イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年5月25日 (土)
時間
18:00~1930
開場 17:30~
料金
1,800円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年5月25日 (土)

刊行記念

『すごい論語』(ミシマ社) 刊行記念

「すごい×すごい×すごい×論語」
安田登 × いとうせいこう× 釈徹宗 × ドミニク・チェン トークイベント

5月25日(土)発売予定の新刊『すごい論語』の刊行を記念して、著者の安田登さん、本書における対談相手のいとうせいこうさん、釈徹宗さん、ドミニク・チェンさんによるトークイベントを開催します。

――「四十にして惑わず」と、孔子は言わなかった…!?

古くから読み継がれてきた中国古典『論語』を、孔子の生きた当時の文字で読み直すと、これまでの理解とは異なる孔子のメッセージが明らかに。

本書では各界で活躍する3人のゲストを迎えて、『論語』を読み解きました。

小説家、ラッパー、俳優などマルチに活躍するいとうせいこうさんとは「音楽」や「笑い」について、宗教学者であり住職でもある釈徹宗さんとは「宗教」について、AI(人工知能)やこれからの社会について研究を続けるドミニク・チェンさんとは「テクノロジー」について。孔子の語ったことからその現代的意味まで、それぞれの知見も交えながら面白く、縦横無尽に語り合った本書。

本イベントでは、本の中では語り切れなかったお話を含め、出演者のみなさまに自由にお話しいただきます。

『論語』や孔子に興味があるという方はもちろん、古典の言葉から仕事や人生のヒントを得たいというみなさまも、ぜひお気軽にご参加くださいませ。

プロフィール

安田登

安田登

やすだ・のぼる

1956年千葉県銚子市生まれ。能楽師のワキ方として活躍するかたわら、甲骨文字、シュメール語、論語、聖書、短歌、俳句等々、古今東西の「身体知」を駆使し、様々な活動を行う。著書に『あわいの力~「心の時代」の次を生きる』、コーヒーと一冊『イナンナの冥界下り』(以上、ミシマ社)、『異界を旅する能~ワキという存在』(ちくま文庫)、『能~650年続いた仕掛けとは』(新潮新書)、『身体感覚で「論語」を読みなおす。~古代中国の文字から』(新潮文庫)など多数。

いとうせいこう

いとうせいこう

1961年生まれ。編集者を経て、作家、クリエイターとして、活字・映像・音楽・テレビ・舞台など、さまざまな分野で活躍。1988年、小説『ノーライフキング』(河出文庫)で作家デビュー。『ボタニカル・ライフ―植物生活―』(新潮文庫)で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』(河出文庫)が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。近著に『今夜、笑いの数を数えましょう』(講談社)など。

釈徹宗

釈徹宗

しゃく・てっしゅう

1961年生まれ。宗教学者・浄土真宗本願寺派如来寺住職、相愛大学人文学部教授、特定非営利活動法人リライフ代表。専門は宗教思想研究。大阪府立大学大学院人間文化研究科比較文化専攻博士課程修了。兵庫大学生涯福祉学部教授を経て、現職。論文「不干斎ハビアン論」で涙骨賞(第五回)、著書『落語に花咲く仏教──宗教と芸能は共振する』(朝日選書)で河合隼雄学芸賞(第五回)、また仏教伝道文化・沼田奨励賞(第五十一回)を受賞している。『お世話され上手』(ミシマ社)、『異教の隣人』(共著、晶文社)など著書多数。

ドミニク・チェン

ドミニク・チェン

1981年、東京生まれ。フランス国籍。博士(学際情報学)。早稲田大学文化構想学部准教授。研究領域はデジタル・ウェルビーイング、人工生命、発酵と進化。著書に『謎床:思考が発酵する編集術』(晶文社、松岡正剛との共著)、訳書に『ウェルビーイングの設計論:人がよりよく生きるための情報技術』(BNN新社)、『シンギュラリティ:人工知能から超知能まで』(NTT出版)など多数。

書籍情報

【2019年5月25日発売予定】
『すごい論語』

【2019年5月25日発売予定】
『すごい論語』

安田登/著(ミシマ社)
定価:1,800円+税

いとうせいこう(音楽)、釈徹宗(宗教)、ドミニク・チェン(テクノロジー)、各分野で活躍する「すごい」人に『論語』を投げかけると――2500年前を凌ぐ「すごい論語」が現れた!

「すごい論語」に問いを投げかけると――
・なぜ、『論語』は「音楽」を重視する?
――人の命や国の命運を左右するほどの力があるから。
・なぜ、古典芸能には「片足」が多出する?
――欠落をもつ者だけが君子になれるから。
・人間関係に熟達するには?
――先祖(死者)とのコミュニケーションを援用すべし。
・日常的なイライラをおさめるには?
――「わからないもの」に自分を合わせる力を養うべし。
・「仁」とは?
――まったく新しい人間、ヒューマン2.0である。…etc.
世界が違って見えてくる!

http://mishimasha.com/books/sugoirongo.html