イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2020年8月8日 (土)
時間
14:00~15:30
料金
1,320円(税込)
定員
100名様
会場
※WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します。

2020年8月8日 (土)

刊行記念

『ガラン版 千一夜物語』(岩波書店) 全六冊完結記念

西尾哲夫 × 深緑野分トークイベント
世界はいつもミステリアス!
――作家といっしょに読む『ガラン版 千一夜物語』

2019年7月から隔月刊で刊行、20年5月に完結した、西尾哲夫訳『ガラン版 千一夜物語』(アラビアンナイト)。 18世紀に刊行されたヨーロッパで最初のアラビアンナイトであるガラン版のイメージそのままの瀟洒な装丁と、読みやすい日本語訳で話題になりました。
今回のイベントでは、その完結を記念し、中東世界の言語や文化の研究者でもある訳者の西尾哲夫さんと、丹念な取材をもとに海外を舞台にした小説を書いた作家の深緑野分さんが、初対談。現代の読者にとって、時代と文化を越境して世界文学となったアラビアンナイトを読み伝える意味とは何かをめぐって、語り合っていただきます。

◎事前に質問を受付いたします。→こちらのフォームよりお願いいたします。

※WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します。passmarket-master@mail.yahoo.co.jp (配信専用アドレス)より前日と当日にウェビナー登録のURLをお送りします。どちらかで登録をお願いいたします。(URLの共有は禁止いたします。)
※インターネットに接続したパソコンや、タブレット端末、スマートフォンが必要になります。
※スマートフォン、タブレット端末の場合、事前に「Zoom」のアプリダウンロードが必要です。

プロフィール

西尾哲夫

西尾哲夫

にしお・てつお

1958年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士(京都大学)。人間文化研究機構・国立民族学博物館教授。総合研究大学院大学教授。専攻は言語学、アラブ研究。著書に『アラビアンナイト――文明のはざまに生まれた物語』(岩波新書)『世界史の中のアラビアンナイト』(NHK出版)『ヴェニスの商人の異人論――人肉一ポンドと他者認識の民族学』(みすず書房)ほか。森見登美彦著『熱帯』の登場人物・佐山尚一のモデルとも言われる。

深緑野分

深緑野分

ふかみどり・のわき

1983年生まれ。作家。2010年、『オーブランの少女』が第七回ミステリーズ!新人賞佳作に入選。『ベルリンは晴れているか』が2019年Twitter文学賞国内第一位。『戦場のコックたち』(2016)、『ベルリンは晴れているか』(2019)は直木賞候補、大藪春彦賞候補、本屋大賞候補になった。

書籍情報

『ガラン版 千一夜物語』全六冊

『ガラン版 千一夜物語』全六冊

西尾哲夫訳
1-6各巻 本体3500円+税
18世紀初頭、フランス人アントワーヌ・ガランによって最初にヨーロッパに紹介されたガラン版『千一夜』(仏語)をもとに、最新の研究成果を踏まえて読みやすい現代の日本語に翻訳。日本では戦前から「千一夜物語(アラビアンナイト)」は、19世紀に仏語・英語に訳されたマルドリュス版(岩波文庫)や、バートン版(ちくま文庫)の日本語訳などで知られていたが、ガラン版の日本語への全訳は初めて。各巻に中東文化の研究者でもある訳者による、アラビアンナイトの成立史・時代背景がわかる解説付き。