青山ブックセンターTwitter アカウント

101jav.com

イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年2月23日(日)
時間
18:00~19:30(開場17:30)
料金
1,050円(税込)
*書籍代は含まれません
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

2014年2月23日(日)

『そのように見えた』『京都ごはん日記』刊行記念

いしいしんじ & 原田郁子 トークイベントいしいしんじ祭り「本が奏でる音楽」

『そのように見えた』(イースト・プレス)と『京都ごはん日記』(河出書房新社)の発刊を記念して、トークイベントを開催致します。聞き手には、原田郁子さんをお迎えし、いしいさん所有の蓄音機「コロちゃん」で、2つの本に登場する珠玉の音楽をかけまくります。ロックあり、クラシックあり、童謡ありの、どこにもないユニークな音楽会!

トーク終了後には、いしいさんのサイン会を予定しております。
対象書籍:『そのように見えた』『京都ごはん日記』

参加特典

イベント参加された方に、もれなく以下の2点をプレゼント!
1. いしいしいんじオリジナル原画
  (『京都ごはん日記』掲載のイラスト)
2.本のカケラ(『そのように見えた』製本前の4ページをプレゼント)

プロフィール

いしい しんじ

いしい しんじ

1966年大阪生まれ。京都大学文学部仏文学科卒。 おもな小説に『ぶらんこ乗り』(2000)、『トリツカレ男』(2001)、『麦ふみクーツェ』(2003、坪田譲治文学賞受賞)、『プラネタリウムのふたご』(2004)、『ポーの話』(2005)、『みずうみ』(2007)、『四とそれ以上の 国』(2008)、『ある一日』(2012、織田作之助賞受賞)、 『その場小説』(2012)、『いしいしんじの本』(2013)などがある。現在、京都在住。

原田郁子

原田郁子

1975年福岡生まれ。1995年クラムボンを結成。歌と鍵盤を担当。1999年に『はなれ ばなれ』でメジャーデビュー。バンド活動と並行して、さまざまなミュージシャンとレコーディングやライブで共演。ソロ活動も行なっており、2004年に『ピアノ』2008年に『気配と余韻』『ケモノと魔法』『銀河』のアルバムを発表。2010年5月、吉祥寺に多目的スペース「キチム」をオープンさせ、飲食とともにライブやイベントを行なう場所をつくる(オーナーは妹で写真家の原田奈々)。昨年にタイの漫画家タムくんことウィスット・ポンニミットとの共作、ブック+CD+DVD「Baan」を発表。

書籍紹介

『そのように見えた』書影

『そのように見えた』

白泉社『MOE』に連載された、絵や映画についてのエッセイに、自身の半生をこれまで暮らしてきた場所に焦点を当てて書いた「みずのそば」など、書き下しを加えて書籍化!全面に、池田進吾による絵をふんだんに掲載。カラーページ多数で、まるで絵本のような贅沢な味わい。 いつか出会った絵、音楽、人々。忘れられない風景、忘れていた記憶。じっと心を澄ませると、絵が浮かんでくる。その瞬間を捉えて書かれた言葉たち。

単行本
価格:1,890円(税込)
発売日:2014年1月22日
イースト・プレス:http://www.eastpress.co.jp/

『京都ごはん日記』書影

『京都ごはん日記』

ファン待望! いしいしんじの「ごはん日記」が帰って来た!! ――朝から創作。昼を過ぎれば、飲んで食べて唄って踊り、神社に本屋にレコード屋、錦やメトロをぶらぶらし、全国各地を飛び回る。鯖寿司、焼き鳥、お好み焼き、ビールに焼酎、さあ乾杯! 作家・いしいしんじと「京都」を過ごす、春夏秋冬。

単行本
価格:1,943円(税込)
発売日:2014年1月22日
河出書房新社:http://www.kawade.co.jp/np/index.html