イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2017年5月27日 (土)
時間
14:00~
※整理番号順にお並び頂きます。
定員
100名様
会場
本店内ギャラリースペース

※サイン会当日は、書籍と整理券をお忘れになりませぬよう、ご注意ください。
※整理券を紛失、お忘れになった場合は再発行いたしません。

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2017年5月27日 (土)

刊行記念

『定本 薔薇の記憶』(リットーミュージック) 刊行記念

宇野亜喜良 サイン会

宇野亞喜良さんの新刊『定本 薔薇の記憶』の発売を記念して、サイン会を開催いたします。

当日、サイン会にご参加の皆様に、ポストカード(下画像)をお渡しいたします。

※サイン対象書籍は『定本 薔薇の記憶』(リットーミュージック) のみ、お一人さま一冊とさせて頂きます。
※写真撮影は可能です。

プロフィール

宇野亞喜良

宇野亞喜良

1934年名古屋生まれ。名古屋市立工芸高校図案科卒業。カルピス食品工業、日本デザインセンター、スタジオ・イルフイルを経てフリー。日宣美特選、日宣美会員賞、講談社出版文化賞さしえ賞、サンリオ美術賞、赤い鳥挿絵賞、日本絵本賞、全広連日本宣伝賞山名賞、読売演劇大賞選考委員特別賞等を受賞。1999年紫綬褒章、2010年旭日小綬章受賞。主な作品に「宇野亜喜良60年代ポスター集」「奥の横道」「MONOAQUIRAX+」「宇野亜喜良クロニクル」、絵本に「あの子」(今江祥智・文)「白猫亭」「上海異人娼館」(寺山修司・原作)「おおきなひとみ」(谷川俊太郎・詩)「X字架」(穂村弘・文/短歌)など。刈谷市美術館、Bunkamuraギャラリー他、個展多数。キュレーターや舞台美術も手がける。

書籍情報

『定本 薔薇の記憶』

『定本 薔薇の記憶』

宇野亞喜良のルーツを知るための、必読エッセイ集

寺山修司が主宰した劇団《天井桟敷》のポスターやマックスファクターをはじめとする広告のアートディレクションで60年代に一世を風靡し、2016年には資生堂のウェブサイトの似顔絵メーカー「マジョリカ マジョルカ」で話題を呼んだ。宇野亞喜良は、傘寿を過ぎてなお精力的に活動を続けている。本書は60年代から書き続けているエッセイを1冊にまとめた『宇野亜喜良全エッセイ・薔薇の記憶』(東京書籍、2000年)を初めて文庫化したもの。華麗で流麗な絵の世界にも通じる、宇野独特の文体で、コクトー、ゴッホ、春信など画家にまつわる考察から映画、暮らしの断片までが綴られている。文庫化に当たっては、一部改稿のうえ、新たに『俳句四季』誌のカラー連載「メルヘン句楽部」を巻頭口絵に、『月刊てりとりぃ』連載の「話の横道」を巻末に掲載し、美麗なイラストレーションも楽しめる1冊に再構成した。著者自装。解説:阿川佐和子