イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2017年3月26日 (日)
時間
14:00~15:30
開場 13:30
料金
1,080円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2017年3月26日 (日)

刊行記念

『フクシマ6年後 消されゆく被害~歪められたチェルノブイリ・データ』(人文書院) 刊行記念

「この国は何を隠しているのか」
日野行介 トークイベント

福島県は原発事故の後、健康調査を実施し、甲状腺がんが多数露見していることを認めました。ただしチェルノブイリの知見によれば、甲状腺がんが増えるのは4~5年後とされているものの、日本では多くが3年以内に見つかっており、したがって事故とは無関係だとする論法をとっています。

しかしながら「ロシア政府報告書」などには「4~5年後」という文字は見たらず、「2年目」からすでに増えていることが記されています。
チェルノブイリ・データを都合良く悪用する情報操作の事例は、これに留まりません。この国の為政者は福島原発事故を幕引きにさせるため、何をどのように歪曲してきたのか。6年間、事故を追い続けてきたジャーナリストが報告します。

 

プロフィール

日野行介

日野行介

1975年生まれ。九州大学法学部卒。1999年毎日新聞社入社。大津支局で薬害ヤコブ病訴訟、福井支局敦賀駐在で高速増殖炉もんじゅや原発増設計画を取材。大阪社会部では和歌山県知事汚職事件などを取材した。2012年度から東京社会部に移り、県民健康管理調査の「秘密会」問題や復興庁参事官による「暴言ツイッター」を特報。現在は特別報道グループ記者。著書に『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』、『福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞』(いずれも岩波新書)、『原発棄民フクシマ5年後の真実』(毎日新聞出版)。共著に『原発避難白書』(人文書院)。

書籍情報

『フクシマ6年後
消されゆく被害~歪められたチェルノブイリ・データ』

『フクシマ6年後
消されゆく被害~歪められたチェルノブイリ・データ』

日野行介・尾松亮著
本体1,800円+税
人文書院