イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2019年5月25日 (土)
時間
18:00~1930
開場 17:30~
料金
1,800円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年5月25日 (土)

刊行記念

『すごい論語』(ミシマ社) 刊行記念

「すごい×すごい×すごい×論語」
安田登 × いとうせいこう× 釈徹宗 × ドミニク・チェン トークイベント

5月25日(土)発売予定の新刊『すごい論語』の刊行を記念して、著者の安田登さん、本書における対談相手のいとうせいこうさん、釈徹宗さん、ドミニク・チェンさんによるトークイベントを開催します。

――「四十にして惑わず」と、孔子は言わなかった…!?

古くから読み継がれてきた中国古典『論語』を、孔子の生きた当時の文字で読み直すと、これまでの理解とは異なる孔子のメッセージが明らかに。

本書では各界で活躍する3人のゲストを迎えて、『論語』を読み解きました。

小説家、ラッパー、俳優などマルチに活躍するいとうせいこうさんとは「音楽」や「笑い」について、宗教学者であり住職でもある釈徹宗さんとは「宗教」について、AI(人工知能)やこれからの社会について研究を続けるドミニク・チェンさんとは「テクノロジー」について。孔子の語ったことからその現代的意味まで、それぞれの知見も交えながら面白く、縦横無尽に語り合った本書。

本イベントでは、本の中では語り切れなかったお話を含め、出演者のみなさまに自由にお話しいただきます。

『論語』や孔子に興味があるという方はもちろん、古典の言葉から仕事や人生のヒントを得たいというみなさまも、ぜひお気軽にご参加くださいませ。

プロフィール

安田登

安田登

やすだ・のぼる

1956年千葉県銚子市生まれ。能楽師のワキ方として活躍するかたわら、甲骨文字、シュメール語、論語、聖書、短歌、俳句等々、古今東西の「身体知」を駆使し、様々な活動を行う。著書に『あわいの力~「心の時代」の次を生きる』、コーヒーと一冊『イナンナの冥界下り』(以上、ミシマ社)、『異界を旅する能~ワキという存在』(ちくま文庫)、『能~650年続いた仕掛けとは』(新潮新書)、『身体感覚で「論語」を読みなおす。~古代中国の文字から』(新潮文庫)など多数。

いとうせいこう

いとうせいこう

1961年生まれ。編集者を経て、作家、クリエイターとして、活字・映像・音楽・テレビ・舞台など、さまざまな分野で活躍。1988年、小説『ノーライフキング』(河出文庫)で作家デビュー。『ボタニカル・ライフ―植物生活―』(新潮文庫)で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』(河出文庫)が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。近著に『今夜、笑いの数を数えましょう』(講談社)など。

釈徹宗

釈徹宗

しゃく・てっしゅう

1961年生まれ。宗教学者・浄土真宗本願寺派如来寺住職、相愛大学人文学部教授、特定非営利活動法人リライフ代表。専門は宗教思想研究。大阪府立大学大学院人間文化研究科比較文化専攻博士課程修了。兵庫大学生涯福祉学部教授を経て、現職。論文「不干斎ハビアン論」で涙骨賞(第五回)、著書『落語に花咲く仏教──宗教と芸能は共振する』(朝日選書)で河合隼雄学芸賞(第五回)、また仏教伝道文化・沼田奨励賞(第五十一回)を受賞している。『お世話され上手』(ミシマ社)、『異教の隣人』(共著、晶文社)など著書多数。

ドミニク・チェン

ドミニク・チェン

1981年、東京生まれ。フランス国籍。博士(学際情報学)。早稲田大学文化構想学部准教授。研究領域はデジタル・ウェルビーイング、人工生命、発酵と進化。著書に『謎床:思考が発酵する編集術』(晶文社、松岡正剛との共著)、訳書に『ウェルビーイングの設計論:人がよりよく生きるための情報技術』(BNN新社)、『シンギュラリティ:人工知能から超知能まで』(NTT出版)など多数。

書籍情報

【2019年5月25日発売予定】
『すごい論語』

【2019年5月25日発売予定】
『すごい論語』

安田登/著(ミシマ社)
定価:1,800円+税

いとうせいこう(音楽)、釈徹宗(宗教)、ドミニク・チェン(テクノロジー)、各分野で活躍する「すごい」人に『論語』を投げかけると――2500年前を凌ぐ「すごい論語」が現れた!

「すごい論語」に問いを投げかけると――
・なぜ、『論語』は「音楽」を重視する?
――人の命や国の命運を左右するほどの力があるから。
・なぜ、古典芸能には「片足」が多出する?
――欠落をもつ者だけが君子になれるから。
・人間関係に熟達するには?
――先祖(死者)とのコミュニケーションを援用すべし。
・日常的なイライラをおさめるには?
――「わからないもの」に自分を合わせる力を養うべし。
・「仁」とは?
――まったく新しい人間、ヒューマン2.0である。…etc.
世界が違って見えてくる!

http://mishimasha.com/books/sugoirongo.html