イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2013年7月16日(火)
時間
19:00~20:30
開場18:30~
料金
税込1,050円
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

2013年7月16日(火)

『内藤廣+石元泰博 空間との対話』(ADP)刊行記念トークイベント

内藤廣との対話 —— 建築と建築写真をめぐって

空間との対話

『空間との対話』には、石元泰博撮影による内藤廣設計の代表作4件が収録してあります。海の博物館(撮影1992)、安曇野ちひろ美術館(撮影1998)、牧野富太郎記念館(撮影1999)、倫理研究所富士高原研修所(撮影2001)の4作品です。この間の経験を内藤さんは、「石元先生に出会えてよかった。厳しい眼差しに適うよう精進した十年だった」と記しています。

それなら、次世代は内藤さんの営為から何を学びとることができるでしょうか。1921年生まれの石元さんと1950年生まれの内藤さんに対して、聞き手の“若者”たちは1980年前後に誕生しています。このトークは、石元写真を鏡として、内藤さんの空間に対する眼差しを解明する試みなのです。

登壇者:内藤 廣(建築家、『空間との対話』著者)
質問者:川添善行(建築家、東京大学講師)
      木内俊克(建築家)
      宮城良枝(写真家)
      和田英子(鹿島建設)
司会 :森山明子(武蔵野美術大学教授、『空間との対話』編集者)

プロフィール

naito-hiroshi-200

内藤 廣 建築家・東京大学名誉教授

1950年生まれ。1976年早稲田大学大学院修士課程修了。フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所(スペイン・マドリッド)、菊竹清訓建築設計事務所を経て、1981年内藤廣建築設計事務所を設立。2001年から東京大学大学院教授、副学長を歴任後、2011年に退官。

主な建築作品に、海の博物館、安曇野ちひろ美術館、牧野富太郎記念館、倫理研究所富士高原研修所、島根県芸術文化センター、日向市駅、高知駅、虎屋京都店、旭川駅などがある。

書籍内容

『内藤 廣+石元泰博 空間との対話』

著者:内藤 廣
写真:石元泰博
定価:税込8,925円
250mm x 258mm、228頁
モノクロ2色印刷、角背上製本、ジャケット装
発行:ADP http://www.ad-publish.com