イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年11月4日 (月)
時間
18:00~19:30
(開場17:30)
料金
1,550円(税込)
定員
100名様
会場
本店 大教室

2019年11月4日 (月)

刊行記念

『「ハックルベリー・フィンの冒けん」をめぐる冒けん』(研究社) 刊行記念 柴田元幸 トークイベント 「ハック・フィンと柴田元幸の冒けんふたたび」

2017年12月、名翻訳家の柴田元幸がかねてより訳したいと言っていたMark Twain, Adventures of Huckleberry Finnが、ついに翻訳刊行されました。『ハックルベリー・フィンの冒けん』という書名で!

 あれから2年後、この名作をあらゆる方向から分析する『「ハックルベリー・フィンの冒けん」をめぐる冒けん』が刊行されます。

 ハック・フィンの言葉の徹底解説、TS・エリオットから横尾忠則に至るハック論、『ハック・フィン』から生まれた新たな〈冒けん〉たち、幻に終わった『ハック・フィン』二つのエピソードの初訳・新訳などなど、本書「『ハックルベリー・フィンの冒けん』をめぐる冒けん」で、アメリカ文学で一番愛される名著を味わいつくす冒けんが堪能できます!

 『ハックルベリー・フィンの冒けん』ついて、柴田元幸が語りつくし、みなさんのご質問にすべてお答えします。

 アメリカ文学愛好者、翻訳者と翻訳家志願者、絶対参加のイベントです!

プロフィール

柴田元幸

柴田元幸

しばた・もとゆき

翻訳家、東京大学名誉教授。東京都生まれ。
ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スティーヴン・ミルハウザー、スチュアート・ダイベック、スティーヴ・エリクソンなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。
2010 年、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。
マーク・トウェインの翻訳に、『ハックルベリー・フィンの冒けん』(研究社)、『トム・ソーヤーの冒険』『ジム・スマイリーの跳び蛙―マーク・トウェイン傑作選』(新潮文庫)、
最近の翻訳に、スチュアート・ダイベック『路地裏の子供たち』、スティーヴン・ミルハウザー『私たち異者は』(白水社)、
編訳書に、レアード・ハント『英文創作教室 Writing Your Own Stories』(研究社)など。
文芸誌『MONKEY』、および英語文芸誌Monkey Business 責任編集。2017 年、早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。

書籍情報

『ハックルベリー・フィンの冒けん』をめぐる冒けん

『ハックルベリー・フィンの冒けん』をめぐる冒けん

 

『ハックルベリー・フィンの冒けん』てゆうホンヤク本をよんでない人はおれのこと知らない、とはかぎらなくて、そのまえに出たいろんなホンヤク本で知ってる人もおおぜいいるらしいんだけど、まあそのへんはどっちでもかまわない。『ハックルベリー・フィンの冒けん』はシバタ・モトユキさんてゆう人がつくった本で、まあだいたいはただしくホンヤクしてあるらしい。おれはニホンごよめないけど、ともだちのクマダカメキチがそういってた。ところどころゴヤクもあるけど、まあだいたいはただしくホンヤクしてあるとカメキチはいう。べつにそれくらいなんでもない。だれだってどこかで、一どや二どはゴヤクするものだから。

―柴田元幸編著『「ハックルベリー・フィンの冒けん」をめぐる冒けん』より

こんな本です――

 あいさつ

 ハックルベリー・フィンによる紹介

この本について

 編訳著者による紹介

I 『ハック・フィン』入門(構成・執筆 柴田元幸)

  1. ハック・フィン』基本情報

ハックルベリー・フィンとは/マーク・トウェインとは/『ハックルベリー・フィンの冒けん』の構成/同時代の評価/文学的意義、後世への影響

『ハックルベリー・フィンの冒けん』の構成/同時代の評価/文学的意義、後世への影響

2.『ハックルベリー・フィンの冒けん』の英語

標準でない英語のあたたかさ/ハックが「語った」もの――と同時に「書いた」もの

  1. 『ハックルベリー・フィン』第1章徹底読解

対訳+詳注+〔さらにうるさいことを言えば〕

  1. ハック英語辞典

adventureからtroubleまで

  1. ハック名場面

厳しい自然/のどかな自然/ハックの葛藤/人間相手の冒険/ジムとハックの珍問答/哲学者ジム

 

II 『ハック・フィン』をどう読むか

  1. ハックはどう読まれてきたか

T・S・エリオット/大江健三郎/トニ・モリスン/平石貴樹

  1. 現代アメリカ作家が語る『ハック・フィン』

レアード・ハント/レベッカ・ブラウン/スティーヴ・エリクソン(書き下ろし)

3.『ハックルベリー・フィンの冒けん』書評

横尾忠則/池内紀/谷崎由依

 

III 『ハック・フィン』から生まれた新たな冒けん

  1. ハックの末裔たち

トウェイン自身による続篇/J・D・サリンジャー/ソール・ベロー/大江健三郎/ジョン・シーライ/ラッセル・バンクス/ジョン・クリンチ/ノーマン・ロック/ロバート・クーヴァー/カート・ヴォネガット

  1. ノーマン・メイラー「ハック・フィン、百歳でなお生きて」
  2. ジョン・キーン『リヴァーズ』

 

IV 『冒けん』に入らなかった冒けん

「ジムのユウレイばなし」

「筏のエピソード」

 

編著者あとがき