イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年11月14日 (木)
時間
19:30〜21:00
開場 19:00〜
料金
1,540円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

2019年11月14日 (木)

刊行記念

【緊急開催決定!!】桑島智輝/安達祐実 写真集「我我」(青幻舎) 重版記念
『「もう、家に帰ろう」から「我我」へ』
桑島智輝 × 藤代冥砂 トークイベント

雑誌や広告、写真集などでの撮影で活躍を続ける写真家、桑島智輝さんが、その妻で俳優の安達祐実さんを日々撮り続けた写真集「我我(がが)」(青幻舎)の重版を記念して、トークイベントを緊急開催することが決定しました!
ゲストには写真家の藤代冥砂さんをお呼びします。

桑島さんと藤代さんほど共通点の多い写真家もめずらしいのではないでしょうか?
共に写真集や雑誌のグラビア等、ポートレイトのジャンルで印象深い活躍を続けている点。
そして、桑島さんの妻は俳優の安達祐実さん、藤代さんの妻はモデルの田辺あゆみさんという、著名人を妻にしているという点。
藤代さんが田辺さんを撮影した写真集『もう、家に帰ろう』は不朽の名作ですが、この度桑島さんが「我我」を上梓したことで、もうひとつの共通点が生まれたと言えます。

実はお二人、公の場で話をするのはこれが初めてとのこと。
先輩・藤代さんに後輩・桑島さんが体当たりで挑む、一本勝負です。
進行はお二人をよく知る、『週刊プレイボーイ』編集部の近田さんにお願いします。

写真のこと、写真集のこと、妻のこと、妻を撮影することなど……、
写真ファン必聴の時間になることと思います。

イベント終了後にはお二人によるサイン会も予定しております。
皆さま、ぜひともご参加ください。

プロフィール

桑島智輝

桑島智輝

くわじま・ともき

1978年 岡山県岡山市生まれ。カメラマン。
2002年に武蔵野美術大学卒業後、鎌田拳太郎氏に師事。
04年に独立後、雑誌やタレント写真集、広告で活躍している。
13年に、約2年半の安達祐実を収めた写真集「私生活」を発表。
14年に結婚。今でも毎日、安達を撮影し続けている。
不定期で更新している安達のオフィシャルwebの写真がネットで話題に。

藤代 冥砂

藤代 冥砂

ふじしろ・めいさ

90年代の東京クラブシーンの撮影から写真家としてのキャリアをスタートさせ、以後エディトリアル、コマーシャル、アートの分野を中心として活動。主な写真集として、2年間のバックパッカー時代の世界一周旅行記『ライドライドライド』、家族との日常を綴った愛しさと切なさに満ちた『もう家に帰ろう』、南米女性を現地で30人撮り下ろした太陽の輝きを感じさせる『肉』、沖縄の神々しい光と色をスピリチュアルに切り取った『あおあお』、高層ホテルの一室にヌードで佇む女性52人を撮った都市論的な試みでもある『sketches of tokyo』、山岳写真とヌードを対比させる構成が新奇な『山と肌』など、一作ごとに変わる表現法をスタイルとし、それによって写真を超えていこうとする試みは、アンチメインストリームな全体写真家としてユニークな位置にいる。また小説家としても知られる。

準備中

近田拓郎

ちかだ・たくろう

1981年、愛知県生まれ。早稲田大学卒業。2006年、集英社に入社。 『週刊プレイボーイ』に配属される。以後、グラビア班に籍を置いて活動。『バガボンド インド・クンブメーラ 聖者の疾走』(イースト・プレス)の文章担当。

書籍情報

『我我 (がが)』

『我我 (がが)』

著者:桑島智輝(写真・文 )、安達祐実(文)
寄稿:平間至(写真家)
構成・デザイン:町口景
判型:A5/上製
総頁:168頁
定価:本体2,500円+税
ISBN:978-4-86152-756-2 C0072

桑島と安達は2011年に写真集の撮影の仕事がきっかけで知り合い、約2年半を費やした安達の写真集『私生活』(集英社)の発表を経て、2014年に結婚。その後、現在に至るまで、桑島は被写体として安達を毎日撮影し続けている。

撮影はフィルムカメラで行われ、出来あがった写真はL判のプリントの状態でアルバムに入れて保管するというルーティンが続けられ、約8年が経った今、264枚入りのアルバムは100冊を超え、写真は35000枚に及ぶ。その途方もない量のアーカイブから、本書では2015年11月13日の結婚記念日から、2人にとって初めての子どもの誕生を挟んだ、約3年間にフォーカスを当てた。