イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2018年8月26日 (日)
時間
14:00~15:30
開場 13:30~
料金
1,350円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年8月26日 (日)

刊行記念

『ローカルベンチャー ~地域にはビジネスの可能性があふれている~』(木楽舎) 刊行記念

「地域経済を醸すローカルベンチャーを考える」
牧大介 × 林篤志トークイベント

地域の宝物を独自の視点で見つけ、地域でビジネスを起こす「ローカルベンチャー」。
人口1500人弱の山村の岡山県西粟倉村で企業し、ローカルベンチャーとして活動する人々を応援しながら地域経済の未来を考える牧大介さんによる初の著書『ローカルベンチャー ~地域にはビジネスの可能性があふれている~』(木楽舎)が発売となりました。

今回はこの本のキーワードともいえる、人の多様性や新しいモデルづくりなどをテーマにトークセッションを行います。

ゲストはポスト資本主義社会の具現化を目指して、日本各地で新しい働き方や暮らし方のための仕組みづくりを続けるNext Commons Labファウンダーの林 篤志さんです。

地域での生き方を探している方、地方への移住を考えている方、ローカルベンチャーに興味のある方など、どなたでも大歓迎です。

プロフィール

牧 大介

牧 大介

まき・だいすけ

『エーゼロ』代表取締役、『西粟倉・森の学校』代表取締役。京都府出身、京都大学大学院(森林生態学研究室)終了後、民間シンクタンクを経て、2005年『アミタ持続可能経済研究所』設立に参画し、所長に就任。FSC認証制度を活用した林業経営改善をはじめ、農山漁村での新規事業を多数プロデュース。2009年『株式会社西粟倉・森の学校』設立。木材・加工流通事業を立ち上げる。2015年『エーゼロ株式会社』を設立し、農林水産業の総合的な6次産業化に向けて研究開発を開始

林 篤志

林 篤志

はやし・あつし

1985年生まれ。ポスト資本主義社会を具現化するための社会OS「Next Commons Lab」をつくる。2016年、一般社団法人Next Commons Labを設立。自治体・企業・起業家など多様なセクターと協業しながら、新たな社会システムの構築を目指す。「日本財団 特別ソーシャルイノベーター」に選出(2016)。「Forbes Japan ローカル・イノベーター・アワード 地方を変えるキーマン55人」に選出(2017)。

書籍情報

『ローカルベンチャー ~地域にはビジネスの可能性があふれている~』(木楽舎)

『ローカルベンチャー ~地域にはビジネスの可能性があふれている~』(木楽舎)

定価:本体価格1,600円+税 四六判並製 288ページ

2018年7月2日発売

地域経済はもっと儲かる!
地域で自ら仕事をつくる「ローカルベンチャー」。
発祥の地は、人口わずか約1500人の岡山県・西粟倉村だ。
この村で2009年に『西粟倉・森の学校』を起業し、現在は「ローカルベンチャー」をサポートする事業などを行う『エーゼロ』も経営する著者。
二社の売り上げは、合計5億8千万円(2017年)となっている。
本書では、これまでの軌跡とその哲学、地域経済への思いなどを紹介。
地域で起業した「ローカルベンチャー」たちや、地域で熱く活動する自治体職員の物語も収録している。
移住者や自治体職員など、日本の地域に住むすべての人へ贈る“地域経済の指南書”として、地域にはビジネスの可能性があふれていることをおおいに実感できる一冊だ。