イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

イベント開催店舗の店頭レジにて受付いたします。申込時に代金をお支払い頂きます。

概要

日程
2018年9月21日 (金)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
40名様
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年9月21日 (金)

刊行記念

『工芸青花』10号刊行記念

「黒田泰蔵の白磁と民藝」
赤木明登 × 菅野康晴 トークイベント

『工芸青花』10号(新潮社)の刊行を記念して、輪島の塗師で工芸論の書き手でもある赤木明登さんと、同誌編集長の菅野康晴さんの対談をおこないます。
テーマは、10号の特集記事のひとつである陶芸家・黒田泰蔵さん(1946年生れ)の仕事について。
黒田さんは国内外で高く評価される大家ですが、なぜ白磁か、轆轤か、円筒か……取材でアトリエを訪ねた赤木さんは、黒田さんの器に「民藝」思想の現在形を看取します。それはどういうことなのでしょうか。
うつわ、工芸、表現に関心をよせる人々にむけて作られている『工芸青花』の考え方も紹介します。

プロフィール

赤木明登

赤木明登

あかぎ・あきと

塗師。1962年岡山県生まれ。中央大学文学部哲学科卒業後、編集者を経て1988年に輪島へ。輪島塗の下地職人・岡本進のもとで修行後、1994年に独立。現代の暮らしに息づく生活漆器「ぬりもの」の世界を切り拓く。1997年にドイツ国立美術館「日本の現代塗り物12人」展、2000年に東京国立近代美術館「うつわをみる暮らしに息づく工芸」展、2010年に岡山県立美術館「岡山ー美の回廊」展、2012年にオーストリア国立応用美術博物館「ものー質実と簡素」展に出品。著書に『美しいもの』『美しいこと』『名前のない道』 (いずれも新潮社)、『二十一世紀民藝』(美術出版社)『漆 塗師物語』(文藝春秋)、共著に『毎日つかう漆のうつわ』(新潮社)、 『形の素』(美術出版社)、『うつわを巡る旅』(講談社)など。

菅野康晴

菅野康晴

すがの・やすはる

編集者。1968年栃木県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、1993年新潮社入社。『芸術新潮』および「とんぼの本」シリーズの編集部に在籍し、美術・工芸・骨董を主に多くの企画を手がける。担当した本に、川瀬敏郎『今様花伝書』『一日一菓』、坂田和實『ひとりよがりのものさし』、中村好文『住宅読本』『意中の建築』、金沢百枝・小澤実『イタリア古寺巡礼』、赤木明登・智子『うちの食器棚』、木村宗慎『利休入門』『一日一菓』三谷龍二+新潮社編『「生活工芸」の時代』など。現在『工芸青花』編集長。

書籍情報

『工芸青花』10号

『工芸青花』10号

■12,000円+税
■2018年7月30日刊
■A4判 麻布張り上製本 見返し和紙(楮紙) カラー184
■古布(西洋更紗)を貼付したページあり
■限定1200部
■目次
川瀬敏郎の花 唐物籠(片柳草生)/坂田和實の眼 酒袋(高木孝他)/スイスのロマネスク(金沢百枝他)/座辺の李朝(大塚麻央)/黒田泰蔵 白磁と轆轤(赤木明登)/ロベール・クートラスをめぐる断章群(堀江敏幸)/骨董と私(藤田康城)/意中の美術館(中村好文)