イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2020年11月2日 (月)
時間
19:00~20:30
開場18:30~
料金
1,540円(税込)
定員
60名様
会場
本店 大教室

2020年11月2日 (月)

刊行記念

『コミュ力なんていらない』刊行記念 「職場でうまく人間関係を築き、仕事で成果を出す方法」

※開催中止 石倉秀明 × 大室正志 トークイベント

大変申し訳ありませんが、諸事情によりこの度のトークイベントの開催を中止とさせていただきます。

ご予約いただいているお客様には、払い戻しをさせていただきます。
ご登録いただいたアドレスに確認メールが届きますので、
お手数おかけしますが、ご確認ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

職場での悩みに関して大半は “人間関係”であることが多く「コミュ力」が高いか低いかが重要視されがちです。
そんな中、いわゆる“コミュ障”でありながら、かつて働いていたリクルートでは常に営業成績トップ、現在はキャスターの経営者(COO)でありフジテレビ系列「Live News α」ではコメンテータも務める石倉秀明さんが「コミュ力」なんてなくても仕事の成果を出す方法をお話します。また仕事の成果を出せればそれによっておのずと“人間関係”にもいい影響を及ぼします。
石倉さんの経験と実績からそのノウハウを綴った初の著書「コミュ力なんていらない-人間関係をラクにする空気を読まない仕事術-」を発売。

その刊行記念として、NewsPicksのWeb番組「OFFRECO.」でも話題の産業医 大室正志さんを招いてトークイベントを開催致します。
“上司と部下それぞれ抱えるストレスとは何か?”・“リモートワークになってからの変化”、
“仕事で成果を出せる人の特徴は?”それぞれのテーマで展開していきます。
大室さんは産業医の立場から現在、ビジネスパーソンはどんな悩みが多く、またどんな指導を行っているのか? また、石倉さんは過去の実績から具体的にはどういう解決方法があるのか?
注目の対談です。
イベント終了後、石倉さんのサイン会も開催いたします。
対象書籍:『コミュ力なんていらない 人間関係をラクにする空気を読まない仕事術』
『会社には行かない – 6年やってわかった普通の人こそ評価されるリモートワークという働き方』

※大事なお知らせ:手洗い・うがい、自宅を出る前に体温測定のご協力を必ずお願いいたします。 熱がある場合、体調に異変を感じる場合は参加をお控えください。返金いたしますので、その旨をお伝えください。 またマスクの着用を必須といたします。マスクを着用されていない場合、会場に入れませんので、ご注意ください。

プロフィール

石倉 秀明

撮影 伊藤勝己

石倉 秀明

いしくら・ひであき

株式会社キャスター取締役COO。
1982年生まれ。群馬県出身。株式会社リクルートHRマーケティング入社。2009年6月に当時5名の株式会社リブセンスに転職し、ジョブセンスの事業責任者として入社から2年半で東証マザーズへ史上最年少社長の上場に貢献。その後、DeNAのEC事業本部で営業責任者ののち、新規事業、採用責任者を歴任。現在、700名以上ほぼ全員がリモートワークで働く会社、株式会社キャスターの取締役COO。リモートワークの会社としては、日本では断トツNO.1、世界的にもほぼ最大級の会社を5年で作り上げる。2019年7月より「bosyu」の新規事業責任者も兼任し、個人が誰でも自分の「しごと」を作り出し、自由に働ける社会を作ることにも挑戦している。
現在フジテレビ系列「Live News α」にコメンテーターとして出演中。
著書に『コミュ力なんていらない──人間関係がラクになる空気を読まない仕事術』・『会社には行かない 6年やってわかった 普通の人こそ評価されるリモートワークという働き方』(CCCメディアハウス)がある。

大室 正志

大室 正志

おおむろ・まさし

大室産業医事務所 代表
1978年生まれ。産業医科大学医学部医学科卒。臨床研修修了後、産業医科大学産業医実務研修センター、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社統括産業医、医療法人同友会産業医室を経て現職。国内大手企業、外資系企業、ベンチャー企業、独立行政法人など、多岐にわたる企業で産業医を務める。著書に『産業医が見る過労自殺企業の内側』(集英社新書)。平成ノブシコブシ吉村 崇氏とNewsPicksの番組「OFFRECO.」にレギュラー出演中。

書籍情報

『コミュ力なんていらない 人間関係をラクにする空気を読まない仕事術』

『コミュ力なんていらない 人間関係をラクにする空気を読まない仕事術』

著者:石倉秀明
発売日:2020年8月27日

「コミュ力」がなくても、仕事で“成果”を出すことはできる!
「コミュ障」経営者が実践する、人間関係がラクになる仕事術。

「初対面の人と話すのが苦手だ」
「大勢いる場だと人見知りをして話せない」
「目上の人の前では緊張して頭が真っ白になってしまう」
わかります。実は僕も、コミュニケーションが得意なタイプではありません。
いわゆる「コミュ障」と言われるくらいコミュニケーション能力の低い人間なんです。

相手の目を見て話すことなんて当然できないし、その場の瞬発力でいろいろ話したり、相手の懐ふところにうまく入ったりすることもできません。
社員との飲み会でも、気づいたら僕ひとりになっていることがあるし、大勢が集うパーティに行くと人見知りを発揮して、場合によっては名刺を1枚も交換できないまま終わることも。あるときは、自分が登壇したイベントの懇親会でひとりぽつんと立っていたこともありました……。

実は、多くの人が誤解していることがあります。
それは、「コミュ力がないからといって、決して仕事ができないわけではない」ということです。
僕の経験上、コミュニケーション能力が低くても、人脈がなくても、仕事で成果を出すことができる!これを伝えたくて、この本を書くことを決めました。

*「はじめに」より抜粋

空気を読まずに、仕事を前に進める――。
人間関係がラクになる仕事術をまとめた一冊です!

<内容>
・自分が得意なパターンで勝負する
・読めない空気は読まなくていい
・人付き合いが苦手でも問題なし
・ピラミッドの頂点を目指す戦いに挑まない
・「コミュ力」を因数分解して整理する
・聞きにくいことは、思い切って尋ねてみる
・プレゼンは1スライド1分を心がける
・正面ではなく、横に並ぶ
・「コミュ力」が高い人は特別だと諦める etc.