イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

イベント開催店舗の店頭レジにて受付いたします。申込時に代金をお支払い頂きます。

概要

日程
2018年6月3日 (日)
時間
18:00~19:30
開場 17:30~
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年6月3日 (日)

刊行記念

『人形』(未知谷) 第4回「日本翻訳大賞」受賞記念

「 『人形』を語る 」
関口時正 × 柴田元幸 トークイベント

2017年11月、ポーランド、そして19世紀ヨーロッパを代表する大作、ボレスワフ・プルス著『人形』がついに邦訳されました。日本語訳で1200頁を越える魅惑の大長編は、そのヴィジュアルのインパクトも相俟って、刊行直後からSNSを中心に大きな話題となり、2018年2月には第69回「読売文学賞 研究・翻訳賞」(2017年度)を受賞、その勢いはさらに加速し、同年4月には、第4回「日本翻訳大賞」を受賞しました。2018年上半期、最も注目を集めた翻訳書といっても過言ではありません。
この良い機会に、長い年月をかけて『人形』の翻訳を終えられた関口時正さんと、「日本翻訳大賞」で選考委員を務められている柴田元幸さんをお招きし、東欧と英米、普段は別のフィールドの第一線でご活躍のお二人の夢の顔合わせによるトークショーが実現しました。なぜ「日本翻訳大賞」に『人形』を選んだのか、19世紀ヨーロッパ、ポーランドといった時空間の特殊性、読者にぜひ伝えたい情報や苦労話など、お二人でなければ語られない〈世界文学〉の空間に、みなさまをご招待します。どうぞ、ご期待ください。

プロフィール

関口時正

関口時正

せきぐち ときまさ

東京生まれ。東京大学仏文科卒、同大学院比較文化修士課程修了。ポーランド政府給費留学(1974~1976、クラクフ大)。東京工大、熊本大専任教員(比較文学など)。ワルシャワ大、イェール大客員フェロウ。東京外国語大学専任教員(1992~ポーランド文化。2013年早期退職)。著書に『ポーランドと他者』(みすず書房)、Eseje nie całkiem polskie (Universitas刊。仮邦題『完全にポーランド的というわけではないエッセイ集』)、訳書に J. コハノフスキ著『挽歌』、A. ミツキェーヴィチ著『バラードとロマンス』、S. I. ヴィトキェーヴィチ著『ヴィトカツィの戯曲四篇』、ボレスワフ・プルス著『人形』(以上、未知谷)、J. イヴァシュキェヴィッチ著『尼僧ヨアンナ』(岩波文庫)、J. コット著『ヤン・コット 私の物語』(みすず書房)、C. ミウォシュ著『ポーランド文学史』(共訳、未知谷)、『ショパン全書簡1816~1830年――ポーランド時代』(共訳、岩波書店)、S. レム著『主の変容病院・挑発』(国書刊行会)など。

柴田元幸

©島袋里美

柴田元幸

しばた もとゆき

翻訳家、東京大学名誉教授。ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スティーヴン・ミルハウザー、スチュアート・ダイベック、スティーヴ・エリクソンなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。2010年、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。最近の翻訳に、ジャック・ロンドン『犬物語』(スイッチ・パブリッシング)、レアード・ハント『ネバーホーム』(朝日新聞出版)、マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒けん』(研究社)、編訳書にレアード・ハント『英文創作教室 Writing Your Own Stories』(研究社)など。文芸誌『MONKEY』 責任編集。2017年、早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。日本翻訳大賞選考委員。

書籍情報

『人形』 (ポーランド文学古典叢書第7巻)

『人形』 (ポーランド文学古典叢書第7巻)

ボレスワフ・プルス著/関口時正訳
第69回「読売文学賞」と第4回「日本翻訳大賞」のW受賞作品。19世紀中葉のワルシャワを舞台に展開する大長篇。24ヶ国語に翻訳され、世界中で愉しまれる古典中の古典。ようやく邦訳されこの国の読者に読まれることとなった――。

未知谷