノートNO.86』

デザインノート 編集部 編
誠文堂新光社 刊
A4変形判(285×220mm) 128ページ
本体価格 1,600円+税

『デザインノート』ではデザインの思考と表現を完成までのプロセスを追いかけながら、ふんだんなビジュアルを用いてデザインの本質を徹底解説します。
『デザインノート NO.86』原研哉特集
日本を代表するアートディレクター、原研哉氏。1983年に日本デザインセンターに入社以来、30年以上にわたり日本のグラフィック業界を牽引してきた第一人者です。無印良品のアートディレクション、蔦屋書店、GINZA SIXのVI、JAPAN HOUSEの総合プロデュースなど、その活動は多岐にわたり、今もその領域を世界を拠点に広げ続けています。常に社会を広く深い視点から見据え、多角的な視点から物事の本質を見極め、デザインの可能性を追求している原氏は、多くの後輩たちの目標として最前線を走り続けています。
今号のデザインノートでは、原氏が今、どんな活動し、どこに向かっているのかを探るため、密着取材を敢行。また、全仕事を網羅して掲載する特別企画にて展開、原氏の仕事を全方向から見つめてみた。デザインの可能性が満ち溢れた、全てのデザイナーの参考となる必読の一冊です。