青山ブックセンターTwitter アカウント

101jav.com

イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年11月23日 (日)
時間
14:00~15:30
開場13:30~
料金
1,080円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

2014年11月23日 (日)

刊行記念

『批判的工学主義の建築
ソーシャル・アーキテクチャをめざして』 (NTT出版)
『現代建築家コンセプト・シリーズ19 藤村龍至
|プロトタイピング──模型とつぶやき』(LIXIL出版) 刊行記念

藤村龍至 × 南後由和 × 勝矢武之 トークイベント

gallery images

※オンライン予約は締め切りました。当日券をご希望の方は、店頭までお越しください。

建築家・藤村龍至さんの思考を集成した『批判的工学主義の建築』(NTT出版)と、10年間の活動をまとめた作品集『プロトタイピング——模型とつぶやき』(LIXIL出版)が発売となりました。

これを記念して、著者である藤村龍至さんと、社会学者・南後由之さん、建築家・勝矢武之さんによるトークイベントを開催します。

「批判的工学主義」の提唱は2007年3月に発行したフリーペーパー『ROUNDABOUT JOURNAL』創刊号での南後由和さんとの巻頭対談がきっかけになっています。ここから上野さん・山本さん、宮台さん・隈さん以来の建築学と社会学の新たな対話が始まりました。

 勝矢武之さんは藤村さんと同じ1976年生まれ。京都大学で竹山聖に師事したあと、日本最大の組織設計事務所である日建設計に入り、法規、慣習、市場、物理的制約に取り囲まれた工学主義の世界に向かい合いながら独創的な作品を生み出しています。

 社会学と組織設計事務所という、建築家という存在を挟み撃ちにするふたりを迎えることで、今日の建築家の存在意義を考える、貴重なトークの機会となります。  

藤村龍至

photo
Kenshu Shintsubo

藤村龍至

Ryuji Fujimura

建築家
1976年東京都生まれ。
東京工業大学社会工学科にて土肥真人に師事。同大学大学院建築学専攻にて塚本由晴に師事、 ベルラーヘ・インスティテュートへの留学を経て、2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所主宰。2010年より東洋大学建築学科専任講師。

主な建築作品に、「BUILDING K」(2008)、「東京郊外の家」(2009)、「倉庫の家」(2011)、「小屋の家」(2011)などがある。設計活動を行うかたわら、雑誌等へ寄稿、フリーペーパーの制作、イベントの企画、美術展のキュレーション、ウェブマガジンの編集、ワークショップのディレクションなど総合的なメディア活動を展開。

2007年よりフリーペーパー『ROUNDABOUT JOURNAL』企画・制作・発行。2010年よりウェブマガジン『ART and ARCHITECTURE REVIEW』企画・制作。編著書に『1995年以後─次世代建築家の語る建築』(エクスナレッジ、二〇〇九年) 『アーキテクト2.0─2011年以後の建築家像』(彰国社)、『3・11後の建築と社会デザイン』(平凡社)、共著書に『アーキテクチャとクラウド─情報による空間の変容』(millegraph)、『地域社会圏モデル─国家と個人のあいだを構想せよ(建築のちから)』(INAX出版)、『設計の設計』(INAX出版)。主なキュレーションに「超都市からの建築家たち」(hiromiyoshii)、「CITY2.0」(EYE OF GYRE)、「超群島─ライト・オブ・サイレンス」(青森県立美術館)などがある。

南後由和

南後由和

Yoshikazu Nango

社会学者
1979年大阪府生まれ。明治大学情報コミュニケーション学部専任講師。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。

主な共編著に『磯崎新建築論集7 建築のキュレーション』(岩波書店、2013)、『文化人とは何か?』(東京書籍、2010)、共著(分担執筆)に『モール化する都市と社会』(NTT出版、2013)、『榮久庵憲司とGKの世界』(世田谷美術館、2013)、『vanitas』No.002(vanitas編集部、2013)、『路上と観察をめぐる表現史』(フィルムアート社、2013)、『メタボリズムの未来都市展』(新建築社、2011)、『アーキテクチャとクラウド』(millegraph、2010)、『The Architectures of Atelier Bow-Wow: Behaviorology』(Rizzoli、2010)など。

http://www.nango-lab.jp

勝矢 武之

勝矢 武之

Katsuya Takeyuki

建築家
1976年兵庫県生まれ 京都大学工学部建築学科卒業、同大学院修了後、 2000年~株式会社日建設計、2008~2010年 NSD、2010年~ 株式会社日建設計。
近作:木材会館(2009) 新国立競技場コンペ案(SANAAと共同)(2012) 白金の丘学園(2014) 東亜道路工業本社ビル(2015) 渋谷駅街区第一期(2020)。
主な受賞歴:日本建築家協会、the DFA(Design for Asia) Gold Award and DFA Grand Award 他。

書籍情報

『批判的工学主義の建築 ソーシャル・アーキテクチャをめざして』

『批判的工学主義の建築 ソーシャル・アーキテクチャをめざして』

発売日:2014.09.24
定価:1,944円
サイズ:四六判
NTT出版:http://www.nttpub.co.jp//

『現代建築家コンセプト・シリーズ19 藤村龍至|プロトタイピング──模型とつぶやき』

『現代建築家コンセプト・シリーズ19 藤村龍至|プロトタイピング──模型とつぶやき』

著者:藤村龍至、五十嵐太郎、ケン・タダシ・オオシマ
発売日:2014.09.25
定価:1,944円
LIXIL出版:http://www1.lixil.co.jp/publish/