イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

イベント開催店舗の店頭レジにて受付いたします。申込時に代金をお支払い頂きます。

概要

日程
2018年7月2日 (月)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年7月2日 (月)

刊行記念

「建築・都市レビュー叢書」第4弾
『フラジャイル・コンセプト』(NTT出版) 刊行記念

「揺れる大地で、ことばを紡ぐこと」
青木淳 × 堀江敏幸 トークイベント

 

建築家・青木淳さんの10年ぶり、3冊目の単著『フラジャイル・コンセプト』が刊行されました。

青木さんは、「原っぱ(=人々が行動することによって楽しさを発見する空間)」と「遊園地(=人々の楽しみ方があらかじめ与えられている空間)」という二つ空間のあり方を提唱され、「原っぱ」のような建築空間をつくることをこれまで試みてこられました。

そんな青木さんは、東日本大震災以降、建築の土台が揺らいでしまったなかで、手さぐりで言葉をひとつひとつ探り当てながら、文章をものされてきました。そうした青木さんの体温を感じられる数々の文章を、この度『フラジャイル・コンセプト』というタイトルのもと編み上げました。

「フラジャイル・コンセプト」とは、モノづくりのはじまりにあるコンセプトというものは、その言葉の強さとはうらはらに、本来あやふやなものであり、試行錯誤のなか、結局、事後的に発見されるものなのでないか、という問題提起を含んだ、青木さんの新たなキーワードであり、若き作り手たちへのメッセージとなる言葉です。

ゲストには、窓について考察した小品集『戸惑う窓』や、東日本大震災を挟んで現在も続く雑誌連載をまとめた『曇天記』を刊行されたばかりの、作家の堀江敏幸さんをお招きします。白か黒か、晴れか雨か、冷たいか熱いか、という二分法をしりぞけ、二つの領域のあわいを言葉にされてきた堀江さんも、フラジャイルな資質の持ち主といえます。

初対談となる、お二人のあいだで、どのような言葉のキャッチボールが行われ、「くうき」が作られていくかを、お楽しみいただければと思います。

                                                       
・「建築・都市レビュー叢書」(NTT出版)
21世紀の建築・都市についての議論を活発化させ、新たなパラダイムに応答する、世代・分野を超えた新しい知の「プラットフォーム」を生み出すことを目指す。通称R本。

プロフィール

青木淳

青木淳

あおき・じゅん

1956年横浜生まれ。82年、東京大学工学部建築学科修士課程修了後、磯崎新アトリエに勤務。91年に青木淳建築計画事務所設立。個人住宅を始め、《青森県立美術館》、《杉並区大宮前体育館》に代表される公共建築、ルイ・ヴィトンの商業施設など、作品は多岐に渡る。99年に日本建築学会作品賞、2004年に芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。 主な著書に『JUN AOKI COMPLETE WORKS』(1・2・3巻)、『原っぱと遊園地』(1・2巻)、『青木淳 ノートブック』、編著に『建築文学傑作選』などがある。

堀江敏幸

Ⓒ Kiyoshi MORI

堀江敏幸

ほりえ・としゆき

1964年岐阜県生れ。1999年『おぱらばん』で三島由紀夫賞、2001年「熊の敷石」で芥川賞、2003年「スタンス・ドット」で川端康成文学賞、2004年同作収録の『雪沼とその周辺』で谷崎潤一郎賞、木山捷平文学賞、2006年『河岸忘日抄』、2010年『正弦曲線』で読売文学賞、2012年『なずな』で伊藤整文学賞、2013年『振り子で言葉を探るように』で毎日書評賞を受賞。近刊に、『坂を見あげて』、『曇天記』、『オールドレンズの神のもとで』がある。

書籍情報

『フラジャイル・コンセプト』

『フラジャイル・コンセプト』

「原っぱ(=人々が行動することによって楽しさを発見する空間)」と「遊園地(=人々の楽しみ方があらかじめ与えられている空間)」という二つの空間のあり方を提唱し、「原っぱ」のような建築をつくることを試みてきた青木淳さん。その青木さんの10年ぶり、3冊目の単著。2011年の東日本大震災以降に紡がれた言葉を中心に集め、青木さんの建築への取り組み方の変化、息遣い、さらに今後の展望が描かれた一冊。逡巡もあり、決意表明もあり、書き下ろしのイラストもあり、また、建築を学ぶ若い方々へのエールもあり、の盛りだくさんの内容。

目次
第1部 表現でないこと
第2部 東日本大震災
第3部 具象と抽象を行き来しながら
第4部 日常の風景
第5部 建築を見ながら、考えたこと――『新建築』二〇一五年月評
第6部 建築をバラバラなモノとコトに向かって開くこと