イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2018年2月18日 (日)
時間
15:00~16:30
開場 14:30~
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年2月18日 (日)

刊行記念

『MdNデザイナーズファイル2018』刊行記念

「デザイン?どんなもんだい!」
カイシトモヤ × 小杉幸一 × 高田唯 × 筒井美希 トークイベント

「デザイン」という言葉が社会にすっかり馴染みきった昨今、あらためてその言葉のもつ意味は、人によってさまざまに受け止められるのではないでしょうか。
デザインを生業としている方、デザインの周辺にいる方、仕事でデザインと付き合いはじめたばかりの方、あちこちに転がって見過ごされそうな、しかし見逃せない諸問題。
これをさまざまな立場にいるデザイナーが話し合い、社会全体が幸せになれる灯火となる、ヒントやアイデアを共有するためのトークイベントです。
日常の不安や疑問、憤りなどを、前向きな力に変えていける1日になることと思います。

「誰でもデザインできちゃう?もんだい!」
「仕事とお金の関係?もんだい!」
「コンペとクラウドソーシング?もんだい!」
「AIやビッグデータが決めちゃう?もんだい!」
「オリジナリティーはどこにある?もんだい!」
「デザインの言語化どこまで必要?もんだい!」など

プロフィール

カイシトモヤ

カイシトモヤ

かいし・ともや

株式会社ルームコンポジット代表取締役/アートディレクター。東京造形大学 准教授。関西大学産業心理学専攻卒業後、都内広告プロダクションを経て2004年独立、’07年より法人化。CD/DVDジャケット、ロゴ、エディトリアル、広告など、グラフィックデザインを軸に、さまざまなコミュニケーションの形を開拓中。香港国際ポスタートリエンナーレ金銀銅賞、APAアワード金丸重嶺賞など受賞。著書に『How to Design いちばん面白いデザインの教科書』『デザインのプロセス』『たのしごとデザイン論』(エムディエヌコーポレーション)

小杉幸一

小杉幸一

こすぎ・こういち

クリエイティブディレクター/アートディレクター。ブランディング、空間、テクノロジーを使った従来の型にはまらない広告のアートディレクション、アパレルブランドとのコラボレーションなど幅広く活躍。主な仕事に、資生堂「50 selfies of Lady Gaga」、SUZUKI「HUSTLER」、SUNTORY「特茶」、KIRIN「一番搾り 」2011~2017年、TCC年鑑2016、PARCO「パルコアラ」、東急電鉄「出発進行!」、ZUCCa 商品開発、エンジャパン「エン転職」、築地玉寿司「もじにぎり」、蔦屋書店、特別展「ガウディ×井上雄彦」、東京国際映画祭2013、本屋「B&B」などがある。東京ADC賞、JAGDA新人賞、カンヌライオン国際広告祭<金賞>など国内外数多く受賞。著者に『小杉幸一の仕事』(CCCメディアハウス)がある。

髙田唯

髙田唯

たかだ・ゆい

グラフィックデザイナー、アートディレクター。株式会社Allright取締役。1980年東京生まれ。 桑沢デザイン研究所卒業。2006年デザイン事務所「Allright Graphics」設立。 2007年活版印刷工房「Allright Printing」設立。2017年音楽レーベル「Allright Music」設立。 東京造形大学准教授。

筒井美希

筒井美希

つつい・みき

武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後、(株)アレフ・ゼロ(現・コンセント)入社。雑誌・書籍・広報誌・学校案内などのアートディレクション/デザインを行う。現在はエディトリアルデザインにとどまらず、グラフィックデザイン、ウェブデザイン、コンテンツデザイン、映像制作など、媒体を問わず幅広いジャンルを手がけている。著書に企画編集・デザインを行った『なるほどデザイン 目で見て楽しむデザインの新しい本。』(エムディエヌコーポレーション)がある。講演・ワークショップの実績多数。

書籍情報

『MdNデザイナーズファイル2018』

『MdNデザイナーズファイル2018』

2018年2月21日発売予定 ※イベント当日に先行発売します。
256ページ+特別企画「ジャパングラフィックデザイン年表絵巻」付
予価:3,800円+税

本書は、わが国内外で活躍するグラフィックデザイナー、アートディレクターの最新の仕事とプロフィールを紹介するデザイン年鑑です。2002年の創刊から今年度版で16年目を迎え、デザイン/クリエイティブ業界の日々刻々と変化する表現や流行を写す社会の鏡として歴史と実績を積み重ねてきました。今年は特別付録として日本のグラフィックデザインの歴史を振り返る「ジャパングラフィックデザイン年表絵巻」付きです。