青山ブックセンターTwitter アカウント

101jav.com

イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年10月26日 (日)
時間
14:00~15:30
開場13:30~
料金
1,080円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

2014年10月26日 (日)

刊行記念

「デザインのひきだし23」(グラフィック社)刊行記念イベント

「どうしてこんな造本になったのだ!? 明治〜昭和初期の製本・造本を、当時の装丁家&製本職人になったつもりで解き明かす!」

出演:祖父江慎×名久井直子×津田淳子(デザインのひきだし編集部)

gallery images

ブックデザイン好き、紙・印刷・製本に興味がある、祖父江慎さん・名久井直子さんが好き、『デザインのひきだし』が好き、そんな人は見逃せない!

今、書店に並んでいる本はそのほぼすべてが「洋式製本」と呼ばれる、ヨーロッパからその技法が入ってきた方式で製本されたもの。洋式製本が日本でつくられる以前は、伝統的に行われてきた「和綴じ」によってつくられた本ばかりだった。
そんな歴史を持つ「製本」。しかしその過渡期には、「な、なんでこんなことに?」とか、「洋式製本っぽいけど、和本の様相を呈している!」というような、製本の形がほぼ定まった今から見ると、へんてこりんで、でもそれが魅力的な本がたくさんあります。
そんな本をたくさん持ち寄り、希代のブックデザイナー・祖父江慎&名久井直子が、装丁やデザインの視点から類推(突拍子もない話に展開していかもしれませんが……)。また『デザインのひきだし』編集長の津田淳子が当時の紙・印刷・製本の歴史に沿って類推し(超マニアックな製本話になってしまうかもしれませんが……)、どうしてこんな製本になったのか、どうして(今から見ると)摩訶不思議な造本になったのかを解説。魅力的なその時代の本を三者三様の思いで語り尽くします。

本好き、ブックデザインに興味がある、また印刷製本加工を知りたい。そんなどなたにでも楽しんでいただける、そして他では聞くことができない、ここだけ話が満載のトークイベントです。

 

祖父江慎

祖父江慎

そぶえ・しん

1959年、愛知県生まれ。ブックデザイナー。
多摩美術大学卒業後、90年にCozfishを設立。 ブックデザインを中心に、並外れた「うっとり力」を持って多方面で活躍中。 1997年、講談社出版文化賞ブックデザイン賞を受賞。

名久井直子

名久井直子

なくい・なおこ

1976年、岩手県生まれ。ブックデザイナー。
武蔵野美術大学卒業後、広告代理店に入社、2005年独立。 文芸書からコミック、絵本まで、幅広い分野の装丁を手がける。 2014年、第45回講談社出版文化賞ブックデザイン賞を受賞。

津田淳子

津田淳子

つだ・じゅんこ

1974年、神奈川県生まれ。編集者。
『DTPWORLD』編集部を経て、2003年『BOOK DESIGN』創刊。 05年より株式会社グラフィック社所属、06年『デザインのひきだし』を創刊し編集長を務める。 受賞歴は何もなし。

書籍情報

「デザインのひきだし23」

「デザインのひきだし23」

「紙を綴じる=製本をもっと知る! 」を特集します。書籍だけにとらわれない、さまざまな製本を特集した永久保存版です 。他にも連載「祖父江慎の実験だもの」では、いいかげんな折りでつくった本「いいかげん製本」を実験したり、新しく登場した紙を綴じ込んで実物紹介したりと、デザイナーや印刷加工に携わる人必見の1冊です。

2014年10月6日発売
定価:2,000円+税
グラフィック社:http://www.graphicsha.co.jp/top.html