イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2018年7月23日 (月)
時間
19:00〜20:30
開場 18:30〜
料金
1,350円
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年7月23日 (月)

刊行記念

『あげくの果てのカノン』(小学館) 完結記念

「ハッピーエンド(もしくは地獄のはじまり)の作り方」
米代恭さん × 大童澄瞳さん トークイベント

今年5月、不倫×SFをテーマに扱った米代恭さんの漫画『あげくの果てのカノン』(全5巻)が遂に完結となりました。これまで俳優の菅田将暉さんをはじめとし、作家の村田沙耶香さん、中村文則さん、ミュージシャンの尾崎世界観 (クリープハイプ) さんなど、多くの著名人から絶賛の声が寄せられてきた本作の完結を記念して、トークショーを行います。
お相手は『あげくの果てのカノン』と同じ「月刊!スピリッツ」で、話題作『映像研には手を出すな!』を連載中の漫画家、大童澄瞳さん。
同年代で活躍し、お互い「月刊!スピリッツ」の掲載が紙媒体初の連載、プライベートでも親交のあるお二人に、デビューの経緯をはじめ、キャラクターの動かし方、物語の作り方、そして結末の結び方について、お話しを伺います。
『あげくの果てのカノン』の最終回がハッピーエンドか、はたまた地獄のはじまりか? かのんの最後の選択が気になる読者の方も、ぜひお越し下さい…!

※特典として、米代さん&大童さんコラボイラストカードをプレゼント!トークショー後に、このイラストカードへのサイン会を行います。

プロフィール

米代恭

米代恭

よねしろ・きょう

26歳。東京都出身。2012年「アフタヌーン四季賞」佳作を受賞した『いつかのあの子』でデビュー。既刊本に『おとこのことおんなのこ』(「ふぞろいの空の下」改題)、『僕は犬』がある。話題となった『あげくの果てのカノン』(全5巻/小学館)は2015年から「月刊!スピリッツ」で連載、2018年5月に完結5集が発売された。

大童澄瞳

大童澄瞳

おおわら・すみと

25歳。神奈川県出身。コミティアで編集者に声をかけられ、2016年に『映像研には手を出すな!』(既刊③集まで発売中/小学館)でデビュー。「第10回ブロスコミックアワード2017」で大賞受賞など、各賞を受賞し話題に。現在も「月刊!スピリッツ」で連載中。ツイキャスも人気。

書籍情報

『あげくの果てのカノン』(米代恭)

『あげくの果てのカノン』(米代恭)

高月(こうづき)かのん、23歳。高校時代からストーカー的に想いを寄せる境(さかい)先輩と、アルバイト先の喫茶店で再会を果たす。でも、いけない。 先輩は世界の英雄で、そして他の人のモノだから。
ストーカー気質メンヘラ女子の痛すぎる恋が共感の嵐を巻き起こした話題作。

『映像研には手を出すな!』(大童澄瞳)

『映像研には手を出すな!』(大童澄瞳)

アニメは「設定が命」の浅草みどり、カリスマ読者モでアニメーター志望の水崎ツバメ、金儲けが大好きな美脚の金森さやか。ダンジョンへ、戦場へ、宇宙へ–想像の翼を広げて、電撃3人娘が「最強の世界(映像)」を創り出す、アニメ制作×青春冒険ストーリー。漫画表現の地平を切り開くような作画方法を生み出し、独特の世界観を作り上げる。