イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

概要

日程
2020年12月15日 (火)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,540円(税込)
定員
60名様
会場
本店 大教室

2020年12月15日 (火)

刊行記念

すべてをアフリカがおしえてくれた
それにしても、彼の地になぜひかれるのか
『新版 絵はがきにされた少年』(柏艪舎) 刊行記念

藤原章生 × 高野秀行トークイベント

 

 ジャーナリスト、藤原章生氏がこの秋、アフリカを舞台にした11の物語「絵はがきにされた少年」(開高健ノンフィクション賞)を15年ぶりに「新版」として出版しました。
 コロナの時代。人も社会も国も、うちにこもりがちな閉じられた日々が続いています。アメリカから世界に広がる反差別運動「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」からも明らかなように、人間の悪癖、差別は一向に収まらないどころか、トランプ氏の発言に見られるように、よりあからさまになりつつあります。
一方で、アフリカはなおも美しく、なぜ、こうも人を引きつけるのか。そして、その本当の姿を伝えることが、なぜこうも難しいのか。
 アフリカが人生を変えたという二人の書き手が、その地を、現在、世界を語り合います。

※大事なお知らせ:手洗い・うがい、自宅を出る前に体温測定のご協力を必ずお願いいたします。熱がある場合、体調に異変を感じる場合は参加をお控えください。返金いたしますので、その旨をお伝えください。またマスクの着用を必須といたします。マスクを着用されていない場合、会場に入れませんので、ご注意ください。

プロフィール

藤原章生

藤原章生

ふじわら・あきお

ジャーナリスト。1961年福島県いわき市生まれ、東京育ち。毎日新聞記者として南アフリカ、メキシコ、イタリアに計14年半駐在。滞在国は72カ国で、うち64カ国について執筆。地誌、戦場、人物ルポルタージュ、時代論を得意とする。
本書で2005年、開高健ノンフィクション賞受賞。主著に「ガルシア=マルケスに葬られた女」(2007年、集英社)、「ギリシャ危機の真実」(2010年、毎日新聞社)、「資本主義の『終わりの始まり』」(2012年、新潮選書)。「湯川博士、原爆投下を知っていたのですか」(新潮社、2015年)。「答のない話をやさしく面白く」がモットー。

高野秀行

高野秀行

たかの・ひでゆき

1966年、東京都八王子市生まれ。ノンフィクション作家。 早稲田大学探検部在籍時に書いた『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)をきっかけに文筆活動を開始。
「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」がモットー。『謎の独立国家ソマリランド』で第35回講談社ノンフィクション賞を受賞、第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。
主な著書に『アヘン王国潜入記』『イスラム飲酒紀行』『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』 『幻のアフリカ納豆を追え! そして現れた<サピエンス納豆>』など。

書籍情報

『新版 絵はがきにされた少年』

『新版 絵はがきにされた少年』

藤原章生 著
1,700円+税

ジャーナリストの目と心が捉えた、豁然と生きるアフリカの人々――11章
内戦中のスーダンで撮影した「ハゲワシと少女」でピュリッツァー賞を受賞、その直後に自殺したカメラマン。ルワンダ大虐殺を生き延びた老人の孤独。アパルトヘイトの終わりを告げる暴動。紛争の資金源となるダイヤモンド取引の闇商人……。新聞社の特派員として取材をつづける中で、著者は先入観をくずされ、アフリカに生きる人々、賢者たちに魅せられていく。
第三回開高健ノンフィクション賞受賞作品。

 

新版「絵はがきにされた少年」特設ページ