イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2016年2月17日 (水)
時間
19:00~20:30
開場18:30~
料金
1,080円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

2016年2月17日 (水)

刊行記念

『アメリカ最後の実験』刊行記念

宮内悠介トーク&サイン会(聞き手・牧眞司)

america-cover
宮内悠介の新作をどう読むか? その魅力とは?
――愛読者代表、牧眞司が聴き手となって、著者・宮内悠介と語る。
終了後、宮内悠介氏のサイン会も開催。

宮内悠介

宮内悠介

みやうち・ゆうすけ

1979年東京生まれ。92年までニューヨーク在住、早稲田大学第一文学部卒。在学中は ワセダミステリクラブに所属。2010年、囲碁を題材とした「盤上の夜」で第1回創元 SF短編賞の最終候補となり、選考委員特別賞である山田正紀賞に輝く。同作を表題と する『盤上の夜』は第一作品集ながら第147回直木賞候補となり、第33回日本SF大賞 を受賞。さらに第二作品集『ヨハネスブルグの天使たち』も第149回直木賞候補とな り、第34回日本SF大賞特別賞を受賞した。他に『エクソダス症候群』がある。2013 年、第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞。

書籍情報

『アメリカ最後の実験』書影

『アメリカ最後の実験』

宮内悠介
1,500円+税
新潮社

失踪した音楽家の父を捜すために西海岸の音楽学校を受験する脩(シュウ)。その会 場での殺人事件、その裏で進行する「アメリカ最後の実験」とは? 父を知る先住民 の女性リューイと、彼女が持つ謎の楽器。脩が体感する〈音楽の神秘〉。音楽が響き 渡るサスペンス長編。