イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

概要

日程
2021年4月15日 (木)
時間
19:00〜22:00
料金
1,540円(税込)
定員
100名様
会場
Zoom

2021年4月15日 (木)

刊行記念

ブルネロ・クチネリ『人間主義的経営』刊行記念

「地域再生」はイタリアに学べ!! ――クチネリからテリトーリオへ
安西洋之 × 岩崎春夫 × 陣内秀信 × 太田亜矢子 トークイベント

「イタリアには、なぜ魅力的な地方都市や、世界をまたにかける中小企業が多いのか?」

本イベントは、日本とイタリアを行き来しながら活躍するビジネスパーソンと研究者をお招きして、日本の地方都市や中小企業の今後を盛りあげるうえで、なぜイタリアの地方都市や中小企業の試みが役に立つのかを、解き明かす一夜です。

グローバルな都市間競争では、東京へ資源を一極集中させることの重要性が叫ばれましたが、コロナウィルスの流行は、そこに大きなリスクがあることを突きつけました。そうしたなかで、個性豊かな地方都市や、国を飛び越して活躍する中小企業の多いイタリアを知ることは、日本の今後を考えるうえで大いに参考になるはずです。

ミラノを拠点とするビジネスプランナーの安西洋之さんをモデレーターに、ブルネロ・クチネリ『人間主義的経営』の訳者であり、長らくイタリアでビジネスをされてきた、岩崎春夫さんと、イタリアと日本を往還しながら、都市研究をけん引されてきた、陣内秀信さんを迎え、イタリアの地方都市や中小企業にある核心に迫ります。

また、「Hanako」「クロワッサンプレミアム」など、衣食住ライフスタイル分野の雑誌を中心に、編集長を歴任されている太田亜矢子さんを迎え、イタリアから少し距離を置いた立場からコメントをいただきます。

* イベントの流れ
それぞれ30分程度のプレゼンのあと、ディスカッションに入っていきます。本イベントは全体で3時間を予定しております。

1 安西洋之「『メイド・イン・イタリー』はなぜ地域を大事にするのか」
2 岩崎春夫「村の再生が企業価値を高める理由ーーブルネロ・クチネリとソロメオ村」
3 太田亜矢子「モードから離れて――ブルネロ クチネリのオーソドックス」
4 陣内秀信「いまなぜテリトーリオ(地域)から考えるのか」
5 ディスカッション

※WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します。passmarket-master@mail.yahoo.co.jp (配信専用アドレス)より前日21時過ぎと当日17時過ぎにウェビナー登録のURLをお送りします。どちらかで登録をお願いいたします。(URLの共有は禁止いたします。)
※インターネットに接続したパソコンや、タブレット端末、スマートフォンが
必要になります。
※スマートフォン、タブレット端末の場合、事前に「Zoom」のアプリダウン
ロードが必要です。

プロフィール

安西洋之

安西洋之

あんざい・ひろゆき

モバイルクルーズ株式会社代表取締役。De-Tales Ltd.ディレクター。
東京とミラノを拠点としたビジネスプランナー。欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画してきた。同時にデザイン分野との関わりも深い。2000年代からカーナビなどの電子機器インターフェースの欧州市場向けユーザビリティやローカリゼーションに関わり、デザインを通じた異文化理解の仕方「ローカリゼーションマップ」の啓蒙活動をはじめた。2017年、ベルガンティ『突破するデザイン』の監修に関与して以降、意味のイノベーションのエヴァンジェリストとして活動するなかで、現在はラグジュアリーの新しい意味を探索中。
著書に、『メイド・イン・イタリーはなぜ強いのか』(晶文社)、『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』、『イタリアで、福島は。』(以上、クロスメディア・パブリッシング)、『ヨーロッパの目、日本の目』(日本評論社)。共著に、『デザインの次に来るもの』(クロスメディア・パブリッシング)、『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?』(日経BP 社)。訳書に、マンズィーニ『日々の政治』(BNN)。監修に、ベルガンティ『突破するデザイン』(日経BP 社)。

ソーシャルメディア上の居場所は下記。
https://note.com/anzaih
https://twitter.com/anzaih
https://www.linkedin.com/in/hiroyuki-anzai-2340a028/

岩崎春夫

岩崎春夫

いわさき・はるお

HOP株式会社 代表取締役COO
1979年三井物産に入社。35年にわたり、繊維製品の輸入・国内営業、事業投資、大型投資案件の審査、内部監査等の業務に従事。この間、労働組合委員長、在香港子会社社長、イタリア三井物産社長、在イタリア日本商工会議所会頭、内部監査部検査役等を歴任。2014年より3年間、老舗の中堅企業寺田倉庫で常務取締役COOとして会社の変革に携わった後、2018年に元同僚の畑とHOP株式会社を設立。「強く美しい会社を創る」をミッションとしてベンチャー企業や経営者の世代交代期の企業を対象に人と組織の基盤作りを行う他、人事と経営の本質を学ぶ「人事の寺子屋」を運営するなど、これからの社会に相応しい価値を提供する企業と人材作りに取り組んでいる。
訳書に、ブルネロ・クチネリ『人間主義的経営』(クロスメディア・パブリッシング)。

 陣内秀信

陣内秀信

じんない・ひでのぶ

法政大学江戸東京研究センター特任教授。
東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。イタリア政府給費留学生としてヴェネツィア建築大学に留学、ユネスコのローマ・センターで研修。専門はイタリア建築史・都市史。建築史学会会長、地中海学会会長、都市史学会会長を歴任。パレルモ大学、トレント大学、ナポリ大学、ローマ大学の契約教授を務めた。中央区立郷土天文館館長、国交省都市景観大賞審査委員長他。サントリー学芸賞、地中海学会賞、建築史学会賞、イタリア共和国功労勲章など多数受賞。
主な著書に、『イタリア都市再生の論理』(鹿島出版会)、『東京の空間人類学』(筑摩書房)、『ヴェネツィア-水上の迷宮都市』(講談社)、『水の都市 江戸・東京』(編著、講談社)、『イタリア都市の空間人類学』(弦書房)、『水都ヴェネツィア』(法政大学出版局)、『建築史への挑戦』(共編、鹿島出版会)など多数。

太田亜矢子

太田亜矢子

おおた・あやこ

日本経済新聞日曜版NIKKEI The STYLE副編集長。
1989年マガジンハウス入社。旅行誌「ガリバー」を経て「Hanako」編集長、「クロワッサンプレミアム」編集長。食やファッションなどのライフスタイル取材が中心。雑誌作りを通して、「ガリバー」ではバブル経済下での海外旅行熱を、15年在籍した「Hanako」ではバブルから平成不況に至る流れの中での女性の消費行動の変化を、「クロワッサンプレミアム」ではリタイアしつつある団塊世代の女性の消費志向を体験。2015年より日本経済新聞社。雑誌「日経回廊」編集長を経て今に至る。