イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年10月26日 (土)
時間
18:00〜19:30
開場 17:30〜
料金
1,540円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

2019年10月26日 (土)

刊行記念

kaze no tanbun シリーズvol.1『特別ではない一日』刊行記念

「さあ、文章を狩りに行こう」
西崎憲 × 岸本佐知子 × 高山羽根子 × 奥定泰之 × 竹田純

このたび〈短文〉と〈ブックデザイン〉をテーマにした書き下ろしアンソロジーのシリーズ kaze no tanbun が柏書房から刊行になります。屈指の文体家(スタイリスト)たちのめくるめく競演。この本はあなたの本棚のために特別に作られました。寄稿者たちが「文章」の精髄について語りあうイベントになると予想されます。どうかお見逃しなく。

プロフィール

西崎憲

西崎憲

にしざき・けん

作家、翻訳家、音楽レーベル主宰。『ヘミングウェイ短篇集』『ヴァージニア・ウルフ短篇集』などを刊行。2002年に第14回日本ファンタジーノベル大賞を受賞(『世界の果ての庭』)。歌集に『ビットとデシベル』。現在ふたつのレーベル「dog and me records」と「惑星と口笛ブックス」を主宰。『文学ムックたべるのがおそい』編集長。日本翻訳大賞選考委員。2019年秋にスタートした、文芸作品による殴りあいのオープントーナメント「ブンゲイファイトクラブ」主催。

岸本佐知子

Ⓒ講談社

岸本佐知子

きしもと・さちこ

翻訳家。主な訳書にルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』(講談社)、リディア・デイヴィス『話の終わり』(作品社)、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』(新潮社)。編訳書に『変愛小説集』(講談社)、『居心地の悪い部屋』(河出書房新社)など。著書に『ねにもつタイプ』『なんらかの事情』(筑摩書房)。最近著にエッセイ『ひみつのしつもん』(筑摩書房)。

高山羽根子

高山羽根子

たかやま・はねこ

1975年富山生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。
2010年「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出、同年、同作を収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)に掲載。
2014年に短編集『うどん キツネつきの』(東京創元社)を刊行、2016年に「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。著書『オブジェクタム』(朝日新聞出版)『居た場所』(河出書房新社)。

奥定泰之

奥定泰之

おくさだ・やすゆき

グラフィックデザイナー。おもに書籍や雑誌のデザインを手がける。『早稲田文学』などの雑誌のほか、小説、詩集、実用書、ビジネス書など幅広いジャンルのデザインをおこなう。第40回、第46回造本装幀コンクール入賞、第2回竹尾賞優秀賞。共著として『感性と社会』(論創社)、『近代デザイン史』(武蔵野美術大学出版局)がある。早稲田大学講師。現在、茶色のラブラドール・レトリーバーを2頭飼っている。

竹田純

竹田純

たけだ・じゅん 

柏書房・書籍編集。遠藤雅司『歴メシ!』、金井真紀+広岡裕児『パリのすてきなおじさん』、はらだ有彩『日本のヤバい女の子』、かげはら史帆『ベートーヴェン捏造』、劇団雌猫『だから私はメイクする』、山下泰平『舞姫の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコに(略)』などを担当。ペルシャ語がすこしできる。

書籍情報

『kaze no tanbun  特別ではない一日』

『kaze no tanbun  特別ではない一日』

文芸ムック『たべるのがおそい』編集長をつとめ、「日本翻訳大賞」や「ブンゲイファイトクラブ」をしかけた文芸界のヒットメーカー・西崎憲がおくる、全篇書き下ろしアンソロジー第1弾。幅広い分野で活躍する現代最高レベルの文筆家17人が結集し、「特別ではない一日」をテーマに短文を寄せた。短文とは「小説でもエッセイでも言葉でもない、ただ短い文、しかし広い文」(西崎氏)。

著者一覧:我妻俊樹/上田岳弘/円城塔/岡屋出海/勝山海百合/小山田浩子/岸本佐知子/柴崎友香/高山羽根子/滝口悠生/谷崎由依/西崎憲/日和聡子/藤野可織/水原涼/皆川博子/山尾悠子(50音順)