イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

その他

[1] ミシマ社にてメール予約。

event@mishimasha.com

[2] 青山ブックセンター本店店頭にて予約。

レジカウンターで承ります

[3] 青山ブックセンター本店にて電話予約。

TEL: 03-5485-5511


※ 入場料は、イベント当日に会場入口にてお支払い(現金のみ)となります。

※学生・ミシマガサポーターは3,000円(税込)でご覧頂けます。

※ 学生の方はイベント当日に学生証をご持参ください。


概要

日程
2018年1月21日 (日)
時間
13:30~16:45
開場13:00~
料金
4,000円
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年1月21日 (日)

刊行記念

独立研究者・森田真生さんによるトークイベント

数学ブックトーク in 東京 2018 新春 ~数学と教育の原点~

morita-main

「数学ブックトーク」は、数学にまつわる本を紹介しながら、
数学って、生きてくって、なんだ? ということを縦横無尽に語り、掘りさげる、
独立研究者・森田真生さんによるトークライブです。

2014年2月、京都で行われた第1回を皮切りに、
ミシマ社主催にて、東京と京都それぞれ3カ月に一回のペースで開催しています。

トークは1回ごとに完結しているので、この回からの参加でももちろんOK。

数学がお好きな方はもちろん、「数学が苦手」という方でも、
それを吹き飛ばしてしまうなにかに出合えると評判です。

今回のテーマは「数学と教育の原点」。
10月に刊行された『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.3 「教育×地元」号』では、森田さん自ら高知県土佐町に赴き、現地で「学びの未来」を切り拓いている瀬戸昌宣さんとの対談を行っていただきました。

そのときの体験も手がかりにしながら、森田さんが日々取り組まれている「数学」、そして転換期を迎えている「教育」、その原点についてお話をお聞かせいただきます!

森田さんが繰り出す、言葉ではお伝えしきれない
魅力あふれるトークライブをぜひ体感してください。

また、会場では当日ご紹介する書籍のほか、森田さんの著書および、
ミシマ社とのコラボブック『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』や
森田さんの対談などが収録された『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台』も販売。
森田さんがこれまでに紹介してきたおすすめ書籍のコーナーもございます。

当日ご購入の方は、講演終了後にサインもいただけますので、あわせてお楽しみに!

■主催:ミシマ社 協力:青山ブックセンター本店
お問い合わせは TEL:03-3724-5616(ミシマ社・自由が丘オフィス)まで

プロフィール

森田真生

森田真生

もりた・まさお

1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」をはじめとするライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)を刊行、第15回 小林秀雄賞を受賞。2016年2月には、編纂を担当した岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)が刊行となった。ミシマ社では、数学にまつわる本を紹介しながら、数学を通して「生きること」を掘り下げるトークライブ「数学ブックトーク」を共催。2016年1月には、ライブで手売りすることを元に作られた『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)が発刊された。
公式ウェブサイト→ Choreograph Life

書籍情報

『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)

『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)

森田真生著作の本でもなく、通常の雑誌の範疇にも収まらない。
そんな新種の読み物が誕生!

書籍の刊行のほか、web雑誌「みんなのミシマガジン」を運営するなどさまざまな「実験」を繰り返すミシマ社と、イベントなどを共作してきた独立研究者・森田真生。

予測不可能な二者が混じり合い、とけあうと、一体どうなる!?

森田真生氏によるエッセイをはじめ、小田嶋隆、榎本俊二、立川吉笑、池上高志各氏による寄稿&インタビューを収録。

学ぶ喜びを体感する一冊。

数学、そして学問への新たな入り口がここに!

※本書は森田さんのライブ会場での販売がメインです。

2016年1月22日発売
定価:1,800円+税
ミシマ社